オンラインユーザー25人
ログインユーザー0人
訪問者数3910029































































 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2021/09/20

劔岳(早月尾根コース、個人山行)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

   劔岳

~ 
早月尾根コースに挑む ~

【日 程】 2021年9月18(土)~19日(日)
【メンバー】 3人


 台風は北陸上陸を前に太平洋側に進路を切った。

それでも天気に多少不安があったが、メンバーの強い要望で決行に至った

 初日は雨。レインウエアを着ると暑く、シャツ1枚で汗と雨で濡れながら

早月小屋まで行った。早月小屋は30名の宿泊者だがキャパ的には余裕で、

部屋で寛ぐ事が出来た。素朴ながら暖かい食事が冷えた体には有難かった。

清潔な敷布団に持参したシェラフを掛け布団代わりにしてぐっすり寝ること

が出来た。

二日目は快晴。メンバーお揃いのTシャツで出発。小屋を出発して山頂まで

半分を過ぎると厳しい岩場の連続。しかし劔の山頂が見えると不思議と怖くなかった。

逸る気持ちでたどり着いた山頂は天国だった。360度にオールスターの山々が

迎えてくれた。絶景に酔いしれて沢山の写真を撮った。ずっとここに居たいと思った。

山頂にいた誰もがそういう気持ちだったと思う。

 帰る時間になり後ろ髪引かれるように早月コースを引き返す。さよなら劔。。。

しかし、ここからがとてもとても長い道のりだった。本当にこんなにも厳しい

道中を来たのかと疑った。前半は岩場、後半は樹海のガタガタの山道。メンバー

と励まし合いながら暗くなる前に何とか2400mを下山した。

 厳しい山行だった。もう早月コースへ行くことはなかろうと思った。しかし

思い返すと感動が蘇る。また行ってもいいかなと思えてくる。

 早月コース登山口の石碑に「試練と憧れ」とある。やり終えた者だけに贈られる
誉め言葉であった。










雨の馬場島。台風が来なくても雨です。


登山口の石碑「試練と憧れ」


最初の休憩ポイントで、この日唯一現れた劔


早月小屋までひたすら登坂の樹林帯を行きます。
レインウエアは暑くて脱ぎました。
雨雲で景色は何も見えません。


雨だったので道中の写真は撮れませんでした。
早月小屋に到着しても、着替えたり、濡れた物を干したりして忙しい。
暖かい手作りの夕飯にほっとして一日目は終えました。



二日目。お揃いのTシャツで出発




劔が静かに現れだした


猫又山が雲海に浮かんでます


鹿島槍ヶ岳も姿を見せました




劔の岩肌が近くに見えだした



岩場ゾーンに来ました


チングルマが朝の光に輝いてます



遠くに富山平野。「おーい」と影が呼んでます


これからの0.7㎞はスリリングです


山頂が見えますが、この岩場を行かなくてはなりません。
写真の中央上あたりに登山者がいます




危険箇所に鎖があります








無事登頂。オールスターの山々が迎えてくれました。










※動画では富士山まで見えますよ

岳山頂(4k高画質)

劔岳山頂(360度動画)

岳早月コース下山(360度動画)

21:42 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 富山県の山
2021/09/17

白神岳・十二湖・秋田駒ケ岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
白神岳・十二湖・秋田駒ケ岳個人山行報告

2021年9月11日(土)~16日(木)



9月11日(土) 晴れ
金沢から約650kmを走って秋田県の能代の民宿へ移動
途中、「日本一低い山」である「大潟富士」に登頂
なぜ日本一低い山かと言えば、山頂?が標高0mだからです。
八郎潟は干拓地なので海抜よりも低く、富士山の1000分の1のスケールで標高差3.78mの山を作った様です。
コースタイム約1分の山で、アミノバイタルは不要、登山届は未提出でした


食事つき一泊5170円の民宿の食事です。コスパは良かったです。
女将さんがとても話好きで、釣り客と白神岳の登山者がお客らしいです



9月12日(日)曇り時々雨
白神岳に登る予定でしたが、天気予報が悪くて、白神山地の十二湖巡りをしました


有名な青池です


長池です
抹茶の様な色をしていました。
泡立ちから、裏千家のお点前でしょうか?




