オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人
訪問者数4287238




































 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2022/07/04new

赤岳(八ヶ岳)個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
赤岳(2899m)個人山行報告

2022年7月2日(土)~3日(日)

【山行概要】
八ヶ岳山系の最高峰赤岳に、美濃戸登山口-赤岳鉱泉-行者小屋-(地蔵尾根)-展望荘(泊)-赤岳山頂-(文三郎尾根)-行者小屋-美濃戸登山口ルートで行ってきました。



1日(金)昼の12時に集合-茅野市のビジネスホテルに16:00着(途中でTURUYA茅野店に寄りました)
3日(日)20時に金沢着
金沢-美濃戸登山口まで約4時間程度をみておけば、目安になります
(東海北陸道-高山市-松本市経由)


金曜日の昼に金沢を出発して、地元で人気のあるスーパー「TURUYA茅野店」に寄り買い物をしたあとビジネスホテルに宿泊しました。
県民割で3000円払い、2000円分の商品券をもらったので、夕食の居酒屋で使いました。
実質1000円で宿泊できたので、テント泊よりも安かったと思います

朝5時にホテルを出て、運が良ければ八ヶ岳山荘の駐車場まで行けるかなと思ったのですが、すでに駐車場は満車で
約1時間林道を歩きました。


手つかずの大自然の苔が美しいです


赤岳鉱泉へ川沿いを登ります


赤岳鉱泉です。広いテント場がありました。


ロッククライミングの大同心の岩場です


絶滅危惧種で大変珍しい、ツクモグサです


行者小屋に向かう途中から雷雨になり、しばらく行者小屋で避難しました。
行者小屋から地蔵尾根を登りました。
地蔵尾根は大変急峻な岩場です。


地蔵尾根の途中と横岳からのルートと交わる箇所にお地蔵さんが設置されていました。
なかなかイケメンのお地蔵さんです。




地蔵尾根の上部からは今晩泊まる展望荘と赤岳山頂付近を見ることができました


展望荘の夕食です。バイキングはコロナで中止しているようです。


そして偶然にも地蔵祭と重なり、じゃんけん大会で私達のメンバーの一人が特賞の無料宿泊券をゲットしました。


赤岳展望荘前からのご来光です


この写真を見ていたら、ダウンにニット帽の人と半袖Tシャツの人が同時に写っています。
人間の体感は違うのだなぁと感心しました。
もちろん、大変寒くてダウンジャケットにニット帽が正解だと思います。


モルゲンロートです


虹もかかってきました。


彩雲を見ることができました。空気中の水蒸気が多くて天気は下り坂になります。
そのとおり、途中から雨の下山になりました。


展望荘の朝食です。山小屋にしては豪華です。


いよいよ赤岳への登りです。
斜度は医王山のトンビ岩レベルです。
落石の可能性が高いので、ヘルメット装着をお勧めします。


空気が薄いのでヒイヒイ言いながら、赤岳山頂に到着しました。
カメラのシャッターを頼まれた団体は、神奈川県の労山所属山岳会でした。
楽しい人たちでした。


天気は明らかに下り坂でしたが、幻想的な風景でした


キレット分岐から文三郎尾根のこの岩稜帯を下ります。


急斜面も優しいお花で癒されました


雨の文三郎尾根は滑りやすくて、滑らない様に慎重に下りました。


そして行者小屋から神秘的な森を下り美濃戸登山口に戻りました。


赤岳など南八ヶ岳は、北八ヶ岳とは全く違った岩稜帯の厳しさがあります。
登山者は、女性も男性も爽やかな若者が多くて、気持ちよかったです。
12:23 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2022/06/27

個人山行報告 クズバ山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

ク ズ バ 山 1876m  富山県上市町
2022年6月26日(日)  曇り時々晴れ

参加人数 5名


【山行概要】
 この時期天候としてはパッとしない梅雨、昨日からの平地の気温は35度、でありながらも気持ちは山に向きます。
今回の山はカタカナ名で珍しく、空模様など問題ではなくとりあえず山を歩くことです。
 早月川支流の立山川と小又川の間の尾根中ほどにある山で、
本日の目的は山頂からの剱岳を見ることでした。

