オンラインユーザー26人
ログインユーザー1人
訪問者数2471731

















 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2018/04/23new

会間交流登山(オンソリ山周回)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
日時:2018年4月22日(日) 晴天
参加:4名 県連所属各会41名
コースタイム

路上駐車(白山里)740→登山口810→ハチブセ山1030→笈山1150→オンソリ山昼食(12201315)→下山口(瀬浪キャンプ場)14151430→駐車場所1500(解散)

石川労山恒例の会間交流登山に会員4名で参加しました。集まった県連会員は驚きの41名。初夏と思われるような晴天と気温になった登山日和です。
ルートはハチブセ山~笈山~オイソリ山周回コースとオンソリ山ピストンコース組に分かれての登山。ハチブセ山までは急登が続きますが、その後は眺望の良い稜線歩き(素晴らしい白山が望めます)。
オンソリ山からの下山口(瀬浪キャンプ場)近くに日本一と言われるカタクリの大群生地で満開の時期が過ぎていますが、斜面一面に咲いていました。

 周回距離:約7.8km 登山口~ハチブセ山の急登高低差約580m


1 ハチブセ山への駐車場はなく路肩駐車。カタクリの時期の瀬波キャンプ場への通行はできないとこのと。オンソリ山は瀬浪キャンプ場が登山口になります。
2
石川労山の各会から多くの参加者(朝礼)。地元「白山瀬浪の会」の世話人から村落の活性化に取り組み、
オンソリ山周回登山道整備もその一環で取り組んでいる話を聞く。参加ボランティア募集とのこと。
3
炭焼き小屋の横を通り登山口に向かう(ハチブセ山へ)


瀬波川のつり橋を渡る「揺れます」

4
樹林帯の急登が続きます6

樹林帯を抜けると不思議な石柱(ナガルの竪岩)視界が開けました

7
新緑が眩しく美しい
8

新緑の間から白山の姿が望めます
9

ハチブセ山を望む
10
ハチブセ山の標識(「キャムラン山の会」が取付)
11
霊峰白山が美しく姿を見せている
12
痩せ尾根であるがよく整備された稜線歩きが続く
13
笈山山頂?標識等目印がない?が眺望が素晴らしい
14
周囲の眺望は感激もの
15
シャクナゲが咲いている中を歩む。
16
オンソリ山山頂

17
山頂は広く平、残雪が残っている(大人数での昼食タイム)
18
山頂周辺にはまだ残雪(白山を望む)
19
帰路(急坂が続くがよく整備されていた)
20
カタクリの群生地(キャンプ場から少し登った地点の斜面)
21
下山口(瀬波キャンプ場)
22
雪解けに水で瀬波川は増水
23
林道を歩く(通行止め)
24



08:10 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2018/04/21new

唐松岳(途中まで)個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
唐松岳(途中まで)個人山行報告

2018年4月20日(金)快晴

参加人数 4名

コースタイム
金沢5:00-八方池山荘発8:52-八方山・公衆トイレ9:28-八方池9:46-丸山ケルン11:17-次のピーク11:27-丸山ケルン11:39-途中で昼食11:50~12:38-八方池13:28-八方池山荘14:30-金沢17:45

【山行概要】
長野県白馬村の唐松岳に八方山荘までゴンドラとリフトで上がり、そこから丸山ケルンの次のピークまで往復しました


【山行データ】
20180420唐松岳GPS軌跡.gdb
 標高差650m 
 歩行距離6.6Km 
 登り時間3時間19分 
 下り時間2時間15分 


天気予報は快晴なのですが、唐松岳山頂の風速が20mの予報でした。
八方池山荘までは、ゴンドラとリフト2回を乗り継ぐのですが、ゴンドラ売り場では「風が強いので運休になる可能性があるため、通しのチケットは売れません」と言われました。

八方池までのルートはすでに雪解けが進み、階段が現れていました。


これから進む、八方尾根です


八方池です。八方池はまだ完全に雪で埋まっていました


このような雪面を見ると、春を感じますが雪崩に注意です。
今回も、昼食を食べていると、近くの急峻な岩場で地響きがして雪崩が発生していました。


丸山ケルンに向かってひたすら登ります


4年ぶりに唐松頂上山荘まで行く予定でしたが、丸山ケルンから上部は風が強く、時々飛ばされそうになったので、
山荘直前のナイフリッジを渡る度胸がなくなり、ゆっくりと絶景を楽しみながら下山することにしました


私の大好きな山、五竜岳です。本当に男前な山です。今年も登るぞ!