9月13日(月) 曇り時々雨

晴れの天気予報だったのですが、晴れ晴れ詐欺に遭ってしまい、雨具を着たり脱いだりの山行になりました。




マテ山分岐からアップダウンが多くて、思ったより疲れる山でした
世界自然遺産の白神山地の山だけあって、とても神秘的で美しい森の中を歩きました


建設中のトイレです。
ものすごく立派なトイレでした


避難小屋も立派でした


避難小屋内部です。3階建てになっていました


山頂です


残念ながら霧の山行となりましたが、ブナ林が本当に美しかったです


青森県弘前市に向かって海岸線を走りました。
いつもの事ながら、下山すると天気が回復してきました(涙)




9月14日(火)

弘前から十和田湖に行きました


有名な乙女の像です。
私だけには言われたくないでしょうが、もう少しダイエットした方がよさそうです。


そして奥入瀬へ。結局この日も12kmほど歩きました


つなぎ温泉の7700円の旅館の夕食です
民宿よりもグレードアップしています


朝食も良かったです



9月15日(水) 晴れのち曇り




秋田駒ケ岳8合目登山口です


しばらく歩くと、田沢湖を見下ろすことができます


避難小屋です


山頂です


紅葉が始まっていました
東北の山の紅葉は本当に美しいです





9月16日(木)快晴

いつものことながら、帰宅日になるとようやく快晴に恵まれました
そこで、鳥海山の登山口へドライブしました


山に登るなら、この様な快晴の日が良いですね・・・・


そしてお土産と言えば、道の駅で買った地元の新鮮野菜です
このほかに、大きなゴーヤ70円など、とにかく安くて素晴らしいお土産になりました


運転は疲れたけど、楽しいビンボー旅行でした
14:24 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2021/09/17

個人山行 焼岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

焼 岳  (2469m)  個人山行 岐阜県

2021年9月14日(火)  晴れ
参加人数 2名


山行感想】
 山登り
2日開けての少々筋肉痛が残るものの、また山へ行きたくなり、北アルプス唯一の活火山焼岳へ。
新穂近くに入って車中からは青空は全く見えないが焼岳の頭が見えてきた。

今回は中尾温泉登山口からの焼岳往復です。登山口駐車場から煙が上がる車道を少し歩き樹林帯に入る。これを抜けると火山らしい焼岳の全貌が現れる。
  さらに山頂に近くになりますと硫黄の匂いがきつくなってきます。手が少々冷たくなってきたところに、煙の出ている近くの岩に手を触れると暖かいです。

樹林帯抜けると高曇りに助けられとても眺望良く、山頂までも含め写真を何百枚と撮りました。登山口駐車場から山頂まで休憩、写真時間入れて3時間40分、
下山は展望台・焼岳小屋経由で休憩れて2時間25分かかりました。
 山頂では青空が全く見えないのに穂高連峰は目の前に、笠ケ岳・乗鞍岳なんかはすぐそこに見え、白山から冨士山までも360度の山々が見渡せました。

 

 【コースタイム】

集合場所5:00富山IC中尾温泉登山口P7:257:40登山口7:50→白水の滝8:20→樹木 トウヒ 9:00

焼岳雨量観測所9:40→旧秀綱神社跡9:42→小屋分岐9:50→焼岳山頂11:2011:55(昼食)

焼岳小屋12:42→小屋分岐13:00→中尾温泉登山口P 14:2014:35→集合場所17:15

 

