オンラインユーザー16人
ログインユーザー0人
訪問者数4032144































 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2022/01/17new

個人山行 白はげ山・蛇尾山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

 医王山(権現山・白兀山・蛇尾山) 見上峠~

2022年1月15日(土)  晴れ

参加人数 6名

 

【山行概要】
 新春を迎え、まずは山へ行きたい、金沢市内近郊ですと日帰りの安近短はやはり医王山だと思います。

今回は、見上峠から白兀山の往復、時間あれば蛇尾山までの往復ワカンハイクです。

 見上峠から山道を見るとトレースはないので難しい事は考えず他の人たちと同じ車道を歩きました。
 しがらくびから登山道に入りますと前日の新雪でいよいよ登りづらくなり今年初めてのかんじきを装着しました。

権現山手前の急勾配個所ではトレースもジグザグで苦労した跡が見てとれました。

見上峠で出会い、白兀山で再会した三人娘には、本クラブの話に興味を示していただき盛り上がりました。

白兀山で長い昼食を取るより蛇尾山まで行く事を優先し、約1時間ほどで白兀山まで戻ってこれました。

眺望はまずまずで、今の時間白山は隠れていましたが、少し薄いものの毛勝、剱岳、立山連峰と見ることができました。
 冬場の医王山は海から山から
360度の眺望が楽しめることができありがたいです。

年明けから好天の日が限られており、今日の土曜日もそうですが天気の良い日に登山者が集中します。
 登山者で賑わえば医王山も喜んでいることと思います。

 

コースタイム

見上峠駐車場出発(車道)8:25 → 西尾平 9:50  しがらくび(登山道)10:15 → 権現山 10:50→

白兀 11:1015 → 蛇尾山 11:4045 → 白兀 12:0535 → 権現山 12:50 →

西尾平 13:50(車道) → 見上峠駐車場着  14:50

 

 

見上峠~白兀山まで

   見上峠~蛇尾山まで

登山日

  040110

    040115

平面距離

  8.4km

    10.2km

沿面距離

  8.5km

    10.4km

記録時間

  05:42:02

    06:52:52

最低高度

  405m

    405m

最高高度

  894m

    922m

累計高度(+)

  601m 

    743m

累計高度(-)

  612m

    744m

平均速度

  1.5km/h

    1.5km/h

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          

 

 

 赤い線を歩きました

 

 高低図



見上峠駐車場スタート  0825




西尾平  0950



カーブミラー 1010


しがらくびからトレース無し、登山道へ 1015



しがらくび



権現山手前の急登  1040


権現山到着 1050



権現山から
白兀山     1050




権現山から
白兀山と福光町  1051




白兀から金沢市内 (見上峠で出会い、
白兀で再会)  1110




白兀山頂、クラブ活動に理解と興味を示していただいた再会の人たち、帽子に注目(中央が会員) 1113




蛇尾山山頂着  1140



蛇尾山から福光方向(冬場は良く見える) 1143



白兀と蛇尾山の間の樹林帯  1200



白兀山、下山開始   1235



下山中の権現山にて、小矢部方向  1250



西尾平 着  1350



見上峠 着  1450



見上峠駐車場 到着  1450

                              以上


23:41 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/01/13

北八ヶ岳、天狗岳個人山行報告-1日目

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
北八ヶ岳の北横岳~縞枯山へ縦走、唐沢鉱泉へ1泊して翌日は天狗岳へ行ってきました。両日ともに雪に濃い青空が映え、素晴らしい眺望に感動で忘れられない山行となりました。特に今回のコースは北八ヶ岳を堪能できる、魅力的なコースでした。是非行ってみてください。

北横岳へはロープウェイを利用して1時間ほどで南峰へ着き北峰へ。山頂は風が強く吹いていましたが、蓼科山が綺麗に見えました。もと来た道を下り風がなく陽を受け暖かい七ツ池で昼食。シュカルブで幻想的な坪庭へ戻り縞枯山へ。縞枯山へは冬山らしい急登の直登コース。山頂手前の展望台から眺望に酔いしれ、枯れた立木が幻想的な雰囲気の登山道を通り山頂へ。山頂からは八ヶ岳・赤岳の勇壮に南アルプスが見え絶景。危険個所はなく眺望良好な景色を楽しみながら歩け距離も短く、アイゼンデビューにうってつけです。

コースタイム】集合4:30ー9:00山頂駅着-9:40スタート10:30北横岳ヒュッテー北横岳
南峰ー北横岳北峰ー11:25七ツ池(昼食)11:54ー12:00北横岳ヒュッテー12:40縞枯山荘ー12:45雨池峠ー13:10縞枯山ー13:30展望台ー14:10縞枯山荘ー14:51山頂駅着ー唐沢鉱泉

タイム 5:14 距離7.1㎞ 標高差500m】


ロープウェイ駅を降りて坪庭からスタート。スキー場があり賑わっていました。雲一つない快晴です。

北横岳の南峰と北峰です

11:05 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2022/01/11

個人山行報告 白兀山(医王山)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

白 兀  (896m)  見上峠~

2022年1月10日(月)  晴れ

参加人数 5名

 


【山行概要】
 今回の山行は金沢市内から安近短と言うに相応しい、見上峠から白兀山までのワカンハイク往復です。

 車で見上峠に到着しますと、池隣接駐車場は既に満車の混み具合で、トイレ前駐車場には駐車することが

できました。私たち仲間にとっては家から20分少々で登山口まで行ける好都合で便利な山です。

 

今年初めての山歩きとあって、眺望や会話を楽しみながらの、ゆっくりペースで歩きました。

本コースは登山者が多いためか、登山道のほとんどは雪で踏み締められており、全般的にかんじきよりも

チェーンスパイクの方が適切だったように思います。もちろんかんじきを装着し楽しんでいる仲間もいました。

 

