オンラインユーザー63人
ログインユーザー0人
訪問者数2721423
















 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2019/01/14

上高地散策個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
上高地散策個人山行報告

2019年1月13日(日) 快晴

参加人数 8名

コースタイム

集合6:00-平湯8:30-バス乗車8:50-釜トンネル9:00-上高地トンネル出口9:43-大正池10:11-田代池10:38-田代橋10:56-河童橋11:47(昼食)12:42-ウエストン碑13:13-上高地トンネル出口14:10-釜トンネル14:42-バス乗車15:20-解散18:00



【冬の上高地攻略法】
・金沢森本IC付近に6時集合すると、平湯バスターミナルに8時30分頃到着
 (福光IC-飛騨清見IC間高速利用、飛騨河合PAでトイレ休憩、コンビニで朝食含む)
凍結などしていなければ、バスは8時50分発なのでちょうど乗り継ぎが良い
・河童橋から中の湯バス停への下りは約2時間なので、15時20分のバスに乗るには、余裕を見て13時10分くらいに河童橋を出発すればジャストタイミング

平湯バスターミナルから中の湯までのバスは上高地に行く登山者でほぼ満席でした。
私は20年ほど前から冬の上高地に毎年行っていますが、年々登山者が増えているように感じます。やはり、上高地は冬が一番美しいと思います
上高地トンネルが出来たおかげて、以前は雪崩の危険性のあった区間も、トンネル通過で安全になりました


穂高が見てきました。感動の瞬間です


ズームしました


上高地の雪だるまです。


この様な風景は、キンキンに冷えた空気の中でみると更に美しさがパワーアップします


大正池からの焼岳です


焼岳のズームです


遊歩道を河童橋に向けて進みます


田代池です。冬の上高地に行ったなら、ここは外せない絶景ポイントです。


余りの美しさに個人山行ですが集合写真を写しました(会員専用ページに入れてあります)


梓川沿いに進むと、穂高がだんだんと大きくなってきます


河童橋についたら、さっそく昼食です(大根をおろす人もいます)


デザートはマシュマロの直火焼きです。これがおいしい!!


満腹になったので、河童橋を渡って帰ります


河童橋からの定番ショットです。


ウエストン碑ちかくからの霞沢岳、六百山です。


平湯からのバスの状況から、大人数の団体は周りの迷惑となります。
なので、冬の上高地散策を例会にすることは困難だと思いますので、会員専用掲示板での募集もあったように、誘い合わせて個人山行で行かれることをお勧めします。
それにしても、「美しい!」それ以外の言葉がありません。
06:04 | 投票する | 投票数(18) | コメント(0)
2018/11/26

富士山展望山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
富士山展望個人山行報告
~山もキャンプ場も富士山展望フルコース山行~

三ツ峠 (1764m) 11月23日(祝) 晴れのち曇り 本栖湖キャンプ場泊
竜ケ岳 (1484m) 11月24日(土) 晴れ     ふもとっぱらキャンプ場泊
大菩薩嶺(2057m) 11月25日(日) 快晴

参加人数 8名


23日(祝)

金沢から高山市、松本市経由で約5時間30分かけて本栖湖キャンプ場に行き、テントを設営しました
キャンプ場はとても広くて、参加者のテントが並びました。


三ツ峠に向かう途中の西湖からの富士山です


三つ峠地図


山行データ




【コースタイム】
駐車場12:41-木無山13:44-三つ峠(開運山)13:56-木無山14:33-駐車場15:20

太宰治の富嶽百景の舞台でもあり、開運に恵まれるといわれる三ツ峠ですが、山頂に着いた時には残念ながら
お目当ての富士山は雲がかかり、また逆光なので富士山の良い写真を取ることが出来ませんでした。


木無山からの山頂です


三ツ峠から下山して、テント泊しました。

24日(土)

翌朝は寒波が入ったのか、テント場近くの本栖湖は「湯けむり温泉」でもあるかのような、湯気が上がっていました


竜ケ岳の地図


山行データ




【コースタイム】
登山者用駐車場8:32-竜が岳11:02-端足峠11:43-本栖湖12:42-登山者用駐車場13:27

本栖湖キャンプ場から出発です


本栖湖から登ってきました


登山道の途中にある展望台からの富士山です


石仏を過ぎると山頂はもうすぐです


竜ケ岳山頂です。富士山が近い!


