オンラインユーザー33人
ログインユーザー0人
COUNTER2219655





 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2017/06/25new

個人山行報告:志賀山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告   志賀山2,035.7m)

日時:6月24日(土)晴れ 参加者7

コースタイム

金沢4:00-信州中野IC-木戸池キャンプ場P-登山口7:20-ひょうたん池7:50-渋池8:05

-志賀山分岐8:35-志賀山9:17-裏志賀山9:45-四十八池分岐10:12-大沼池11:12~12:00

-四十八池12:50-志賀山分岐13:22-渋池13:41-ひょうたん池13:55-木戸池キャンプ場P14:20-金沢17:40

 

梅雨に入りどうもいい日がなさそう。晴れ間を見て長野県山ノ内町 志賀山(2,035.7m)裏志賀山(2,037m)に行って来ました。

木戸池キャンプ場の駐車場(非舗装)に車を停めてちょっと登山口が見つけにくかったけど、そこは人数の利、誰かが見つけてくれました。
キャンプ場のトイレ・自動販売機・休憩所など使用できます。

四十八池との分岐までは整備された遊歩道的な道ですが、そこから先志賀山・裏志賀山は急登の登山道になります。
本日1番のお目当てはコバルトブルーの(ホントにきれいな青色です!)大沼池。水面を見るといたる箇所で間欠的に水が湧いて出ています。
水に漬かった赤い鳥居はさしずめ「ミニ厳島神社」四十八池の湿原はあたかも「ミニ尾瀬」。山登り有り、池巡りありのバラエティーコースでした。

硯川からリフトを使って渋池まで上がり、山をスルーして四十八池―大沼池という選択肢もあり、これは子連れファミリーハイキングとしても
楽しめますね。

あまりに良い所だったので、来年度の例会に企画提案しようか?‥と思案中です。ちょっと遠いのが唯一の難ですが。

GPS軌跡


高低差グラフ   累計高低差:約750m  距離:約14km

 

地味な登山口、ちょっとわかり難い

 

高地なのでまだ新緑です

 

通りを挟んで向かいに笠ヶ岳(2,076m)北アルプスの笠ヶ岳とは同名異山

 

ひょうたん池

 

渋池

 

ここまでは遊歩道でしたが

 

急登になります

 

梯子(かわいい!)も出現


 方位盤がある(頂上ではない)

 

ここが志賀山頂上

 

志賀山頂上から次行く裏志賀山を望む

 

裏志賀山頂上の祠(裏の方が若干高い)

 

裏志賀山の奥(行き止まり)から本日のメイン大沼池を俯瞰できる

 

まだ雪渓も残る

 

下山口に鳥居(志賀山神社)

 

大沼池までは下り階段、という事は帰りは登り階段(´Д`)ハァ…

 

この色!いやでも期待が膨らむ

 

大沼池の岬に寄ってみる、赤い鳥居が水の中に「ミニ厳島神社」

 

水が透き通っている

 

大沼池の絶景を眺めながら昼食 後ろは裏志賀山

 

四十八池湿原

 

気分は「ミニ尾瀬」夏が来~れば思い出す~♪

 

新緑の中満足して帰ってきました

 
とても素敵なところでした。行き帰りの道路も白樺の新緑であふれ、高原に来た感たっぷりでした。 
END  

 


14:17 | 投票する | 投票数(7) | コメント(2)
2017/06/19

三ノ峰個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
三ノ峰(2128m)個人山行報告

2017年6月18日(日) 晴れのち曇り

参加人数 7名

コースタイム
集合5:30-上小池P発7:42-登山口8:08-六本檜9:27-三ノ峰避難小屋12:03-三ノ峰山頂12:15(昼食)13:05-三ノ峰避難小屋13:11-登山口16:12-上小池P16:30-解散18:30