白馬鑓ケ岳と天狗の大下りです
私のカメラでは、これが最大の広角です
物凄い迫力で迫ってきます


丸山ケルンと、火打山などの山です。黄砂なのかPM2.5なのか春霞なのか分かりませんが、快晴にもかかわらず霞んでいました


まだ白い毛をした雷鳥が現れました。
人を恐れないので、写真撮影のために3mくらいまで近づいても逃げようとしません。
男の子なので「唐松の雷太」君と名付けました。顔が優しくて、少しオカマ風のイケメン雷鳥です。




途中で引き返したので、時間的な余裕もありゆっくりと絶景を楽しみながら下山しました。
時々雪を踏み抜き、歩きづらかったです。
GWに登られる方は、ワカンやスノーシューがあると良いと思います。


それにしてもこの絶景です。
GWに行く山に迷ったら、唐松岳がお薦めです。
写真中央の双耳峰の山は鹿島槍ヶ岳です。


これで3回、積雪時の唐松に行きましたが、ベストシーズンは3月かもしれません。
1月は冷凍人間になるかと思うほど寒く、4月は雪が緩んで歩きにくいです。
06:10 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2018/04/02

放山~空沢山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
放山(1190m)~空沢山(1420m)
2018年4月1日(日) 晴れ

参加人数 6名

コースタイム
集合6:00-シャルマン火打スキー場8:00-リフト降り場8:42-放山9:42-空沢山11:56(昼食)12:42-放山14:20-シャルマン火打リフト降り場15:05-(入浴)-解散18:30

【山行概要】
新潟県糸魚川市のシャルマン火打スキー場リフト駅から、放山(はなれやま)~空沢山(からさわやま)を往復しました。

【山行データ】
20180401空沢山GPS軌跡.gdb
 累積標高差 約900m
 歩行距離 10km
 登り時間 3時間14分
 下り時間 2時間23分


シャルマン火打スキー場のリフトを利用します。
スキー場に所定の登山届の提出とパトロールに入山と下山の報告が求められます。



スキー場から尾根を進んでいきます。


放山に着きました
山頂には何もありませんが、これから進んでいく尾根が続いています


雪庇にくれぐれも注意です


この尾根はアップダウンが多くて疲れます


空沢山に近づくと傾斜がきつくなってきます。


このルートには夏道がなく、積雪期専用です。


最後の登りです。
写真で見るより急登です


空沢山からの火打山です


焼山が至近距離で見れます


熊が歩いていました
熊がこちらをガン見してから谷へと進んでいきました。
1400m地点ですでに、熊は活動を始めています。クマ鈴など対策が必要だと思いました。


日本海方面です


空沢山は、この地図からも多くの山の展望台であることがわかります


鉾が岳と権現岳です


それにしても、超絶景です


下っているのは熊ではなく人間ですが、身体能力は熊以上です


帰りに柵口温泉「権現荘」の日帰り入浴に寄りました。
500円でJAFやモンベルカードを提示すると400円になります。
ポカポカと温まるとても良い温泉でした。
この方面に行かれる方にお勧めします。
露天風呂もあり、きれいな施設で大満足でした。
07:41 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/03/27

野伏ケ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
野伏ケ岳(1674m)個人山行報告

2018年3月26日(日) 快晴

参加人数 4名

コースタイム
集合6:00-白山中居神社8:23-野伏ケ岳12:25(昼食)12:56-白山中居神社15:41-解散18:50

【山行概要】
野伏ケ岳(のぶせがたけ)は、岐阜県白鳥町と福井県大野市境の日本三百名山。
今回は登りルートと下りルートを違わせて周回しました。


右に膨らんだルートが登りに使ったルートで、直線的なルートが下りに使ったルートです。
登りルートは、長い平行移動のあと急登します。(一部雪崩の危険性もあるように感じました)
安全面を考えると下りルートをお勧めしますが、登りルートの展望の良さも捨てきれません。
今回、下りルートには明確なトレース跡がなく、一か所で道に迷いましたが、磁石式のコンパス、スマホのGPSアプリ(地図ロイド)、
以前登った時のGPS軌跡データを駆使して下山することが出来ました。そのため、確認しながら下山したので時間がかかりました。
夏道ルートがなく冬山限定の山に登る時には、磁石式コンパスとGPSなどのへの準備の必要性を実感しました。

【山行データ】
20180326野伏ケ岳GPS軌跡.gdb  (一部道迷いをしているので、ご注意ください)
 標高差 約1000m
 歩行距離 12km
 登り時間 4時間2分
 下り時間 2時間45分