歩行時間: 6時間05(休憩含む、昼食休憩35分は除く

距離  9.6km 累積標高  1,376m


赤い線を歩きました


中尾温泉登山口駐車場から出て車道歩き   7:40  

登山口スタート      7:50



白水の滝     8:20


樹木 トウヒ     9:00



穴の奥に光る草 写真ではわからない  9:15


焼岳雨量観測所  9:40


秀綱神社跡  9:40



秀綱神社   9:40



焼岳小屋への分岐    9:50



樹林帯から出ました    10:10


けっこう岩場


振り向くと笠ケ岳が見える   10:15



左に展望山、下に梓川(上高地)     10:15



展望台越しに西穂方面   10:20



振り向くと笠ケ岳      10:20



煙に、匂い  10:34



煙、岩が暖かい      10:35



途中斜面から笠ケ岳の全貌     10:45



焼岳 山頂      11:20着  左奥遠くに雪をかぶった富士山が見える



左に笠ケ岳、中央奥に野口五郎岳までもが見えます。    11:21



焼岳 山頂からの
槍ヶ岳 穂高 上高地   11;21  



左端に槍ヶ岳、目の前に穂高、右下に上高地  11:21



山頂からの左に霞沢岳、遠くに頭に雪の被った富士山



焼岳山頂からの白山と思う   11:30



下山開始 直後      11:55


下山、中尾温泉方面と展望台方面の分岐    12:30



展望台へ上り返し      12:30



焼岳 振り返る     12:30



展望台です      12:33  



展望のすぐ下からも煙が上がってくる   12:33


焼岳小屋     12:40



焼岳小屋前分岐    12:42


笹薮の中を歩くことも   12:55



秀綱神社跡    13:07



白水の滝    13:54


とても綺麗なお花は、ホタルブクロです。     14:10




焼岳登山口 到着 14:14

駐車場まで車道を少し歩きます  14:16
                                                          
                                    以 上


08:49 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2021/09/15

剱岳(早月尾根)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
剱岳(早月尾根)
【日時】8月21,22日
【人数】2人



 18日から剱岳の早月尾根コースに挑む会員さんがいると聞いていたので、ちょっとアップしてみようかな
と思い、記録を載せてみました。
 剱岳は初挑戦で、さらに単独行(ソロ)は、ちょっと気が引けたこともあり、結果として、
妻を連れて行きました。
 ちなみに妻は、白山も登頂したことがないという登山の素人ですが、2年前までトレイルランとマラソンを年間計8本
ほど走り、たびたび入賞してきた実績があったので、「まあ大丈夫だろう」と判断しました。
 ということで、2人とも、剱岳に登るのは、完全に初めてでしたが、早月尾根コースに関しては、とにかく体力勝負で、
スタミナが必要です。ソノヘンは自信があったので、無事、目標達成できました。
    まず、第一関門となる早月小屋までは、「登りしかない」と言っても過言ではありません。とにかく登り、登り、登りだったと思います。
小屋までは、滑落するような危険個所は、ないように思います。危ないと思った場所は、記憶にないです。
  ただ、体力勝負と書きましたが、小屋を過ぎ、山頂に近づくにつれ、落ちたら、タダではすまないような危険個所が
相次ぎます。今回の旅は、雲行きも怪しく、山頂に向かって、まっしぐらだったので、その辺の危ないシーンの写真は、
ほとんど撮りませんでしたが、集中を切らさないように気をつけました。山頂付近は、集中力が大切です。
      結果として、私は、大丈夫だったのですが、妻は事情があって1年ほど、運動から離れていたので、1週間ほど、
全身筋肉痛になりました。感謝です。(たくろーさん)


ここからスタート


22:20 | 投票する | 投票数(5) | コメント(1)
2021/09/13

百四丈の滝

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
-百四丈の滝-

【日程】2021年9月5日(日)
【人数】4名


一里野スキー場頂上から白山加賀禅定道で行きました。
往復14k、累積高低差1500m弱のなかなかの山行でした。
この日は標高が上がるにつれ曇が行ったり来たり。
目的地の展望台に到着した時はガスガスになってました。
5時間も登ってきて心が折れそうになりましたが、
メンバーのMさんが天にお祈りすると、映画のシーン
のように雲間から
滝が姿を見せました。
加賀禅定道の修行は報われたようでした。(YASU)


ガスガスの展望。天に祈るMさん



晴れたタイミングで目的の滝を拝めました




カップにも注ぐことが出来ました
(動画)百四丈の滝




00:15 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 石川県の山
12345