冬の陽を受けそれほどの寒さも感じず、新年お初に相応しい気持ちの良い楽しい山歩きでした。

 

 

コースタイム

集合場所P 7:15 →  見上峠登山口駐車場 7:458:05 → 西尾平 9:409:50 (車道)

しがら首 10:08→ 白兀 10:5511:50 → しがら首(一部車道)

見上峠登山口  13:5014:00 → 集合場所P 14:30

 

平面距離  8.4km

沿面距離  8.5km

記録時間  05:42:02

最低高度  405m

最高高度  894m

累計高度(+)  601m

累計高度(-)  612m

平均速度    1.5km/h

 

 赤い線を歩きました



歩いた高低図



見上峠P 出発  0805



西尾平P 着   0940


しがら首 1006




しがら首から登山道へ 1008



権現山から撮る 白山 1040



権現山山頂 1040



もう少しで
白兀山 1053





白兀山山頂 到着 北アルプス方面はちょうど生憎 1055



白兀山昼食後の交流会 1135




白兀山山頂で遊ぶ




陽の恵み、ハートマーク



白兀山山頂からの白山方面




白兀山山頂から下山開始 1150




金沢市内の眺望







見上峠駐車場到着 1350

                                    以上


16:48 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2022/01/11

猪臥山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
猪臥山(1519m)個人山行報告

2022年1月10日(祝) 快晴

【山行概要】
岐阜県高山市の猪臥山に猪臥山トンネル前駐車場から往復しました





集合時間は7時30分。
約1時間30分で駐車場に到着します。
無料駐車場は広くて、多くの車を停めることができます。

人気の山だけあって、トレースバッチリ。
ワカン、スノーシューは不要でした。私は都会育ち(?)なので6本爪の簡易アイゼンを装着しました。


先日の上高地でも見れなかった霧氷をバッチリ見ることができました。
美しいです・・・・♡


急登を登りきると山頂になります


歩き始めから標高差約500m、所要時間1時間45分で山頂へ


白山


北アルプスです
ここから槍ヶ岳の穂先は見ることができませんでした。


左は乗鞍岳、右は御嶽山、御嶽山の左に見えるのは南アルプスです。これほどの天気はなかなかありません。


猪臥山は360度の天然の大展望台です。


これを見たら、もう冬山の誘惑から逃れることは出来なくなります。


金沢の集合場所から駐車場まで1時間30分
登り2時間45分
下り1時間25分
でこの大展望が楽しめる猪臥山は、コスパの良い山です。
駐車場には金沢ナンバーの車も多く停まっていました
危険個所も全くありません。
冬山の入門コース、トレーニングに最高の山です・・・・ただし晴れればですが。
風が強いと遮るものがない分、雪が舞うブリザードの山に変貌します。
08:53 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
2021/12/21

英彦山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
英彦山(1188m)個人山行報告

2021年12月19日(日)


【山行概要】
福岡県と大分県にまたがる英彦山(ひこさん)に中岳コースを登り、表参道コースを下りました。
日本百景、日本二百名山の一つで、弥彦山(新潟県)・雪彦山(兵庫県)とともに日本三彦山に数えられます。






今回の山行の目的の一つは12月16日に処女航海となった名門大洋フェリーの新造船に乗ることでした。
ちなみに、名門大洋フェリーとは、名門の方々ご用達のフェリー会社ではなく、合併前の名門フェリーが「名古屋」と「門司」間を運航していたために名づけられました。
レストランに行って、驚きました

しかも夕食時に1000円払えば、無料で朝食券をもらえます。
つまり夕食+朝食で1000円でした。

バイキングになると、私は全身胃袋の野生動物化します
このほかに、ソフトクリームなどのデザートを食べました


朝食は、朝カレーを頂きました


グルメレポートはこれくらいにして、今回の貧乏旅行についてですが
金沢から大阪南港までは、青春18きっぷを利用して、フェリーを降りてから無料送迎バスとJRと路線バスを乗り継いて登山口へ
気温-1度、九州だと思って舐めたらいけません


宗教の山らしく、いたるところに神社がありました


登山道は凍結していて、滑りまくりました


凍結していなければ大したことありませんが、念には念を入れて慎重に登りました


ロープや鎖を使って登る区間が続きました


英彦山の北岳です。登山者が2名いて、私たちが登ってきたルート状況を聞いてきたので、ここは下りに使うと凍結していて滑ります。
と答えると、登ってきた表参道コースを下っていきました。


ガトーショコラに砂糖をまぶしたみたいでおいしそうな岩でした。


山は寒気の影響で視界不良でしたが、霧氷がきれいでした


奥宮への登山道も垂直の壁部分がありました


奥宮は立ち入り禁止になっていました。
フェリーで、煩悩のままに食べ尽くす不浄の者は立ち入れないようです


下りは、表参道コースを利用しましたが、やはり滑りやすかったです
軽アイゼンを付けるほどでもないし、この様なところはチェーンアイゼンが最適だと思いました。


石階段のほかにも、この様な急斜面もありました


下山したら、天狗さんのお出迎えがありました


霊山なので立派な神社です


新しい船の船室です


下から2番目クラスの寝台です


外に出るとさすがに寒くて直ぐに中に入りました


大阪湾に入ってきました


名門大洋フェリーの大阪―門司間は瀬戸内海を通るので揺れません
乗り物酔いしやすい方にもおすすめです


そしてまた、大阪から青春18きっぷで金沢に帰りました。
新幹線が延伸すると、このようなビンボー旅行もやりにくくなるので、今のうちだと思いました。
09:39 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
12345