オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人
訪問者数2629171
















 

2018/04/23

会間交流登山(オンソリ山周回)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
日時:2018年4月22日(日) 晴天
参加:4名 県連所属各会41名
コースタイム

路上駐車(白山里)740→登山口810→ハチブセ山1030→笈山1150→オンソリ山昼食(12201315)→下山口(瀬浪キャンプ場)14151430→駐車場所1500(解散)

石川労山恒例の会間交流登山に会員4名で参加しました。集まった県連会員は驚きの41名。初夏と思われるような晴天と気温になった登山日和です。
ルートはハチブセ山~笈山~オイソリ山周回コースとオンソリ山ピストンコース組に分かれての登山。ハチブセ山までは急登が続きますが、その後は眺望の良い稜線歩き(素晴らしい白山が望めます)。
オンソリ山からの下山口(瀬浪キャンプ場)近くに日本一と言われるカタクリの大群生地で満開の時期が過ぎていますが、斜面一面に咲いていました。

 周回距離:約7.8km 登山口~ハチブセ山の急登高低差約580m


1 ハチブセ山への駐車場はなく路肩駐車。カタクリの時期の瀬波キャンプ場への通行はできないとこのと。オンソリ山は瀬浪キャンプ場が登山口になります。
2
石川労山の各会から多くの参加者(朝礼)。地元「白山瀬浪の会」の世話人から村落の活性化に取り組み、
オンソリ山周回登山道整備もその一環で取り組んでいる話を聞く。参加ボランティア募集とのこと。
3
炭焼き小屋の横を通り登山口に向かう(ハチブセ山へ)


瀬波川のつり橋を渡る「揺れます」

4
樹林帯の急登が続きます6

樹林帯を抜けると不思議な石柱(ナガルの竪岩)視界が開けました

7
新緑が眩しく美しい
8

新緑の間から白山の姿が望めます
9

ハチブセ山を望む
10
ハチブセ山の標識(「キャムラン山の会」が取付)
11
霊峰白山が美しく姿を見せている
12
痩せ尾根であるがよく整備された稜線歩きが続く
13
笈山山頂?標識等目印がない?が眺望が素晴らしい
14
周囲の眺望は感激もの
15
シャクナゲが咲いている中を歩む。
16
オンソリ山山頂

17
山頂は広く平、残雪が残っている(大人数での昼食タイム)
18
山頂周辺にはまだ残雪(白山を望む)
19
帰路(急坂が続くがよく整備されていた)
20
カタクリの群生地(キャンプ場から少し登った地点の斜面)
21
下山口(瀬波キャンプ場)
22
雪解けに水で瀬波川は増水
23
林道を歩く(通行止め)
24



08:10 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0)