あなたは2130029人目です。

お役立ちリンク集

 
 

ページ管理者向けマニュアル

 このページは、国立情報学研究所で開発されたNetCommonsを用いています。このソフトウエアは、学校や各種団体などのWebページを、誰でも簡単に更新できるようにするために開発されました。企業・自治体(たとえば屋久島町)などのWebページ作成用としても利用されています。
 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2017/02/17new

位山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
位山(1529m)個人山行報告

2017年2月16日(木) 快晴

参加人数 3名


コースタイム
集合6:30-モンデウススキー場8:33-リフト降り場9:52-山頂11:32(昼食)12:35-リフト降り場13:45-モンデウススキー場14:07-解散16:20

【山行概要】
岐阜県高山市の位山にモンデウススキー場からリフトを利用しないで往復しました
ワカンを使用しました。



【山行データ】
20170216位山GPS軌跡.gdb
 標高差 640m
 歩行距離 9Km
 登り時間 2時間59分
 下り時間 1時間32分
 百名山等 日本二百名山



【私見評価】

 体力度★★☆☆☆ リフト降り場の手前に急登箇所がありますがそれ以外はなだらかな山です 
 危険度★☆☆☆☆ 危険箇所は全くありません。ワカンデビューに最適な山 

モンデウススキー場です。
リフトに乗って位山に登る方法もありますが、今回は下からリフトに乗らないで位山を目指しました。
位山というので、陽の差さない暗い山を想像したのですが、快晴でした。



位山登山口です



このコースの中で、リフト降り場付近の斜度が一番きついです。



リフト降り場です



リフト降り場からの展望は素晴らしいです
ここが位山登山で最も展望が良い場所です



リフト降り場から位山まで急登は全くありません。
ダラダラとした登りが続きます


山全体がご神体なのかいろいろな岩の名前が付いていました
御手洗岩です。このほかに御神楽岩、御魂岩などの岩がありました。



あっけなく山頂に到着しました



白山展望地で昼食にしました



位山山頂です
展望は良くないです



御嶽展望地からの御嶽です。



乗鞍岳です



帰りの道路からの笠ヶ岳です



位山はワカンのデビューには最適の山です。
傾斜も緩く、危険箇所は全くありません。
教育部のワカン講習会の次にこの例会を持ってくれば、ワカンの楽しさを十分に味わえると思います。
来年度の自主企画は締め切ったので、再来年の企画としてツバを付けておきます
07:50 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/02/16new

津幡町 三国山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
津幡町三国山(標高 323.7m)
参加人数2名
天候:快晴




青:地図から導き出した登山ルート  赤:実際に歩いたルート



コースタイム

スタート地点 河合ふれあいパーク駐車場 13:15 - 農道入り口 13:20 - 御山神社登山口 14:26 - 第一ピーク 14:32 - 登山道分岐 14:42 - 三国山山頂 14:52 - 下山開始 15:03 - 三国山園地南登山口 15:13 - 林道歩き - 国道471号線 15:45 -  河合ふれあいパーク駐車場 16:01



三国山周回データ




沿面距離:約6km
標高差:約236m
累積標高差:+約630m ー約600m
所要時間:登り約1時間40分 下り約1時間(積雪期)

注)夏道は荒廃していて、今回の周回ルートは夏場は歩行困難だと想像されます



概要

三国山は、津幡町の森林公園の園地内にあります。
金沢市内からは1時間ほどで行けますので、手軽にワカンハイクを楽しむには面白い山だと思います。
夏場であれば、林道で登山口まで車で行けますが、冬場は閉鎖されています。

地図を眺めていると、この山には様々なルートがあって、周回コースもバリエーションが組めるようです。
強者になると15kmの周回コースとかを回っている人もいるようです。

この日は、山の師匠と二人でワカンハイクを楽しんできました。

雪山に限った話ではありませんが、スマホのGPSにあらかじめルートを仕込んでおかないと、道に迷って遭難しかねません。
実際にこの山でも、余裕で遭難は起こりうるなと感じました。

一番上の地図の青色で示した線が地図上の登山道と思われるルートで、赤色が実際に歩いたトレースです。
ワカンハイクなので、効率よくルートをショートカットしています。
ルートから逸れている部分は、藪が酷くてルート通りに進むことが困難だったために迂回した箇所です。
1m以上の積雪があれば、ルート通りに進むことが可能だと思われます。

帰りは、林道と国道を延々と歩いてきましたが、もう少しルートをしっかりと把握していれば、今回ほどの回り道をしなくても済んだのかなと感じました。
残雪期あたりに、もう一度調査が必要ですね。







河合ふれあいパーク駐車場 車は10台ほど停められるスペースがあり、水洗トイレも完備されていました。




踏み跡の全くない農道から取り付きました。
正面に見えている尾根道が実際の登山ルートとなります。
積雪が多ければ、直登も可能に思われましたが、この程度の積雪では無理です。




日当たりの良い場所は、ほとんど雪がないくらいのところもありました。





熊笹を掻き分けながら、崖をよじ登ります。





崖をよじ登ったあたりで、ワカンを装着しました。





尾根筋までショートカットできそうなルートを探ります。





比較的傾斜が緩やかで開けたルートを発見!
尾根に向かって登って行きます。





尾根筋の本来の登山道だと思われる所にでました。
ここを左に曲がって進んでいきます。
道のような、そうでもないような、、、、。




しばらく進むと、行く手が完全に熊笹で覆われてしまいました。
もっと積雪があれば進めますが、これはちょっと無理^^;
夏場は、絶対に無理でしょうね!