【山行概要】
石川県白山市と岐阜県高山市境の白山国立公園内の両白山地にある三ノ峰に、上小池駐車場(福井県大野市)からピストンしました



【山行データ】
20170618三ノ峰GPS軌跡.gdb
 標高差 約1300m
 歩行距離 11.5Km
 登り時間 4時間7分
 下り時間 3時間7分


【私見評価】
 体力度★★★★☆ 六本檜からは尾根道の急登が続く 
 危険度★★★☆☆ 滑りやすいザレ場がある 

三ノ峰登山口です
駐車場に多くの車が駐まっていましたが、ほとんどは刈込池散策のようで、三ノ峰に登る人は少数派です。
荒島岳も同じですが、福井県の登山口は良く整備されていると思います。



数年前に熊と遭遇した六本檜までの登山道です。
一人で登る時には、熊鈴、ラジオなどの準備が必要です



六本檜からの荒島岳です。(画面真ん中の山)



六本檜から見晴らしの良い尾根道になります。
目的地の三ノ峰を見渡せます



六本檜からは虫が多くて悩まされました
息を吸ったときに、虫が気管に入ってむせ返りました。
ハッか油をふりかけても、直ぐに虫の直撃にあいました。
多くの花が咲いていました。
参加者の中に、高山植物にとても詳しい方がいて、花の名前を教えて貰いましたが
私の記憶には残りませんでした。
この登山道にはササユリが多く咲きますが、ササユリはまだ咲いていませんでした



ニッコウキスゲは1輪だけ咲き始めていました



ハクサンイチゲです。その他にもいろいろ咲いていましたが、私にとって名前が分かるのはこれだけでした



最後の急登にさしかかりました



白山が見えてきました



三ノ峰避難小屋からの別山です。



三ノ峰避難小屋です。
避難小屋の上の小高い箇所が福井県最高地点らしいです



三ノ峰手前を歩く参加者です



左から、大汝峰、剣が峰(ほんの少し頭を出しています)、白山最高峰の御前ケ峰、右の大きな山は別山です



三ノ峰山頂です



三ノ峰山頂で昼食を食べていると、別山まで往復してきましたという登山者数名と出会いました
健脚の方なら、別山まで往復できる様です。
今年は、白山開山1300年です。
多くの人が白山に登ると思います。
その中で、三ノ峰は静かな山行を楽しめる穴場的な山です。

※個人山行ですが、集合写真を会員向けページに掲載いたします
06:52 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/06/11

大日ヶ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
大日ヶ岳(1709m)個人山行報告

2017年6月10日(土) 快晴のち雨

参加人数 7名

コースタイム
集合6:00-ダイナランドスキー場登山者用駐車場発8:11-αライナー終点9:20-展望台10:13-前大日10:37-大日ヶ岳11:05(昼食)11:43-前大日12:01-αライナー終点12:51-登山者用駐車場13:35-解散16:40

【山行概要】
岐阜県高山市と郡上八幡市にまたがる大日ヶ岳にダイナランドスキー場からピストンしました。



【山行データ】
20170610大日ヶ岳GPS軌跡.gdb
 標高差 約710m
 歩行距離 9.5Km
 登り時間 2時間54分
 下り時間  1時間54分
 百名山等日本二百名山  

【私見評価】
 体力度 ★★☆☆☆標高差700mでちょうど良いハイキングコース 
 危険度 ★★☆☆☆短い距離ですが、ロープのある急登部分があります 

※郡上八幡観光連盟公式サイトより


今回はBコースを歩きました。
このHPには所要時間が書かれています。
登りの所要時間は、2時間40分のところ私達は2時間54分
下りの所要時間は、1時間40分のところ私達は1時間54分で少し案内より遅いペースでした。
今回のメンバーは、入会間もない方が多かったので、皆さん頑張ったと思います。

登山者用駐車場から先は車は入れません。
スキー場が閉鎖されているのでトイレなども使えません。
トイレは、道の駅大日岳で済まされることをお勧めします



スキー場内は石がゴロゴロしていて歩きにくい登山道です

 

