オンラインユーザー67人
ログインユーザー0人
訪問者数2946651





















 
個人山行報告(様々な会員が、気が向いたときに報告します)
12345
2019/08/20

甲斐駒ヶ岳・仙丈ケ岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
甲斐駒ヶ岳(2967m)・仙丈ケ岳(3033m)個人山行報告

2019年8月18日(日)~19日(月)

参加人数 5名

【山行概要】
南アルプスの甲斐駒ヶ岳と仙丈ケ岳に北沢峠から往復しました

【山行データ】
  甲斐駒ヶ岳仙丈ケ岳 合計 
歩行距離 9.4km 9.8km  19.2km
累計高度(+) 1266m 1293m  2559m
累計高度(-) 1394m 1287m 2681m

【アクセス情報】
金沢市から登山口のある北沢峠へは、東海北陸道の飛騨清見ICを下りて、国道361号線の起点である高山市から終点である長野県伊那市まで走行し、仙流荘の駐車場から南アルプス林道バスに乗り、北沢峠に行きました。
金沢から仙流荘まで自家用車で約4時間、仙流荘から北沢峠までバスで50分です。駐車料金は協力金200円のボックスがあります。
国道361号線は信号がほとんどなく、快適な国道です。


8月18日(日)曇り一時晴れ

甲斐駒ヶ岳

【コースタイム】
テント場発4:45-こもれび山荘4:58-双児山6:47-駒津峰-六方石8:03-(直登コース)-甲斐駒ヶ岳9:59-(まき道コース)-六方石11:14-駒津峰11:42-仙水峠13:03-仙水小屋13:39-テント場着14:15




前日に北沢峠のテント場でテント泊しました。
バス停から長衛小屋のテント場までは徒歩約15分です。
トイレは洋式で臭いもなくきれいで、水も豊富です。これで一日あたりの幕営料は500円。とてもリーズナブルなテント場です
また1回500円でシャワーも浴びられます。
ただし携帯電話の電波は届きません。


南アルプスは、北アルプスに比べて森林限界の標高が高く、標高2000m超えの北沢峠から延々と樹林帯を歩きます。


双児山付近からの仙丈ケ岳です。
カールがとても綺麗で、南アルプスの女王と言われる優雅さです


駒津峰からの甲斐駒ヶ岳です。
女性的な仙丈ケ岳と違って、ゴツゴツした岩山です。
色白なイケメン男子と例えればよいでしょうか
(山の団十郎という比喩もありました)


駒津峰からは岩との戦いです
途中で、直登コースと巻道コースに分かれます。
今回は、登りは直登、下りは巻道コースを選びました
直登コースは、一部足場が届きにくいところがあり、短足&股関節の固い私は難儀しました。


普通この様な個所には、クサリやハシゴ、足場用のボルトなどが埋め込まれていますが、甲斐駒ヶ岳にはクサリなどは全くなく
自分で足場を確保しての登りになります。


甲斐駒ヶ岳の山頂です


奥宮です


甲斐駒ヶ岳は北アルプスの燕岳によく似た、真っ白な岩肌です


燕岳よりもスケールが大きいです


金沢近郊の山で例えるなら、医王山のトンビ岩からクサリを取り除いた感じでしょうか。


大きな岩の間を歩きます


仙水峠からは、ゴーロ帯を歩きます。
かなり歩きにくいです


ゴーロ帯を過ぎると、静かな森林を進みます



8月19日(月)曇り一時晴れ

仙丈ケ岳

【コースタイム】
テント場発4:29-大滝ノ頭6:17-小千丈ケ岳7:09-仙丈ケ岳8:34-千丈小屋9:10-小千丈ケ岳9:54-大滝ノ頭10:40-テント場着11:53-北沢峠12:10-バス-13:00-(入浴&夕食)-解散20:30





朝からどんよりとした深い霧の中を仙丈ケ岳に進みました


展望は完全に諦めていました。


ところが山頂に近づくに連れて、青い空が見えてきました


みるみるうちに、霧が消えていきました。
奇跡を見ているようでした


山頂です


小千丈方面です


雷鳥もいました
人間を全く恐れません。


仙丈ケ岳のカールです


仙丈ケ岳にも一部この様な岩場もありますが、甲斐駒ヶ岳に比べれば、本当に優しく登れる山です。
しかしクサリなどはありません。


今回は、山頂からの大展望は残念ながら見ることが出来ませんでしたが、金沢から南アルプスまで意外と近く安く行けました。
以前は、伊那市などのビジネスホテルに前泊していたのですが、計画していただいたベテラン会員さんのおかげで
中央アルプスや南アルプスをリーズナブルに登れるノウハウを教えていただきました。
ありがとうございました。




07:26 | 投票する | 投票数(14) | コメント(0)
2019/08/18

焼岳(中尾峠コース)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
登山コース:焼岳(中尾峠コース)
日時:2019/08/17(土) 曇り一時晴れ
登山者:4名
コースタイム:

 金沢集合430-中尾登山P6:53―登山口709-白水の滝740-鍋助横手813-秀綱神社859
-焼岳小屋分岐9:15-旧中尾峠9:34-焼岳山頂(2444.3m)1035-中の湯コース分岐1047(昼食)1109
-旧中尾峠1201-鍋助横手1306-白水の滝1326-登山口1351-駐車場1405

 焼岳には中の湯コースが一般ですが、今回中尾峠コースです。登山口は、中尾温泉にあります。
(新穂高ロープウエイの近く)駐車場(登山者用)は15数台の駐車ができますが先着は6台でした。
このコースは、登山者が少ないコースで、出会った登山者は数名でした。
1.


