オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人
訪問者数2427534

















 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2018/02/25new

武奈ヶ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
武奈ヶ岳(1214m)個人山行報告

2018年2月24日(土) 晴れのち曇り

参加人数 7名

コースタイム
集合5:00-駐車場7:40-地主神社登山口8:04-御殿山10:00-武奈ヶ岳10:46(昼食)11:22-御殿山11:49-地主神社登山口13:07-駐車場13:17-解散16:00

【山行概要】
滋賀県大津市の武奈ヶ岳に地主神社から往復しました。
アイゼンとワカンを持って行ったのですが、ワカンは不要でアイゼンを装着しました



【山行データ】
20180224武奈ヶ岳GPS軌跡.gdb
 累計標高差 約1000m  
 歩行時間 8.7km 
 登り時間 2時間50分 
 下り時間  1時間45分


冬の武奈ヶ岳は関西方面では大変人気のある山だと知り、行ってみました。
朝7時40分でもう駐車場は、京都、大阪などのナンバーの車で賑わっていました


地主神社の赤い橋を渡り、登山開始です


登山道は、ところどころ凍結していました
私は、6本歯の簡易アイゼンを装着して登りました
他の皆様は、10本、12本などの本当のアイゼンを装着している人が多くみられました

途中で、冬道ルートと夏道ルートに分かれます。
夏道ルートは、雪崩の発生しやすいルートなので、尾根道を歩くのだと思います


御殿山からの武奈ヶ岳です
一旦下って、登り返します。私の嫌いなパターンです。


空気も冷たく良く晴れているのに、ぼんやりと春カスミがかかっている感じです。
この日は、PM2.5の数値がたかく、それが原因らしいです。
大陸の某大国には困ったものです。


冬の武奈ヶ岳は、意外と急登が多い山です。


頂上が近づいてきました


やはり最後までワカンは不要でした。


山頂です。人で賑わっていました


それにしても、この賑わいは北陸の冬山にはない光景です。
私の予想を超えていました。
夏山の表銀座コース並み?でしょうか
それと若者の割合が多い山でした


11月18日に私がCLで晩秋の武奈ヶ岳例会を行います。
武奈ヶ岳の紅葉の最盛期は10月中旬から下旬頃ですが、11月中旬から下旬は登山口の地主神社などが紅葉の盛りになると思います。
是非ご参加ください。手ぐすね引いて、お待ちしております。
13:01 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/02/21new

高落場山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
高落場山(1051m)個人山行報告

2018年2月20日(火) 晴れ

参加人数 3名

コースタイム
集合7:30-駐車場発8:30-唐木峠9:22-山頂10:43(昼食)11:34-唐木峠12:15-駐車場12:43-解散13:45


【山行概要】
富山県南砺市の高落場山に五箇山トンネルの除雪基地から往復しました



【山行データ】
20180220高落場山GPS軌跡.gdb
 累計標高差約850m 
 歩行距離6.0km 
 登り時間2時間13分 
 下り時間1時間9分 

※最初の衛星捕捉のエラーのため、データが正しくありません

駐車場からの袴腰山です。
今日は天候に恵まれそうです


五箇山トンネルの除雪基地から取付きました。
雪が少ないと渡渉があったりするルートですが、今年は大雪なのでそのような心配は無用でした。
さすがにワカンハイクで人気の山らしく、トレースはばっちりでした。

人喰谷方面です。
トンネルが開通する前は、狭い道路を緊張して運転しました。


これから進む高落場山方面です


途中から急登が始まります。
ワカンハイクは、登りは地獄、下りは天国の世界です。


森林限界を超える標高ではありませんが、山頂近くになると展望が開けます。
この展望の良さが高落場山の魅力です


人形山と平スキー場です。


白山が見えそうで見えない白山方面です


医王山です


砺波平野の散居村です


快晴の時は雄大な姿を見せるはずの北アルプスですが、今回は残念ながら見ることが出来ませんでした。


金剛堂山です


360度の展望を楽しんだ後、下山しました。
ワカンの下山は本当に楽しいです♪
特に急斜面はワクワクです


車に乗って金沢に近くなったころから雨が降り始めました。
ラッキーな一日でした
07:54 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/01/16

