オンラインユーザー30人
ログインユーザー0人
訪問者数2256009

 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2017/08/12

笠ヶ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
笠ヶ岳(2897m)個人山行報告

2017年8月10日(木)~11日(金) 

参加人数 4名


コースタイム
10日(木)晴れのち曇りのち一時小雨
金沢5:00-新穂高発7:19-登山口8:37-杓子平12:48(昼食)13:18-抜戸乗越15:01-笠ヶ岳山荘16:30
11日(祝)曇りのち晴れ
笠ヶ岳山荘6:30-抜戸乗越7:49-杓子平8:58(昼食)9:15-登山口12:44-新穂高13:44-金沢16:30

【山行概要】
岐阜県高山市にある、日本百名山笠ヶ岳に、新穂高から笠新道を往復しました



【山行データ】
20170811笠ヶ岳GPS軌跡.gdb
 累計標高差 約1900m
 歩行距離 約24Km 
 登り時間 8時間19分
 下り時間 6時間57分


【私見評価】
 体力度★★★★★  まさに体力勝負の山。
 危険度★★★☆☆  急斜面なので転倒しないように注意  

予定では、9日~10日の予定でした。しかし台風の動きが遅く天気予報をにらみながら、
一日ずらして10日、11日にずらしました。
しかし、10日の午前中は素晴らしい天気でした。
下山してくる人も、ご来光を見ることが出来たと言っていました。
一日ずらした判断は、裏目に出ました。
8月11日前後は、槍ヶ岳の穂先から太陽が昇る「ダイヤモンド槍」を見ることができますが
今回は霧のため、視界不良で何も見ることが出来ませんでした。

新穂高からの笠ヶ岳です。
新穂高の標高は約1100m 笠ヶ岳は約2900m 杓子平や、抜戸乗越しからアップダウンがあるので、
累計標高差は約1900mあります。



笠新道は、日本三大急登のひとつとされています。
ちょっと大げさな感じもしますが、急登であることはこの写真からも分かります。



笠新道の登山口です
黒いホースから出ている水は、冷たくて美味しいです。
急登を登る前の、力水にお勧めします



笠新道をしばらく登ると、焼岳が見えてきます。
左上の鉄塔は、新穂高ロープウェイです



道路の一部が崩落していました。
大きな石の右側を通れば、危険はありませんでした。



焼岳の右に乗鞍岳もみえてきました



右から西穂高岳・奥穂高岳・涸沢岳・北穂高岳です。



右から南岳・中岳・大喰岳・そして槍ヶ岳です



展望が良かったのはここまででした。
杓子平からは、笠ヶ岳が目の前に見えるはずなのですが、霧の中でした



雨の中を笠ヶ岳山荘まで行きました。
笠ヶ岳山荘からホンの一瞬見ることができた、抜戸岳方面の稜線です



笠ヶ岳山荘の夕食です。
鶏の唐揚げは、毎回同じです。
以前は、山菜蕎麦がついていたような記憶がありますが、今回はフルーツの缶詰に変わりました。



朝食です。



下山途中の抜戸乗越までの稜線です。
晴れると、本当に絶景中の絶景を楽しみながらの稜線歩きを楽しめますが、今回は霧の中でした。



抜戸岩です。
ウエスト85cm以上のメタボな方は通れません。という事はなく、関取でも通れる十分な幅があります。



双六岳方面と笠新道との分岐点です。
双六方面も秩父岩や大ノマ岳に大きなアップダウンがあり疲れるルートです。
つまり、直進も右折も体力的にきつい登山道です



展望はありませんでしたが、多くの花が咲いていました



笠新道は岩の上を開くことが多く、滑りやすく転倒に注意です。
私は不覚にも、岩で擦ってしまい、ズボンに穴を開けてしまいました。
怪我はありませんでしたが、財布と心が痛みました。
08:15 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/08/07