山頂からの眺望は早月小屋さんも見えましたが、剱岳山頂はほんの少し雲がかかり微妙な雲の動きで全容とはいきませんでした。
しかし剱岳の右方には奥大日岳、大日岳、左方には赤谷、猫又などは見えました。振り向けば眺望良く富山平野、富山湾、
能登半島と感激でした。

 山歩きとしては、登山道は樹木の繁茂で日影が多く、急登の連続もありますが、ロープも張ってあり、手足を使いゆっくり
行けば問題なしでしょうし、途中少し虫は出ていました。山頂はそんなにも広くはないが7~8名の登山者で賑わっていました。
 山頂の昼食時はお陽さんが出ており暑いくらいでした。全般的には急登などあり変化があり山を楽しめました。

 

コースタイム

集合場所 500 →馬場島駐車場 63045 東小糸谷 700 中山分岐755

クズバ山 10201110 → 中山分岐 1300 → 東小糸谷 1345 →馬場島駐車場 140015

解散場所 1540

 

平面距離     7.6km

沿面距離     8.3km

記録時間       07:24:53

最低高度       744m

最高高度       1871m

累計高度(+)   1,259m

累計高度(-)   1,252m

消費カロリー  2042kcal


赤い線を歩きました



クズバ山高低図 



馬場島スタート 0645



分岐  0755


急登  0840



富山平野、富山湾、能登半島  0850



綺麗な花  0926



綺麗なお花  0930


クズバ山々頂 1050


剱岳の左側の山々 1054



クズバ山々頂からの富山湾や早月川



クズバ山々頂にて 山頂からの剱岳、早月小屋さん  1110


クズバ山々頂 手前振り返る 1115


下山直後の急登 1115


倒木に苦戦  1134


珍しい  1250


ほぼ下山、ここから駐車場まで歩いて15分  1344



馬場島到着 1400
                                   
                                     以上


20:50 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2022/06/19

根子岳・四阿山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

根子岳2207四阿山2354

― 満開のレンゲツツジを見に行く ―

 

実施日 2022618()

参加者 4

コースタイム

集合4:00→金沢森本IC→須坂長野東IC→菅平牧場Ⓟ7:207:45…根子岳9:209:30…鞍部10:00…分岐10:4511:35(昼食)…四阿山12:00…分岐12:15…菅平牧場Ⓟ14:0014:30→関谷温泉(入浴)→須坂長野東IC16:00→金沢森本IC→集合場所19:10

 

 信州上田・菅平牧場のレンゲツツジが満開との情報に引き寄せられて見に行ってきた。

「菅平牧場つつじ祭り」ののぼり旗が並ぶ駐車場から三三五五、登山者が山を目指して行く。私たちも牧場から根子岳に登り、一旦鞍部に降りて四阿山に登り返し、牧場へ戻る毎度おなじみの周回コースをたどった。山裾は濃いオレンジ色のレンゲツツジの花が今まさに最盛期だ。牧場のホルスタインは毒のあるレンゲツツジを口にしないとかで、花は保たれ、周辺は牛と花と緑が織りなす色彩のコントラストが楽しめた。

 白樺林を抜けてなだらかな登山道を行くと根子岳山頂に着く。石の祠が強い風にさらされていた。奇岩の「鬼遊びの庭」を通過して早々に草原状の鞍部まで下りた。ここから振り返る根子岳は絵になる風景である。今度は樹林の急登を300メートル登り返す。土がえぐれ、宙に浮く木の根が待ち受ける難儀な道だが、ここを登りに取って正解だった。逆回りだと倍疲れそうだ。分岐に出たところに多くの登山者が憩っていた。私たちも腰を下ろし、ゆっくり食事をしてから四阿山まで足を伸ばした。視界はいまひとつだったが、山頂にも若い人が大勢休んでいて、百名山でもあるこの山の人気の程がうかがえた。

 下山路は深い白樺林の中を通る。レンゲツツジが新緑に映えてことのほか美しい。菅平牧場の南側の柵に合流すると、朝とは別のグループの牛たちがのんびり草を食んでいた。飽きもせず4回目の登頂を果たした筆者はだんだんこの山の良さが分ってきた。牧場売店で食べるソフトクリームの濃厚なおいしさは今回もまた格別であった。