迂回ルートを探して一旦下ります。
どうしてもダメなら、西に向かってどんどん下って行けば林道に出ます。





なにやら道らしきものが現れた?




道なりに進んでいけば一旦林道に出て、神社の石段を上り返してくるコースになるはずですけど??
師匠はこの崖をショートカットすると、、、、^^;




崖をよじ登ります。




崖をよじ登ると、巨木の原生林に囲まれました。
なにやら、ものすごーいパワーを感じさせる場所です。
神社の山でしょうね^^;





巨木の原生林を更に登って行きます。





やはり、お社の裏の杜だったようです。
ここまでくれば一安心^^;
この御山神社こそが、三国山登山口の一つになっています。





ここからは、十分に整備の行き届いた登山道になります。





快適な雪山歩きが楽しめます。




第一ピーク。
全然視界が開けてないじゃないか!って??

師匠!
ここはまだ三国山ではありませぬ!w






それでは、進んでいきますよ^^





ヒノキの杜を抜けて行きます。





山頂に近づくと、古い踏み跡が残っていました。





山頂が見えてきましたね!





ここが三国山山頂です!





山頂からは北アルプスの絶景が!
本来なら見えるはず^^;

まあ、ある程度予想はしていましたが、この日は気温が上がりすぎましたね^^;
空気が澄んでいれば、、、、。




下山は別ルートから下ります。





バージンスノーを踏みしめながら下ります。
途中に分岐がありますが、どちらを通っても林道に出ます。





約10分で林道登山口に下りてきました。




帰りは延々と林道と国道を歩きます^^;
3km弱くらいですかね?
まあ、林道から登れば道に迷う心配もない山ですけど、今回はトレーニングも兼ねてということで^^;
疲れましたが、3時間もかかりませんでした。
20:04 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2017/02/09

伊吹山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
伊吹山(1377m)個人山行報告

2017年2月8日(水) 曇り

参加人数 6名

コースタイム
集合6:00-登山口8:32-五合目10:05-九号目11:57-山頂12:10(昼食)12:35-五合目14:03-登山口15:09-解散17:20

【山行概要】
滋賀県米原市、岐阜県揖斐郡揖斐川町、不破郡関ケ原町にまたがる伊吹山地の伊吹山に米原市上野地区から往復しました。途中アイゼンを装着しました。ピッケルは使いませんでしたが、山頂付近の急なアイスバーンでは使った方が良かったと思います。



【山行データ】
20170208伊吹山GPS軌跡.gdb
 標高差  1150m
 歩行距離 9.6Km
 登り時間 3時間38分
 下り時間 2時間34分
 百名山等 日本百名山



【私見評価】
 体力度★★★★☆ 6合目避難小屋からの直登は急登 
 危険度★★★★☆ 9合目手前がアイスバーンで滑りやすい

登山口から1合目あたりまでは雪がありませんでした



1合目あたりから雪でした。
写真では良く分かりませんが、雲の隙間から光のシャワーがふりそそぎ神っていました。
本日の天気予報は、曇りのち晴れです。



伊吹山が顔を出しました。
正面の壁を直登します



写真の右上の部分が琵琶湖です



アイゼンを履いて登りました。
最後の急登部分がアイスバーンになっていました。



山頂に到着です。
正面の建物は開放されていて、そこで昼食にしました



山頂は凍り付いていました。寒い!の一言でした。



山頂の標識です。
三角点があるはずなのですが、寒くて脳みそまで凍結状態だったので探すのを止めました。



下山開始です
予報通り、天気は回復してきました



急登部分を下り終えて振り向きました。



5合目あたりからの伊吹山です



私事ですが、12本爪のアイゼンを履いて急登を登ると、最後に足が痙攣を起こしました。
修行が足りませんでした。反省です。
06:57 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2017/02/05

大日ケ岳(天狗山の途中まで1709m)個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
大日ケ岳(天狗山までの途中まで・1709m)個人山行報告

2017年2月4日(土) 快晴

参加人数 3名

コースタイム
集合6:30-ゴンドラ降り場9:06-大日が岳10:09-天狗山途中まで10:49(昼食)12:01-大日が岳12:34-ゴンドラ降り場13:37-(入浴&食事&観光)-解散18:30

【山行概要】
白山国立公園内の両白山地南部に位置し、岐阜県高山市と郡上市にまたがる大日ケ岳に、高鷲スノーパークゴンドラ降り場から天狗山の途中までピストンしました。
ワカンとスノーシューを使用しました。アイゼン、ピッケルは不要でした。