ダイナーランドスキー場にあった、窓のように中がくりぬかれた案内板?です。
恐らくはゲレンデ案内だと思いますが、なぜ真ん中が切り取られていて窓のようになっているのか分かりません。
枠の下がタブレットのアイコンの様で、ワクワクしました



高鷲スノーパークのゴンドラ駅です
冬期間のワカンハイクの時はここまでゴンドラで上がります。



高鷲スノーパークのゴンドラ駅からの風景は展望が良くて気持ちが良かったです
下に見えるのはひるがの高原です



ここからが本格的な登山道になります



前大日が見えてきました



このルートで唯一の急登です



もうすぐ頂上です



遠くかすかに白山を見ることができました



ここで集合写真を取って、昼食にしました。
「大日如来って、何の御利益あるの?」
なんて不遜な話をしていたら、仏様の逆鱗に触れたのか、食事途中から天気が急変して雨が落ちてきました。

※個人山行ですが、会員向けのページに集合写真を入れておきます
05:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/05/23

針ノ木岳~残雪期・マヤクボ沢経由~

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
   針ノ木岳(EL2821m) 日時:2017年5月20日(土) 日帰り 参加者:6名
      コース状況 技術レベル★★★☆☆ 体力レベル★★★☆☆

    終日快晴!ほぼ無風。稜線での気温18度。視界は少々霞むも良好。
    下界の大町市・晴れ~くもり・最高気温28度~最低10度。日の出4:38-日の入18:52

    砺波市3:00発~北陸道~糸魚川IC~R148~扇沢駅無料第一駐車場6:05着
    【行程TOTAL】距離10.51km、累積UP/DN1564m・7時間54分(休憩含む)
        スタート扇沢駅7:04~針ノ木岳12:42~フィニッシュ扇沢駅14:58

    大勢で賑わう有名なスポットの白馬・後立山連峰と裏銀座との中間点に存在する
    マイナーな山域で、混雑しそうな時節でも意外に人が少なく静かな山です。
    

    気温が高く日差しも強く、雪はグサグサな柔らかい状態でアイゼンも利かず…。
    マヤクボ沢の急斜面は三歩進んで一歩後退するかのような足場定着に苦労した。
    マテリアルよりも登坂技術が足りないのは否めないのだが…

    ※積雪コンディション次第で目まぐるしく変化する春季。行程計画、装備万全に。


    ログは扇沢駅から。約5kmで標高差1400m登る。稜線に近付くに連れて急勾配に。


此処は早春デスネ♪ 新緑が芽吹く扇沢駅EL1425m界隈。朝7時でTシャツで充分な暑さ。


本日は夏日予報…暑いぜ! 約30分のシートラ行程を経てEL1521m地点でスキー装着。


今季は雪が多い。デブリ跡を乗り越えて序盤は快適な緩斜面EL1700m地点。

 
振り向くと爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳の稜線。徐々に急斜面…グサグサの雪で足元が不安定だ。


 三歩進んで一歩後退するかのような雪面。先行者に差をつけられた。EL2530m地点で
シール登行に耐え切れずアイゼン装着。もっと早くシートラ仕様チェンジすべきだった(悔)


 稜線EL2741mで暫し休憩して針ノ木岳EL2821mアタック。あの急壁を登っていく。


 針ノ木岳EL2821m登頂!ピークからのぞむ風景。蓮華岳EL2798m~安曇野の下界。


 立山の白い雪と対照的なる艶やかなエメラルドグリーンの黒部ダム。


 ピークからのぞむ風景。タテヤマゴールデンコース、越中沢岳~中央に五色ヶ原、鳶山・
 鷲岳~獅子岳。五色ヶ原から黒部湖へ降りて針ノ木谷を経て針ノ木岳に登る選択肢も有り。