先ずは牛に挨拶して・・・


菅平牧場といえばレンゲツツジ


牛と花とのコントラストがきれいだ (中腹の東屋から)


鬼遊びの庭より見下ろす鞍部と目指す四阿山


鞍部より見上げる根子岳がいい感じだ


樹林の急登を登り返す


四阿山山頂は群馬県嬬恋村にある。フォークの聖地の「つま恋」は静岡県掛川市のリゾートで同音異義語だった

シラカバ林の中に今年も咲いたレンゲツツジ                                          FIN
10:59 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2022/05/24

竜ヶ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
竜ヶ岳(1099m)個人山行報告

2022年5月23日(月)

【山行概要】

三重県いなべ市の竜ヶ岳に、宇賀渓キャンプ場から金山尾根を登り遠足尾根を下りました




集合5時 解散 18時



今回の山行の目的は「白い羊」を見に行くことでした
竜ヶ岳の白い羊とは、山頂付近のシロヤシオの花が放牧された羊の様にみえることから「白い羊」と言われています。
秋にシロヤシオが紅葉して「紅い羊」に変身します。
しかし残念ながら白い羊の花びらは、前日の強風で散ってしまっていました。
天皇家の愛子様のお印は「ゴヨウツツジ」でシロヤシオの別名です。


白い花びらです


白い羊は数匹しか見ることができませんでしたが、なだらかで優しい山容は女性に人気があるらしくて、女性の登山者が多くみられました


今回は、金山尾根を登りました
このルートはなかなかワイルドです




写真を撮り忘れましたが、数カ所岩登りもあります
樹林帯から竜ヶ岳が顔を出します
1100mの標高で、森林限界を超えるのはお得感一杯の山です


山頂はなだらかで絶好の食事場所ですが、この日は風が強くて少し下がったところで昼食にしました


白い羊さんの正体の、シロヤシオです


アップするとこのような花です


この解放感がたまりません


写真では分かりませんが、左の方に名古屋市の高層ビルを見ることができました
伊勢湾もみることができました


セメントの原料として削られて、痛々しい藤原岳です


金沢西ICから約3時間で登山口の宇賀渓に行くことができます
鈴鹿山系には、北アルプスにはない魅力があります。
次回は、赤い羊を見るために、紅葉の時期に竜ヶ岳に行きたいです。
秋には鈴鹿名物の「ヒル」もいなくなっていると思います。
山頂で北海道名物の「松尾ジンギスカン」を焼いて食べたら最高だと思いました。
07:28 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
2022/05/16

十石山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
十石山(2525m)個人山行報告

2022年5月15日(日) 高曇り


【山行概要】
長野県の十石山に、白骨温泉登山口から往復しました



集合 5時  解散 18時15分


【残雪期の登山道について】

残雪期の十石山の山頂付近は一面の雪面です
前日までの雨でトレースもかなり消えていました


道迷いをした箇所のGPS軌跡です
まっすぐ直登していったら目的地の避難小屋から離れていきました
そこで小屋まで行こうとすると、山頂付近は雪がなく藪が出ていました。
地獄の藪コギをした結果、精魂尽きはてました(泣)
この時期に十石山に登るときには、赤布が途切れて森林限界を超えたあたりから、雪面をトラバースして
小屋まで行くことをお勧めします。


十石山駐車場は数台しか停めることができません。
先に停まっていた多くの車が、避難小屋を開けるために登られた地元の方々でした


曇りの天候でしたが、白樺の新緑が本当にきれいでした。


2000mくらいから雪が出てきました。


赤布とスマホのGPSを頼りに進みます


穂高が顔を出してきました


上部は雪がべったりと付いていました


最後まで登ったために道迷いをしました


スマホ画面などから、やはりおかしいと気づいて引き返しましたが、ここから見た乗鞍岳は最高に迫力ありました


穂高、焼岳、上高地などを見ることができました。


左側の凹みは北沢峠あたりでしょうか。そこに薄く富士山を見ることができました。
(肉眼でははっきり見えましたが、写真にはかすかに写っています。)


十石山は展望は良いのですが、お花の少ない山です。イチリンソウでしょうか?


十石山は例会などでも何度も登っていますが、残雪期は初めてでした。
標高差1000mを超えますが、危険個所はなく登りやすい山です。
08:29 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)
12345