北ノ俣岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
北ノ俣岳(2662m)個人山行報告

2017年8月6日(日)曇り一時小雨

参加人数 4名


コースタイム
金沢4:40-登山口発6:58-三角点8:16-太郎平小屋10:32-北ノ俣岳12:37(昼食)13:11-太郎平小屋14:45-三角点16:21-登山口17:25-金沢17:20 

【山行概要】
富山市と飛騨市にまたがる北ノ俣岳に、折立登山口から太郎平小屋を経由して往復しました。

【山行データ】
20170806北ノ俣岳GPS軌跡.gdb
 累計標高差約1400m 
 歩行距離22Km 
 登り時間5時間39分 
 下り時間4時間14分 


【私見評価】
 体力度★★★★★ 日帰りはかなり体力を要する
 危険度★★☆☆☆ 折立~三角点間は、やや急登で、木の根などで滑らないように。 

一週間前に例会で行く予定でしたが、非常に微妙な天気予報だったので中止しました。
今回、個人山行として北ノ俣岳に行ってきました。
例会では折立で前日泊でしたが、今回は日帰りにしました。
有峰林道を通れるのは午前6時からなので、登山口の折立発はどうしても7時頃になります。
前日泊なら5時など早朝から登れるので、もっとゆっくりとしたスピードで登れますが
日帰りになると、ハイスピードで登る必要があります。
先週キャンプする予定だったキャンプ場です。
炊事場、トイレ完備で快適なキャンプ場です。
駐車場が目の前なので、オートキャンプ場と同じで荷物を担ぐ必要もありません。



登山届は、太郎平小屋で提出します



三角点と太郎平小屋間です。お花が申し訳程度に咲いていました。



ニッコウキスゲがパラパラと咲いていました



太郎平小屋を過ぎて、北ノ俣岳方面に進みます。
北ノ俣岳例会で、私が案内したかったのは、このお花畑です。
後ろの山は、北ノ俣岳です。



あの世に行ったら、この様な所なら良いのに・・・・
なんて思わせてくれる絶景です。
死んだときにこの様な花園で、昔飼っていた愛犬が出迎えてくれたら、もう最高です。
(年金を貰う前に死んだら、死んでも死にきれませんが)



出迎えてくれたのは、雷鳥ファミリーでした
まずは、イケメンの雷太君です。



男は背中で人生を語ります。
男の哀愁が漂っています。



お花畑の女王様、雷子ちゃんです。
多くの子供達の、子育て真っ最中でした。



北ノ俣岳の山頂です
金沢の最高気温は35.7度だったようですが、大きな雪渓を通ってくる風は冷たく、防寒の為カッパを着て昼食を食べました。



晴れていれば、薬師岳や雲の平、北アルプスの名峰を見ることができますが、残念ながら霧の中で展望を楽しむことは出来ませんでした。
北ノ俣岳は、黒部五郎岳への通過点になっていて、イマイチ人気がないようです。
でも、素晴らしい山です。
太郎平小屋に泊まれば、楽に登れます。
日帰りは有峰林道のゲートが開く時間が遅く、健脚向けです。
今年の例会は雨天中止になりましたが、もし来年の例会にするなら、やはりキャンプ場で一泊したいです。
無料で使えて、トイレと炊事場完備のキャンプ場は魅力的です。
05:59 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2017/08/03

大日岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
大日岳(2501m)個人山行報告

2017年8月2日(水)晴れのち曇り

参加人数 4名

コースタイム
金沢発4:30-称名滝P6:16-登山口6:29-牛の首7:38-大日平山荘8:32-大日小屋11:11-大日岳11:33(休憩)11:50-大日小屋12:06(昼食)12:28-大日平山荘14:33-牛の首15:17-登山口16:27-称名滝P16:40-金沢着18:30

【山行概要】
富山県中新川郡立山町の大日岳に称名滝Pから往復しました。
大日平山荘から大日小屋間には、豊富な水量の水場が多くあるので、残雪期以外は往復の水を持って上がる必要はありません。



