オンラインユーザー44人
ログインユーザー0人
訪問者数2775835


































 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2019/03/19

大辻山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
大辻山(1361m)個人山行報告

2019年3月18日(月) 快晴

参加人数 5名

コースタイム
集合6:30-立山青少年自然の家発7:55-取付き点10:00-山頂12:17(昼食)13:03-取付き点14:07-立山青少年自然の家15:52-解散17:30 

【ワンポイントアドバイス】
この時期は立山青少年自然の家までしか除雪がしてありません。立山青少年自然の家の事務所に登山届を提出すると駐車させてもらえます。またトイレもお借りできました。大変親切な対応に感謝しています。

【山行概要】
富山県の大辻山に立山青少年自然の家から林道歩きをして、大辻山を往復しました。登りと下りが違っていますが、下りのルートの方が冬は良いルートだと思いました。
夏道の登山道は、「登りルート」で「下山ルート」は積雪時限定です。
通常のトレースは、「登りルート」のピストンが多いです。


【山行データ】
20190318大辻山GPS軌跡.gdb



3月は、夏道登山口まで往復約10Kmの林道を歩きます。
林道の途中からの立山方面です。
山に登らなくても、ドライブでここまで来るのも良いと思います。


林道からの桑崎山です


林道取付き点から夏道ルートを登りました


大辻山の山頂からは絶景を見ることができます
まずは劔岳


立山

大日岳


薬師岳


これらが屏風の様に立ちはだかります


午後からは気温が上がって、踏む抜くことが多くなりました。
また、ワカンに雪が団子の様にくっつき、ものすごく重くなりました。
私は、恥ずかしながら痙攣をしてしまい、芍薬甘草湯のお世話になりました。
他の皆さんは、同じ条件なのに涼しい顔をして、雪面を快調に飛ばしていきました。


修行が足りません。反省しています。
09:26 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/03/11

西穂丸山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
西穂丸山(2462m)個人山行報告

2019年3月9日(土) 快晴

参加人数 5名

コースタイム

集合5:45-西穂高口10:03-鞍部10:23-西穂山荘11:09-西穂丸山12:04-西穂山荘12:30(昼食)13:21-鞍部13:54-西穂高口14:14-(入浴)-解散18:00

【ワンポイントアドバイス】
・新穂高登山指導センター近くの無料駐車場が満車の場合は深山荘前の登山者用駐車場に止めます
・ロープウェイの乗車券は、窓口で買うと2900円ですが、コンビニチケットでは2300円になります。
・第一ロープウェイ駅の階段を上ったところに券売機があります。コンビニチケットや割引券を使わないで購入する人は券売機に続く列につきます。
 コンビニチケットや割引券を持っている人は、2Fの窓口に続く列につきます。並ぶ列が違うので注意が必要です。
・6kgを超える荷物を持ち込む人は、300円の荷物券が必要です。

【登山概要】
ロープウェイの西穂高口から西穂丸山までを往復しました。


【山行データ】


朝5時45分に金沢を出発して、8時15分頃に到着したのですが、すでに登山指導センター近くの駐車場は満車で、深山荘前の登山者用駐車場に移動しました


ロープウェイから降りて早速、西穂高口の展望台に行きました。
笠ヶ岳です


西穂高岳です


槍ヶ岳方面です


焼岳です


白山です


展望台での展望を楽しんだ後、西穂山荘に向かいました


山荘の前の雪だるまがありませんでした。


例年なら、この看板が雪だるまの下に置いてあるはずなのですが・・・・
後ろの山は霞沢岳です


稜線に向かって登りました。
山荘前はハワイ、稜線はシベリア、それくらい体感温度が違います。


西穂独標やピラミッドピークが現れてきました。
気温が上がる予報だったので、万全の雪山装備ではなかったのですが、稜線上は予想外に風が強く、痛いほどの体感温度でした。
富士山、南アルプス、八ヶ岳など多くの山を見ることが出来ました。


西穂丸山からのピラミッドピークです。
本当に多くの人で賑わっていました。


西穂丸山と笠ヶ岳です


笠ヶ岳から抜戸岳、双六岳への稜線です


乗鞍岳です


明神岳と前穂高岳です


遠くの山は白山です


ロープウェイの中からの西穂高だけです。左端に槍ヶ岳も見えます。
一日中、最高の天気でした。


この山は、天気さへ良ければ裏切らない絶景です。
ただロープウェイ駅では怪我をされて、車いすでロープウェイに乗車する登山者を見ました。
手軽に登れますが、冬山は冬山です。やはり十分な装備と慎重な行動が必要だと改めて思いました。
重大なケガでないことをお祈りいたします。

13:25 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/03/06

小遠見山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
小遠見山(2007m)個人山行報告

2019年3月5日(火) 快晴

参加人数 4名

コースタイム

集合5:00-アルプス平駅8:38-登山口9:00-小遠見山11:01(昼食)11:57-登山口12:57-アルプス平駅13:14-(入浴)-解散17:00

【山行概要】
五竜岳に至る小遠見山にアルプス平駅から往復しました


【山行データ】
20190305小遠見山GPS軌跡.gdb



1月に強風のため途中で引き返した小遠見山に再度チャレンジしました。
移動性高気圧に覆われて絶好の登山日和の予報です。
リフト降り場の奥に、これから登る遠見尾根を見ることが出来ます。