医王山(白兀山)896m個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

2018年1月15日(月)晴

医王山
896個人山行報告
参加人数 1名

コースタイム
見上峠 940 → 西尾平 1055 → しがらくび 1115 → 頂上 12161315
 → 夕霧峠 1356 → 西尾平 1510 → 見上峠 1557




週末寒波で金
沢市内は雪かきサンデー、白さが増した山を見上げていたのですが、次の日「月曜日」も晴れマークが出てさっそく出かけてきました

前日登ったみなさんのおかげで道は踏み固まっていました、おかげで長靴のまま頂上へ、さらに夕霧峠に降りて林道へ、しかしこの降りたあたりから日中の日差しで緩んだのか時々「ズボッ」とはまります

途中の雪崩トラバースのところは怖くなって「かんじきの出番」でした

登り始めの空は雲が少し見えて「風」が強い日でしたが、日が高くなると晴天になり頂上あたりでは「北アルプス」もきれいに見え白山も見ることができました

登山口の車は十台ぐらいあったのですが、途中三人の人に会った他は遠くに人影を数人見ただけで静かな医王山をのんびり楽しめました



見上山荘登り口のようすです、写真右奥の駐車スペースは除雪され登山用者への配慮がされています





車道は踏み跡が続いていました、日曜日はにぎわっていたようです、医王の里





おなじみみの「ショートカット地点」雪があればこその「近道」です





西尾平の小屋です、今年も雪に埋もれていました





西尾平からさらに書道を進みます、歩きやすい圧雪道路「壺足」でどんどん進めます





車道を歩いているとき白兀山に向かっている人影を発見しました




「しがらくび」到着、看板かベンチのせいかここだけ吹き溜まりの形が複雑な形になっています
ここから、左上の踏み跡にそって上がり藪の中を進みました





しがらくびから山に入り藪の中を歩きますが、私の感想ではまだ雪が少なくて歩きにくいかなという感じでしたけど、雪のおかげでまっすぐにすいすいと登れます





上部に着くと景色が変わります、金沢の街や海まで見えます





白兀山頂上はすぐそこです、ここまでくると手前の山など頂上付近のようすが良く分かります





「頂上展望台」雪のない時は三メートルほどの梯子を上ります
少し埋まっていたのを誰かが掘り出したのでしょうか、雪に隠れる寸前になっています





頂上から細尾根のようになった雪庇尾根を伝って蛇尾山に向かいます





「蛇尾山頂上」高さでは、
(白兀山896m・蛇尾山920m・奥医王山939m)となっており、白兀山より高いということになります





蛇尾山からの「白山」、手前の奥医王山越しに見えています





同じく「蛇尾山」からの「北アルプスの山々」真ん中あたり左側の白い部分が立山弥陀ヶ原あたり、その左が「剱岳」
右側には → 薬師 → 黒部五郎 → 槍ヶ岳 と続いています
* (画像掲示板に拡大できるよう写真を上げました、「
大日ヶ岳 眺望よかったです  投稿者 ほやん 投稿日2018011」 さんの投稿への返信のところです)




蛇尾山を過ぎて夕霧峠の小屋へ降りていきます、左下には「イオックスアローザスキー場」






帰りはそのまま車道を歩いてきたのですが、途中の「雪崩トラバース」
写真で見るほど危険な状態ではないので一歩一歩しっかりと足を置いていくと大丈夫ですが、踏み跡がしっかりしてなく壺足だと沈むので「かんじき」を付けて歩きました

こういったところが苦手な方は、白兀山からそのまま戻るコースがおすすめです





コロコロ転がっている「バームクーヘン」のような雪玉、車道途中で何個もコロコロしていました




山の雪はしっかりとたまっていましたので、これからは藪をあまり気にしないで医王山を楽しめそうです

山は下界とちがいます帰り際に少しですがパラパラと雨が降ってきました、空を見ると雲がそこだけ降らした雨のようでした
近くの山だと言っても冬山は冬山、体調・お天気・装備・時間などなどしっかり準備をして、冬山を存分にお楽しみください


16:15 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0) | 石川県の山
2018/01/15

西穂(独標手前)個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
西穂(独標手前・2600m)個人山行報告