【山行データ】
20170802大日岳GPS軌跡.gdb
 標高差 1550m
 歩行距離 16.0Km
 登り時間 5時間17分
 下り時間 4時間11分



【私見評価】
 体力度★★★★☆ 標高差、歩行距離の割りには体力を要します 
 危険度★★★☆☆ 牛の首あたりは、急登、岩場、鎖場の連続なので注意して下さい 

7月15日まで、称名滝への道路が通行止めだったのですが、開通したという事で大日岳に行ってきました。
画像掲示版でOBの方が投稿して頂きました。情報ありがとうございました。
すでに融雪期を過ぎて、やせ細ったハンノキ滝です
ダイエット失敗中の私には、羨ましい限りです



真新しい鎖がかかっていました。
確か二年前にはなかったような記憶があります



大日平です



大日平から大日岳を目指します



素晴らしい景色ですが、木道は滑りやすいので油断すると、コケます



まだ目玉焼き状態のチングルマです



チングルマ&雪渓&雲海&剱岳です
大変気に入った写真が撮れたので、ハイキングクラブ主催の写真コンテスト応募候補にしたいと考えています。



剱岳の左側の山は
手前が毛勝山、猫又山、その奥は白馬三山だと思います



大日岳山頂です
賑わっていました



奥大日岳、立山方面です



8月になっても雪の上を歩けるのは幸せです♡



大日山荘からの大日岳です



水が豊富な山です
冷たくて本当に美味しい水でした。
さすがに銘水が多い富山県だけあります



大日平に咲いていた可憐な花です。
蕾の時は、もっとピンク色が濃いです
名前をご存じの方は教えて下さい
(トキソウです。名前を教えて頂きありがとうございました)



7月は天候の悪い日が多く、余り山に登れませんでしたが、8月は天候に恵まれることを期待します。
08:28 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/07/22

白木峰 個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
白木峰(1590m)
7月21日(金)晴れ ランクA健
参加人数4名




コースタイム

集合場所 - 6:00 - 白木峰登山口 8:10 - 白木峰頂部 8:53 - 白木峰山頂 9:09 - 浮島 9:50 - 白木峰山荘 10:27~(昼食)11:00 - 白木峰登山口 12:00 - 集合場所 14:08




白木峰周回データ
標高差:約288m
累積標高(+):約425m
累積標高(ー):約411m
歩行距離:約5.5km
所要時間:約3:30(お昼休憩含まず)



概要

 標高グラフを見ればわかると思いますが、登山口から白木峰頂部まではかなりの急登が続き、頂部に出てしまえば広大な平原が広がっている感じで、ほぼ水平道の木道歩きになります。
下りが平坦に見えるのは、登山道ではなく林道を歩いて下ってきたためです。
登山者の多くは急な登山道ではなく、登りも下りも林道を歩いてくるようでした。
なるほど、林道を使えば全く急登もなく、山に登り慣れていない方々でも難なく入り込める山という感じです。
木道のハイキングコースは整備が行き届いていて、危険箇所は皆無です。
 この日の白木峰の予想気温は19度C〜20度Cと、非常に涼しい予想でしたが、実際に行ってみると予報通り涼しく、涼風が吹きわたり少し肌寒く感じるくらいで、汗をかいてもたちまち蒸発してしまうような天井の楽園という感じで、下界に降りてびっくり、この日の富山市の最高気温は37度Cを超えていて、まるでサウナ状態でした。
高原では涼風でも、風が山を下るとフェーン現象が起こって37度Cとかいう、熱風になるんでしょうね^^;w

 白木峰といえば、ニッコウキスゲが有名な山ですが、今年のニッコウキスゲは裏年らしく、それなりに咲いてはいましたが大群生というほどではありません。
代わりと言ってはなんですが、オオバギボウシが大群生しており、それほど珍しい花でもありませんがこれほど群生しているのを見るのは初めてでした。
また、ワタスゲはすでに花期が終わっていましたね。
この日確認できた植物は、ワレモコウ、オニオオノアザミ、ヤマブキショウマ、ササユリ、サワラン、イワイチョウ、カラマツソウ、キンコウカ、クガイソウ、タマガワホトトギスなど、あとは、カオジロトンボという高原にしか生息しないトンボや、ホシガラスなどと出会うことができました。