登山口にある雪崩情報です。
1月は危険でしたが今回は注意です。


最初は私たちが先頭でラッセルをしました。
その後、テント泊の荷物を背負った若者グループが追い越してトレースを作ってくれました。
若者たちに感謝です。


白馬三山の天狗の大下りです。
右側に3つのピークがありますが、右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳です


力強い若者グループがどんどんと私たちを離して進んでいきました。
テント泊をして五竜岳に登るということでした。


五竜岳です。


鹿島槍ヶ岳も見えてきました


この写真の一番奥に写っている場所が、本日の目的地である小遠見山です


約2時間で、小遠見山に到着しました。


小遠見山山頂からの五竜岳です。


鹿島槍ヶ岳です


今回参加した「剱岳に恋する乙女」を自称する某会員は、このイケメンの五竜岳と鹿島槍に揺れ動く複雑な乙女心を吐露していました。


1月には寒いというより痛いほどの冷気だった北アルプスも、3月になり春の空気に覆われていました。
風もなく1時間ほどこの絶景を見ながら昼食にしました。


それにしても、たった登り2時間、下り1時間でこの絶景を堪能できる小遠見山はお勧めの山です


白馬村の向こうに見えるのは、火打、妙高方面です


危険個所は特にありませんが、狭い稜線のところもあるので、風の強い時には注意が必要だと思います


小遠見山は、1月よりも3月の春めいた頃に計画するのがベストです。
1月に計画した首謀者として、反省しています。
08:01 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/03/03

荒島岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告  荒島岳(1523m) 福井県大野市

日時:2019年3月2日() 天候:晴れ 参加者:5名

 

荒島岳というと百名山ですが、我が会では毎年のように6月の蒸し暑い時期に「ランクテスト」をする山となっていて、
「暑い・きつい」のイメージでとらえる人も多いかと思います。しかし、冬は素晴らしい山です。

その素晴らしさがだんだん皆さんに知られるようになったのでしょう、晴れのこの日は駐車場がほぼ満杯の盛況でした。

最初のコンクリートの急坂はカラカラで、坂の途中から土と雪(凍っている)がまだらに出てきます。
トトロの木手前から、アイゼンを着けました。

コースタイム
駐車場7:45-ートトロの木9:04ーーシャクナゲ平10:05-荒島岳11:23--シャクナゲ平12:50
ーー駐車場14:30

 

軌跡と情報

平面距離   9.4km 沿面距離   9.8km 

最低高度   339m 最高高度   1,522m
累計高度(+) 1,302m 累計高度(-) 1,302m 消費カロリー 2049kcal


スタートはカラカラ 

 
トトロの木は無残な事に


ブナの林がキレイ

 

シャクナゲ平からの白山

 

見ず知らずの方の後ろ姿をお借りしました

 

もちが壁は写真を撮る余裕はなし 通過しました

 

白山がとんでもなくキレイで石川県民として誇らしい

 

樹氷がきれいです

 

 本日は賑わっています

 

頂上へ向かう人が蟻のように

 

中荒島 あと少しです

 

頂上

 

山頂標は荒島岳まで出ています

 

寒いのでちょっと降りて休みましょう

 

大展望を楽しみながらの楽しい下り

 

大野盆地の向こうは大日岳~浄法寺山の連なり

 

最高のお天気になり、展望をたらふく食しました。ランクテストでいい思い出のない方は是非冬に登ってみてください

 


13:09 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2019/03/03

千石城山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
千石城山(757m)個人山行報告

2019年3月2日(土) 快晴

参加人数 9名

コースタイム

集合7:00-ふるさと剱親自然公園8:33-登山口9:20-山頂10:20(昼食)11:46-登山口12:34-ふるさと剱親自然公園13:02-(入浴)-解散15:30

【山行概要】
富山県上市町の千石城山にふるさと剱親自然公園から往復しました。


【山行データ】
20190302千石城山GPS軌跡.gdb



登山口のふるさと剱親自然公園です
素敵なキャンプ場です


今年は雪の少ない異常気象で、この季節にしては本当に雪が少ないです。


と言っても、登るにつれて雪が増えてきました。
夏はここが、本当の登山口です。


夏道の上に、雪が乗っています。


展望が開けてきましたが、ご本尊の剱岳はまだ出てきません。


さらに尾根を登っていきます。
斜度はきつくありません。


そして山頂です。昔お城があったようです。


山頂からの展望です。
目の前の山は劔岳です
天気は快晴なのですが、すこし春霞のように霞んでいたのが残念です。


Nさんがシュークリームの差し入れをしてくれました。
絶景を見ながらのもぐもぐタイムです


千石城山は、標高差500m以下でこれ程の絶景を楽しめる山です


駐車場や山頂が広くて、危険個所もありません。
ただしこの季節はキャンプ場がオープン前なのでトイレは使えません。
次年度以降の例会には、なかなかの優良物件だとツバを付けておきます。
08:37 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
12345