雪解けが進む、白山中居神社付近の川です


午前中の雪は締まっていて歩きやすかったのですが、気温が上がった午後はかなり柔らくなって、私はワカンを使用しました


目的の野伏ケ岳山頂方面です


別山など白山山域の山が顔を出しました


長い平行移動の後、尾根に直登します。
気温が急激に上がる時には、雪崩が心配な個所です。


無事に尾根に取付きました


野伏ケ岳は、白山の至近距離にあるために、迫力ある白山を見ることが出来ます


山頂まであと一息です


山頂からの荒島岳です。ここから見ると、なかなか男前の山です


雪解けが進んでいました。春を実感する風景です。


それにしても、この迫力はたまりません
この風景を見ながら昼食(カップ麺)を食べました。


遠くに見える、右が御嶽山、左が乗鞍岳です


雪面に太陽に光が反射してきれいでした。
私事ですが、日焼け止めクリームを忘れてしまい、顔がヒリヒリしてきました。
ツラの皮の厚い人が羨ましいです


前回登った時には、天候がイマイチでしたが今回は文句なしの快晴でした。
距離も長く、冬限定の野伏ケ岳なので、ルートファインディングスキルが必須条件の山です。

07:20 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2018/03/26

個人山行:飯綱山(1,917m)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告:飯綱山いいづなやま1,917m)長野県
日時3月24日(土)

天候:晴れ☀ 参加4名

コースタイム

金沢5:30--一の鳥居駐車場8:40--登山口9:00--駒つなぎ10:00--天狗の硯10:30

--南峰11:10--飯綱山11:25~12:15--駒つなぎ13:00--登山口13:30--

一の鳥居駐車場13:45--金沢16:50

 

ヤマレコを見ていて、私の大好きな「飯綱山(飯縄山)」が冬でも人気の山でたくさん人が入っていると知り、
どうしても行きたくなりました。これが最後の雪山になるかも。(人生でなく今年度です!)

当日は良い天気で、北陸道から上越ジャンクション曲って上信越道に入ってからは「オオ―ッ!ワオーッ」と全員うなりっぱなしで、
ドライブだけでも景観が楽しめる道程です。

車道に雪は全くありません。しかし歩き始めから20㎝程あり、やはり雪山です。

この飯綱山の南登山道は距離的には一番短くてポピュラーな登山道です。

要約して言うと、緩やか・急登・緩やかです。真ん中の急登は夏道だと道をジグザグにして傾斜を加減していますが、冬は「直登」になります。
‥で一部ロープを頼らねばちょっと‥という箇所があります。しばらくですから、見栄を張らずにロープつかんで行きましょう。

終始ツボ足で行っている人もありましたが、我々は過去の経験で学習し、ワカンとアイゼンを携帯しました。

急登から先はアイゼンが有効でした。安心感と足の疲れが違います。道具は適所で使いましょう。

お腹空いて燃料切れ寸前に、素晴らしい後ろ立山連峰+槍穂などがズラズラ見えて感動!

南峰から一度少し下り、登り返して頂上です。360度の展望。戸隠・高妻・焼山・妙高、白馬から槍穂まで、
四阿山・浅間山、運が良ければ富士山も見えるそうです。
3時間かけて来ても価値ある山行でした。いい休日になりました。


地図                               グラフ


登山口に向かう途中、新井パーキングから見た妙高山、男らしくて好きなタイプ


 駐車場、広くて50台程度可、ただ下がドロドロなので車が汚れる

 

歩き出しでこの程度の雪

 

目指す飯綱山 頂上は見えない

 

登山口、 ちなみに登山口にも5~6台停めるスペースあり、我々は「山の会」のプライドを持って20分歩きました

 

13体の仏像があります 雪道のせいか7~8個しか見つけなかった

 

駒つなぎから先は急登になります、必死こいてロープに繋がっていたので写真なし 

大分登って振り返るとあぁ~っ! 北アルプス(厳密にいうと後ろ立山と北アルプス)

 

お腹すいた、 でも頑張る


 もう少しで南峰です

 

南峰の鳥居はこのくらいの埋まり

 

左から高妻・焼山・火打・妙高(前に黒姫が被さっている)

私、北信五岳制覇してます(妙高・戸隠・黒姫・飯綱・斑尾)コホン!

 

頂上へ行ってごはんにしましょ 一旦下ってまた登る

 

飯綱山頂上

 

左から鹿島槍・五竜・唐松・白馬 手前中央ののツンとした山は「一夜山」と聞きました

 

ちょっと映像不鮮明ですが、穂高・槍(中央先端黒い)

 

四阿山・後ろが浅間山

 

左から白い山は浅草・守門 谷川連峰 真っ白なのが越後三山だと聞きましたが 本人に確かめていないので…

 
戸隠と高妻山


あんまり温かくて展望が良いので長居し過ぎた 下山

 

急登箇所はロープで慎重に

 

下山途中で誰かが作ったミニ雪だるま 〇〇パイが付いて、なんとまぁお茶目

 

下山 今日も良く遊んだね


 ちょっと遠いですが、晴れれば展望は最上級です。雪の時期がこんなに素敵とは初めて知りました。また来たいと思う山でした。 END

 


00:20 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
12345