山頂からは、1位富士山、2位北岳、3位間ノ岳、6位悪沢岳、7位赤石岳を見ることが出来ました。
それにしても素晴らしい絶景です


キャンプ地のふもとっぱらキャンプ場です
素晴らしいキャンプ場でした


今回は、円陣スタイルでテントを並べました。
夜はキムチ鍋とワインと日本酒と焼酎で乾杯しました



25日(日)

毛無山のモルゲンロートです


富士山からのご来光です


テントを撤収した後、大菩薩嶺に向けて出発しました
大菩薩嶺の地図


山行データ




【コースタイム】
駐車場発9:35-ロッジ長兵衛9:39-福ちゃん荘10:04-雷岩11:03-大菩薩嶺11:25-雷岩11:37-大菩薩峠12:33-福ちゃん荘13:08-駐車場13:28

福ちゃん荘です。皇太子様、雅子様 ご休憩所とありました。そのためか、甲州名物「ほうとう」が「おほうとう」になっていました。


竜ケ岳からの富士山に比べて「小振り」になりましたが、やはり富士山は日本一の山です


大菩薩嶺の山頂は林の中で、展望がありません

賽の河原を超えて、中里介山の小説で有名な大菩薩峠に着きました。
ここから福ちゃん荘までは40分ほどで到着します


名物のほうとうです


雰囲気が良くて、とても美味しいほうとうのお店でした。


今回の山行は天気にも恵まれ、迫力ある富士山を心行くまで堪能することが出来ました。
またキャンプ場での宴会も本当に楽しめました。
内容は企業秘密ですが、今回参加した新しい会員さんの「意外な本性」を知り、皆さんで笑い転げました。
キャンプは良いですよ~、何よりホテルや山小屋に泊まるより遥かに安く楽しめます。
そして夜中にテントから顔を出すと、満天の星と月明かりに照らされた富士山のシルエットが見えました。
私のカメラの腕前では、写真には写せませんでしたが、違う世界に来たのではないかと思うほど幻想的な風景でした。

※個人山行ですが、会員向けページに竜ケ岳山頂の集合写真を入れてあります
08:53 | 投票する | 投票数(34) | コメント(0)
2018/11/01

紅葉の焼岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
焼岳と紅葉満喫 個人山行報告
2018年10月28日(日)晴れ

参加人数 3名

【山行概要】

 急遽、山と紅葉を見に行きたくなり、北陸地方の週末の雨を避け、北アルプス唯一の活火山焼岳へ。
高山市に来ても空は所々厚い雲が、しかし有料安房トンネルを抜けると晴れだった。期待して中ノ湯登山口に着いたが満車、Uターンし予め目のつけたいた枯葉でいっぱいの崖っぷちに駐車する。陽が当たっているので寒くはない、車から降りますとまずは周りの紅葉の美しさに感動する。

歩き出すとあっという間に樹林帯を抜けての広場、青空が見え焼岳南峰方向がくっきりと見え大休憩です。振り向けば霞沢岳全貌がはっきりと、周りの紅葉の美しさにも見とれていました。しかし焼岳山頂方向の厚い雲が気にかかる。岩が多くなるにつれ寒さが増してきました。さらに山頂に近くになりますと硫黄の匂いがきつくなってきました。手が冷たくなってきたところに、煙の出ている近くの岩に手で触れると暖かく助かります。

休憩入れての3時間で山頂に到着しましたが、嫌がらせのように回りは全く見えなくなりました。しかし登山者が10数名はいたと思いますが、人気のある山だなと感じました。他の登山者に話を聞くとガスが消えるのを待って1時間だという人もいました。私たちは心の目で山を見ようと、あの方向はあの山だ、この山だと、想像を膨らまし楽しみました。長居は無用で集合写真をしっかりと撮ってもらい、昼食を取らず早々に下山です。

 途中、紅葉など見ながらの昼食も格別でした。今回は、道草をさせる花はないものの、各所紅葉や晩秋の山々の景色に見とれ立ち止まる道草により、例会とはひと味違ったゆったり気分の山行ができました。

 

【コースタイム】
集合場所5:30福光IC~飛騨清見IC(高速)~中ノ湯登山口8:15-8:30~樹林抜け広場10:00-10:10

焼岳山頂11:30-11:45中腹12:15(昼食)12:35~中ノ湯登山口14:30-14:40~中ノ湯温泉14:10-14:40

~飛騨清見IC(高速)~福光IC~道の駅お買い物~集合場所18:00

 