 白木峰山荘は無人の山小屋ですが、太陽光発電によるバイオトイレは簡易水洗で、中央に囲炉裏があり、一部畳敷きで昼寝もできるなんとも居心地の良い避難小屋でした。
アルミサッシが設えられていて、窓を開け放つとさながら天然のクーラーのような風が吹き抜きて行きます。
屋根の下で、涼しい昼食をいただくことができました。

 下山時は登山道ではなく林道をゆっくりと周回しながら降りてきました。
舗装されているので、足元に気を使う必要がなくあちこちよそ見しながらの楽しい道のりでした^^;w
この林道周辺が、大変に素晴らしく、まるで植物の展示場のように多彩な植物を楽しむことが可能です。
この山は養分が豊富なためか、あらゆる植物がビッグサイズで驚かされます。

 避暑地として、手軽で涼しく夏場にはお勧めしたい山ですね。
ただし、この日も平日にもかかわらず、入山時には5〜6台の車が置かれていましたが、下山時にはマイクロバスも含め20台ほどの車が、駐車スペースからはみ出すように路駐も含めて無造作に停められていました。
土日は間違えなく車を止めるのに苦労すると思われますので、平日がお勧めですね。
難点は、金沢から微妙に遠いことですか?
市街地からであれば往復180kmほどあります。
また、山道がわかりにくく、カーナビ任せで最短距離で案内させると、獣道のような道に連れて行かれて、挙げ句の果てに落石のため通行止め!Uターンもできない(><;
時間的なロスが大きすぎて、、、、。
登山口にたどり着くまで、都合1年かかりましたよ?w
もちろん、今回は下見しておりますので、迷わずたどり着きました!w
カーナビをセットする際は、くれぐれも「距離優先」ではなく「一般道優先」にセットしておいてください。
登山道は手軽なのに、そこにたどり着くまでに難儀する山と言えるかもしれません。



登山口は標高1334m、真夏でも早朝であれば十分涼しい。



登山道は急登の連続です。





標高1500m付近になると草原に近い雰囲気になって行きます。



最後の急登を越えれば、高原が広がっているはず!



ニッコウキスゲの群生に会いに来たのに?
オオバギボウシの群生のお出迎え?w



頂部に出ました。



野生のワレモコウ。



オニオオノアザミ



小白木峰方面。



金剛堂山



ここから先は木道が続きます。
白木峰山頂が見えてきました。



白木峰山頂
帽子が飛ばされるくらいの涼風が吹いていました。



一面に咲き乱れるニッコウキスゲではなくオオバギボウシ!



広大な草原が広がります。



キンコウカ



湿地帯には小さな池がいくつかあります。
ワタスゲは花期が終了していました。
7月の第2週くらいが狙い目でしょうかね?



サワラン
群生も見られましたが、写真がうまく撮れませんでした^^;



浮島
向こうに見えているのは、剱岳、立山、薬師岳です。



ワタスゲの名残に止まっているのは「カオジロトンボ」高原の湿地帯に生息しているトンボです。



ニッコウキスゲもちらほら^^;



高原を周回して白木峰山荘に向かう登り返し。
夏の空ですね!



ホシガラス
高山に生息する鳥です。



白木峰山荘の周りにもニッコウキスゲ
立派な避難小屋ですね。



中央には囲炉裏がありました。



下山は林道を下りました。



ここでもオオバギボウシの群生!