 
 ピークからのぞむ風景。タテヤマゴールデンコース、薬師岳~越中沢岳~鳶山。
 登山道は無いが、越中沢岳から続く稜線の木挽山に行ってみたい。


ピークからのぞむ風景。「美しすぎて君が怖い♪」野口五郎(笑) 遠くに鷲羽岳~水晶岳~
赤牛岳。手前の船窪~不動岳の稜線が崩壊進行中。 此処は距離の割に時間を要する。


 ピークからのぞむ風景。高瀬ダムを眼下に手前は蓮華岳から続く七倉岳~船窪岳~
 不動岳~烏帽子岳。餓鬼岳~唐沢岳、野口五郎岳。遠くに表銀座~槍ヶ岳。


 ピークからのぞむ風景。燕岳~大天井岳~槍ヶ岳へ続く表銀座。槍ヶ岳と同様に尖った
 前穂高岳の山容が印象的だ。右は野口五郎岳。やはり 「美しすぎて君が怖い♪」(爆)


 ピークからのぞむ風景。剱岳~黒部峡谷~白馬連峰・後立山連峰。手前は針ノ木岳から
 続くスバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳。夏季は種池~柏原新道下山の周回ルートがオススメ。


 ピークからのぞむ風景。鹿島槍ヶ岳と五竜岳の間で奥に見えるのは火打山&妙高山。


風景を充分に満喫し稜線EL2741mからお楽しみのドロップインスタンバイ!エキサイティングだぜ!


 下界だと変質者として連行されそうな奇声を発しながら滑走! 荒れた雪面も確実な
 エッヂング操作で誰も転倒せずに無事下山。スキーは愉しみながら下山するためのアイテム。


 扇沢駅の無料第一駐車場では桜が散りそめ。 この季節だから拝める桜と新緑と雪の配色。

  好天に恵まれた暑い日、約1ヶ月ぶりの山スキー。お天気と仕事の都合で暫しのブランク…
 ゴールデンウィークはツボアシ登山なんてしている場合じゃなかったと悔やまれた。
 雪に恵まれた今季、あと一回は行きたい。モタモタしていると山は逃げないけどチャンスは
 逃げていく。再来週あたりにアルペンルート利用してシーズンラストの板納めかなっ。
01:24 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0) | 北アルプス
2017/05/17

別山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
別山(2399m)個人山行報告

2017年5月16日(火) 晴れ

参加人数 3名


コースタイム
集合5:00-市ノ瀬発5:50-チブリ尾根避難小屋9:26-御舎利11:21-別山11:35(昼食)12:20-御舎利12:35-チブリ尾根避難小屋13:38-曲池14:45-市ノ瀬16:56-解散18:00


【山行概要】
石川県白山市の白山山系の別山に、市ノ瀬登山口からチブリ尾根を往復しました。
雪道と夏道が混在していて、御舎利直下の急登は、アイゼンを装着する人と、ツボ足の人に分かれました。


【山行データ】
20170516別山GPS軌跡.gdb
 標高差 約1600m
 歩行距離 17.5Km
 登り時間 5時間45分
 下り時間 4時間6分


【私見評価】
 体力度★★★★★ 雪道を含む今の時期の別山は、健脚向けコース 
 危険度★★★☆☆ 御舎利直下の雪の直登は注意を要する 

5月16日現在では、別当出合方面は車両通行止めでした。
工事用車両が下山してきたので、開通はまもなくかも知れません。
白山方面に行かれる方は、関係機関への問い合わせをして下さい



覗きからの白山です
画像の下の赤い屋根は、別当出合です。



大長・赤兎です。



チブリ避難小屋前からの白山です



これから進む御舎利・別山です。



この様な時期の白山が一番美しいかも知れません。



別山からの白山です



山頂です



別山山頂からの三の峰方面です



急登を下りたあたりからの白山です



今の時期しか行くことが出来ない、知る人ぞ知る「曲池」に寄り道をしました。
登山道はありません。行き方は企業秘密です



お花が咲き始めていました。
花の名山でもある、白山・別山は、開山1300年でもあり、今年は大いに賑わうと思います。


12:47 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345