合計時間: 6時間10(休憩含む)
 

GPS軌跡


 

標高データの種類: GPS標高



焼岳 中の湯登山口の駐車状況



樹林帯を抜ける



硫黄煙 匂いがしてきた



山頂直下 硫黄の臭い  岩は暖かい



焼岳山頂



下山中 明神岳、前穂高岳が見える 奥穂高岳が少し見えた



車中から 安房トンネル出入口の紅葉


17:24 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2018/11/01

金勝アルプス個人山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
金勝アルプス個人山行報告

2018年10月30日(火)晴れ

参加人数 5名

【山行概要】
滋賀県栗東市にある金勝山ハイキングコースに、鶏冠山(491m)、竜王山(605m)を周回しました。また、天狗山の山頂にもトライしました。


【山行データ】
20181030金勝アルプスGPS軌跡.gdb



【コースタイム】
集合5:30-上桐生駐車場8:34-落ケ滝9:08-鶏冠山10:12-天狗岩11:14(昼食)12:02-竜王山12:50-狛坂磨崖仏13:34-逆さ観音14:31-上桐生駐車場14:49-解散18:40

金勝アルプスは「こんぜアルプス」と読みます。
金沢西ICから約3時間で有料(700円)駐車場に到着します。
最初のポイントの落ケ滝です


ここから北峰縦走路線を進み、鶏冠山(けいかんやま)に進みました。
鶏冠山の途中には急登などもありますが、山頂は林の中で「景観」が良くありませんので
巻道の落ケ滝線を進んで天狗岩に進むことをお勧めします。


天狗岩方面に進むと、草津市の街並みと琵琶湖を見ることが出来ます


微妙なバランスで大きな岩が乗っています。
人工的に乗せたのではないと思いますが、どうしてこうなったのか?不思議です。


天狗岩方面に進むにつれて、奇岩ともいえる、不思議な岩が出てきます
これから登る天狗岩です。


この様な変わった登山道を歩くのも楽しいです


天狗岩に登ります
花崗岩なので、岩の表面はサンドペーパーの様にザラザラしていて滑りにくく登りやすいです


山頂は意外と広く展望が抜群です


私には象のお尻の様に見えるのですが・・・


竜王山へ向かう登山道から見た、天狗岩です
人が登っているのが分かります




金勝アルプス最高峰の竜王山です


正月の鏡餅のような岩です。
ちょっと不安定な感じがしました。でも台風などにも耐えて落ちていません。


この様な岩肌をみていると、百名山の瑞牆山の様です


奈良時代に制作されたともいわれる、狛坂磨崖仏です
意外と風化が進んでいません


逆さ観音です
岩が転がって、観音さんが逆さになったようです


オランダ堰堤です。明治時代にオランダ人技術者によって作られました。
さらに、先ほどの逆さ観音がひっくり返ったのは、堰堤用の石材をとる際に、台の石に発破をかけてひっくり返ったようです。
現代なら、文化財保護とか言われそうです。


金勝アルプスは、様々なバリエーションに満ちた楽しいハイキングコースです。
標高が低いので、春か秋に登ると良いと思います。
07:29 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)
2018/10/22

中山(富山)個人山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
2018/10/21(日) 中山個人山行(富山県)
参加者:12名
天候: 晴

北アルプス剱岳を正面に望める中山(1,255m)山行。

例会山行を前日(10/20)に予定していたが、天候から、翌日(10/21)順延し、個 人山行で実施。

中山の登山口は剱岳の登山基地である馬場島にあります。(「ばんば」は山の中腹で平らな場所を意味し、早月川上流の白萩川と立山川の合流点で島のような地形から「馬場島」といわれているそうです。)

コースタイム
 集合P6:00→馬場島P7:45~7:55→登山口8:00→中山山頂(9:40~10:20)→東小糸谷経由下山口11:46→菊石12:05→剱岳登山口12:45→馬場島P12:52(解散)
1
2
駐車は、馬場島荘のある駐車場(多くの車が停まっていました)

3
登山口にある案内板


登山口から急なジグザクな道
4
立山杉の巨木が迎えてくれます。
5
大きさを見てください。
6
中山山頂(1,255m)正面が剱岳


正面の尾根が早月尾)

8


9



菊石(右)と紅葉

11
剱岳への登山口(早月尾根)訪問

12
07:12 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
12345