ササユリもたくさん見かけました。



林道から登ってくる人。
20人くらいすれ違いましたか?
結構、こちらから登る人が多いみたいです。



ヤマブキショウマ



これはなんだっけ??
調べてもわかりませんでした^^;



カラマツソウ



クガイソウ



タマガワホトトギスはまだ蕾でした。
たくさん見かけましたが、咲いていたのはこの一輪のみでした。

手軽で、涼しくて、見ものもたくさんあって、盛りだくさんな山行でしたね。
もう少し近ければ、良いところなんですけどね^^;
歩いている時間と、車に乗ってる時間が同じくらいか?

来年は7月の第2週に行きましょう!










11:20 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/07/19

大杉谷 個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告 日本3大渓谷大杉谷

29年7月17日()~18日(火)1泊2日 曇り時々晴れ

参加者:6名

コースタイム

金沢5:00-湖東三山IC-(一般道)-甲賀土山IC-大宮大台IC-宮川第3発電所登山口10:30

-千尋の滝12:30-シシ淵13:30-ニコニコ滝13:47-平等嵓14:00-桃ノ木小屋14:45
-七つ釜滝15:13-桃ノ木小屋15:40(泊)

2日目:桃ノ木小屋6:40-平等嵓7:22-ニコニコ滝7:32-シシ淵7:47-登山口10:16--金沢16:20

 

大杉谷という名を初めて聞かされて、調べてみると日本3大渓谷の一つで(あと2つは 清津峡:新潟、黒部峡谷:富山)
三重県の奥深く、手つかずの自然、美しい川の流れ、「なかなかいい所みたい」と、そそられた。

紅葉の頃が一番いいみたいだが、満員人だかりは自然を満喫したいが為に行くのにご免こうむりたい。

で、すぐに行くことになった。

何しろ遠い。北陸道➔名神、経費節約で一旦一般道に出て再び新名神➔東名阪➔伊勢道➔紀勢道とカーナビに教えてもらえばこそ、
そうでなければ紀伊半島をぐるぐる回っているか名古屋まで行ってしまいそう。

人里離れてすれ違いのできないような道を走る事、数十分。宮川第3発電所の建物の裏が登山口です。

登山口から七つ釜滝までは距離6.9km標高差が320m程度でとても簡単に思えます。

しかし侮ってはいけません。観光気分でスニーカーの軽装で来たら大間違い。岩場のアップダウンが繰り返され、
体感高低差は1000m程あります。

渓谷で涼しいと思っても、それも大間違い。当日は風の「カ」の字もなく、私の15年の山経験でダントツ1位の「暑い山行」でした。
しかしながら大自然の渓谷美、清流、滝の流れを堪能しました。小屋に着いて入った「お風呂」(石鹸・シャンプーは不可)
の有り難さが身に沁み、冷たいビールが
汗で干からびた喉と細胞に沁みわたりました。

翌日は同じ道を通って登山口に戻りました。車でなければ、上流方向に進むと百名山「大台ケ原」の日出ヶ岳へと道は繋がります。

 


登山口

 

おお、鎖が出てきた 水平歩道みたい

 
落ちれば当たり前だが危ない


吊り橋を7本渡ります 結構揺れる


 水の色がキレイ

 

千尋(せんぴろ)の滝

 

岩場のアップダウンが繰り返される

 

シシ淵に着いた

 

さすが名勝 ずっとここに居たい雰囲気

 

ニコニコ滝

 

平等嵓吊り橋

 

平等(くら)ということきい

 

桃ノ木小屋に着いた

気分は風呂、風呂!ビール、ビール!だったがグッと我慢。七ツ釜滝に向かう

 

まさに水平歩道のよう 行ったこと無いけど

すれ違った男性が同じ登山口から大台ケ原を日帰りで往復と言っていた すご~い!

 

七つ釜滝 上の3つ

 

一番下の釜

 

桃ノ木小屋は我々6人と後2人だけの宿泊で、ゆったりと出来快適でした。1泊2食¥9000

晩ご飯は豚カツ・エビフライ定食、朝ご飯は鮭焼き・生卵・海苔でした。

我慢大会が好きな人以外は、秋の平日が良いと思います。

                                      END

 

 


16:50 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345