2018年1月14日(日)快晴

参加人数 5名

コースタイム
集合5:45-新穂高8:35-西穂高口9:45-西穂山荘11:05(休憩)11:26-西穂丸山11:52-独標手前12:27-西穂丸山12:55-西穂山荘13:12(昼食)13:52-西穂高口14:55-(入浴)-解散19:00






強烈な寒波襲来の翌日ということで、高速道路を含め、新穂高ロープウェイまで
きんかんなまなま(金沢弁:道路が固く凍っている状態)の中、西穂独標の手前まで行ってきました
西穂高口駅の展望台からは、美しい風景を見ることができました


今年の夏、是非とも行きたい西釜尾根です


いつもながらトレースはばっちりでした


西穂山荘に到着しました
後ろの山は、乗鞍岳です


今年の雪だるまは、健康優良児を通り越し平成バブルを感じさせる大きさでした


山荘前でアイゼンを装着して、西穂方面に向かいました
急登を過ぎると、西穂高、ピラミッドピーク、独標が見えてきました


白山です。
石川県と岐阜県の県境の山なのですが、ロープウェイのガイドさんも「加賀の白山」と言っていたので
石川県の山にしておきます。(岐阜県には笠ヶ岳など名峰がたくさんあるので、白山は石川県にください)


岐阜県の名峰笠ヶ岳です


モンスターです
犬がお座りしているようにも見えませんか?


西穂丸山を過ぎて、さらに進みました
風が強いのか、途中では、石が露出しているところもありました


ピラミッドピーク手前などを登っている姿が見えます。すごい人たちです。


私たちは独標手前で引き返しました。


遠くに富士山を見ることが出来ました
(画面中央より少し右側です)


上から目線の西穂丸山や上高地です


霞沢岳です


乗鞍岳です


写真には写りませんでしたが、空気中の水蒸気が凍って、キラキラと光る「ダイヤモンドダスト」が七色の光を放っていました。
この世のものとは思えず、どこか違う世界に行ったのかと勘違いするほどの美しさでした。


いつまでも居たかったのですが、そんな訳にもいかないので下山しました。
下山途中からも美しい風景が次々と現れました


どこを見ても、白と青の世界でした


この様な冬山に日帰りで行けるのは、ロープウェイのおかげです。
毎年行っても、何回行っても感動する素晴らしい山行でした
07:55 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2018/01/08

上高地散策個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
上高地散策個人山行報告

2018年1月7日(日) 快晴

参加人数 4名

コースタイム
集合6:00-平湯バスターミナルでバス乗車8:50-釜トンネル-上高地トンネル9:43-大正池10:06-帝国ホテル10:54-バスターミナル11:08-河童橋11:19(昼食)12:16-ウエストン碑12:55-上高地トンネル14:09(休憩)14:50-バス乗車15:20-(入浴)-解散18:40



歩行距離:13.9km

12月23日の上高地例会に参加できなかったメンバーで上高地に行ってきました。
12月の全員集会時に報告があったように、今年から釜トンネルと上高地トンネルは明かりが点灯していて、ヘッドランプ等は不要になりました



トンネルを超えて少し歩くと、穂高連峰が顔を出しました


大正池からの焼岳です


大正池からの穂高連峰です。


大正池からバス通りに戻らないで、遊歩道を歩きました


田代池は雪で埋まっていました


枝に付いた氷に太陽が当たり、キラキラ光って幻想的な風景でした


冬の上高地は、バス通りを歩くよりも遊歩道を通るルートをお勧めします。


帝国ホテルです


バスターミナルです


河童橋です


河童橋で昼食にしました。
プルコギとソーセージを焼きました


それとキムチ鍋の韓国料理で決めました。
すると隣のベンチからは、刺激的なカレー鍋のにおいがしてきました。
次回上高地に来る時には、カレー鍋にしようと「上高地の誓い」をたてました


河童橋からの梓川です。定番中の定番の写真ショットです。


霞沢岳です


猿も食事中でした


サル者は追わず!


素晴らしい天気に恵まれた散策でした


上高地散策をするときには、登山届の提出をお忘れなく
釜トンネルの入口で提出できます


余りの美しさに、魂が抜かれました。
上高地に魂を売ってしまったようです。


07:52 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345