【山行データ】
20170204大日ケ岳GPS軌跡.gdb
 累積標高差 約500m
 歩行距離 4.5Km
 登り時間 1時間43分
 下り時間 1時間36分
 百名山等 日本二百名山



【私見評価】
 体力度★★☆☆☆  ワカン・スノーシュー入門として最適
 危険度★☆☆☆☆  危険箇所はありません

高鷲スノーパークスキー場からゴンドラに乗ります。
高齢化社会を忘れたかの様に、スキー場は若い人達で賑わっていました。
駐車料金1000円は高い(>_<)



ゴンドラ降り場を後にして、登山開始です



大日ケ岳の山頂が見えてきました



山頂付近まで来ると、白山が顔を出します
いつも見ている石川県側から見る白山の反対側からの白山ですが、やはり優美で美しい日本を代表する山だと思いました。



大日ケ岳の山頂です



山頂からの白山です。
あまりにあっけなく山頂に到着したので、天狗山まで行くことにしました



北アルプスの山々も一望できます



天狗山までの途中で、お腹が空いたので本日の山メシ「星山ホルモン鍋」にしました。
コッヘルに星山ホルモン500gを入れます。(水やお湯は入れません)



スーパーなどで売っている100円程のカット野菜を入れます(もやし、キャベツ、人参、シメジ)



そのままバーナーで煮込みます。
お汁は、野菜から出る煮汁です。
味付けも何もしません。
この煮汁の美味しさは格別でした。
簡単で、誰でも調理できるので山メシに最高だと思います。



昼食の後、大日ケ岳へ登り返します。
大日ケ岳の山頂は黒山の人だかりです。
こんなに簡単に、そして大絶景が楽しめる大日ケ岳は人気の山でした。



御嶽山と乗鞍岳です



ゲレンデが混雑していたのでゴンドラで帰ることにしました



そこに金色のゴンドラが現れました。
金ぴかと言えば、トランプ大統領です。
私は勝手に「トランブゴンドラ」と名付けました



ゴンドラの天上には、「アメリカファースト」ではなく「金運大吉」とありました



帰りに「湯の平温泉」に寄りました
通常600円ですが、HPから割引券を印刷すると500円で入ることが出来ます。
お風呂に入ってビックリ!お湯がヌルヌルというかツルツルと言うかとても凄いお風呂でした。
ナメコ汁に入っているようでした。
この系統のお風呂がお好きな方は、是非お入り下さい。
帰りの道路からの白山です。
どこから見ても、やはり美しい山です。



大日ケ岳は、ワカンやスノーシューの入門コースとしておすすめします。
08:37 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2017/01/27

荒島岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
荒島岳(1523m)個人山行報告

2017年1月26日(木) 快晴

参加人数 4名

コースタイム
集合6:30-勝原登山口8:24-旧リフト跡9:20-シャクナゲ平(ショートカット)10:58-荒島岳12:24(休憩)12:44-シャクナゲ平13:54-旧リフト跡14:53-勝原登山口15:18-解散17:10

【山行概要】
福井県大野市の荒島岳に、勝原登山口から往復しました。ワカンを使用しました。アイゼン、ピッケルは不要でした。
登山口は除雪してあり、車を駐めることが出来ました。



【山行データ】
20170126荒島岳GPS軌跡.gdb
 標高差 1200m
 歩行距離 9Km
 登り時間 3時間59分
 下り時間 2時間34分
 百名山等 日本百名山



【私見評価】
 体力度★★★★☆ 積雪時の標高差1200mには体力が必要 
 危険度★★★★☆ もちが壁の急登箇所は注意を要する

勝原登山口に向かう途中です。
ダイヤモンド荒島と霧で幻想的な風景でした。
天空の城として有名な大野城も美しかったのではないかと思いました。



勝原登山口は除雪も行き届いていました。
快晴の中出発しました。



トトロの木です



最初は林の中を進みます。
とても美しい風景ですが、気温が上がると雪が落ちてきて地獄と化します。



森林限界を超えると白山を見ることが出来ます



急登のもちが壁を過ぎると、尾根歩きです



荒島岳山頂が見えてきました



山頂です



山頂からは御嶽山や乗鞍岳を見ることが出来ました



御嶽山を望遠にしてみました。まだ大きな噴煙を上げています



林の中を快調に下山しました



ここでヒヤリハットが・・・・



左にカーブしている箇所でオーバーランをして道から外れそうになりました。
直ぐに変だと気が付いて、GPSを確認して事なきを得ましたが、そのまま気が付かないで直進をしていたら
大変な事になるところでした。
ワカンの下りはトレースの無い新雪の箇所を下る方が気持ちが良いのでトレースから外れやすいことを
心掛け、地図とコンパス、GPSなどを駆使して間違わないようにしなければならないと思いました。
九頭竜川が見えてくれば、登山口は直ぐ近くです



例会などでもお馴染みの荒島岳ですが、冬の荒島岳の美しさは格別です。
是非登られることをお勧めします。
ただし、標高差などからそれなりの体力ともちが壁の急登の上り下りがありますので、ワカンの慣れが必要です。
06:39 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
12345