中尾峠コース用駐車場(登山者専用)15台位可能  トイレなし 水なし

3.
登山口まで約15分 林道を歩く

4.
樹林帯を歩く(焼岳小屋分岐まで樹木帯で、風もなく暑い。又、眺望もほとんどない。)

5.
白水の滝(落差40m) 白山平瀬道のも同じ名前の滝があります。滝水の両側は硫黄によって茶色に染まっています。

6.
鍋助が滑落死したとされる鍋助横手。この場所から笠ケ岳は眺望できるそうですが、本日はみえていません。(旧中尾峠のほぼ1/3)

7.
鍋助横手から急な登りが続く

8.
ヒカリゴケの洞穴が数か所あります。

9.
秀綱神社(三木秀綱を祭る)

三木秀綱は飛騨高山松倉城主(三木自綱)の子。1585年金森長近の飛騨攻めで落城の際、落武者となった秀綱が
この地で最期を遂げる。中尾の人々により悲運の武将を祭り、道中安全と家内安全の守り神として代々護り伝えた神社


10.
焼岳小屋への分岐点(約15分で焼岳小屋に至る)、旧中尾峠までは約20分。樹木がなくなり低木・草原地帯となる)

11.
旧中尾峠(この大岩地点?)、新中尾峠は上高地ルートの分岐地点。焼岳北峰まで岩場とガレ場の急な登りが続く。中の湯コースより厳しい。

12
焼岳山頂へ向かう(急な岩だらけの登り。ガスで何も見えない)

13.
最後の急な登り(山頂近くの風は冷たくコートが必要であった)

14.
北峰山頂(2444.3m)ガスにて何も見えない。

15.
中の湯コース分岐点で昼食(ようやく北峰山頂が望めた)

16
焼岳小屋に向かう登山道が見渡せた(展望台と奥のガス部分が西穂高岳方向)

.17.
奥に穂高岳が見える(右側は上高地)

18.
地熱発電の蒸気が噴出。調査堀箇所か発電開始しているか不明(2か所あり)
(中尾温泉地区は国立公園地区に含まれていないため国の許可不要で開発調査中でNetに書かれています)

19.20

07:17 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/08/16

個人山行 薬師岳~五色ヶ原~立山室堂

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

薬師岳(2,926m)~五色ヶ原~立山室堂
—薬師岳と立山をつなぐ大スケールの縦走を経て、高山植物の宝庫をめざす—


■日時 2019年8月11(日)~8月13日(火) 晴れ
■人数 3名
■コースタイム 
【1日目】折立(07:50)・・・三角点(09:38)・・・太郎平小屋(11:50)・・・薬師峠(13:05)・・・薬師岳山荘(14:35)

【2日目】薬師岳山荘(04:02)・・・薬師岳(05:00)・・・北薬師岳(06:08)・・・間山(07:33)・・・スゴ乗越小屋(08:28)・・・スゴ乗越

(9:45)・・・スゴノ頭(10:48)・・・越中沢岳(13:00)・・・鳶山(14:55)・・・五色ヶ原山荘(15:40)

【3日目】五色ヶ原山荘(06:20)・・・ザラ峠(07:00)・・・獅子岳(8:20)・・・龍王岳(10:28)・・・一ノ越山荘(11:13)・・・室堂ターミナ

ル(12:30)

■概要
 昨年実施の薬師岳例会でご来光を見た時、薬師から立山へ続く稜線の美しさに感動。いつかあの先の景色を見てみたいという想いが、一年越しに叶った。
 2日目の行動時間は10時間。高温注意報や台風情報が出る中、長時間、しかも高低差のある行程を乗りきることができるか、挑戦的要素の濃い計画であった。事前の打合せではスゴ乗越が進退を判断するポイント地点と予想していたが、実際ここからの激しいアップダウンは思った以上に体力を消費した。(私個人の消耗が激しく、メンバーに心配をかけた。)ほぼ直登のコースなのに加え、岩場の連続で体力と神経をつかう。これにもし雨にあっていたら計画を変更しなければならなかったと思う。
 そうしてたどり着いた五色ヶ原は、さながら別天地であり、山荘では充分な癒しを得た。
 最終日には歩いてきたルートを一目で見渡せる場所に立つことができ、今回の大縦走を充実感をもって振り返った。



折立は臨時駐車場も満杯。工事車両用(?)のスペースに誘導される。ゲートでも渋滞にあい、とにかく出発点に立てたことにほっとする。


薬師峠。テン場も大盛況。


薬師岳にてご来光を待つひととき。


北薬師岳に向かって踏み出す。ひと気は少ない。


今日も暑くなりそう。


北薬師岳(2,900m)。


薬師を振り返る。


ゴールは遥か先。


このあたりは緩やかな傾斜で気持ちよく歩けていたが・・・



スゴ乗越~スゴノ頭はカメラを撮る余裕なし・・・

スゴノ頭(2,431m)から見た越中沢岳(2,592m)。



スゴノ頭を下った所に数羽のホシガラス。あ~羽が欲しい。



眼前に仁王立ちの越中沢岳。


越中沢乗越あたりはガスがかかっていた。赤い目印を頼りに進む。


五色ヶ原山荘が見え、安堵する。

 

朝の涼しいうちに出発。


ザラ峠を過ぎた登り。梯子を上り終え息を整える。


黒部湖。


獅子岳(2,714m)。


所々梯子をつかう。



迫力の龍王岳(2,872m)。


3日かけて辿った稜線。



 

室堂へ向かう途中、ケガ人がでて山岳警備隊が駆け上がっているところ。
山行の最後に気持ちの引き締まる場面であった。


05:23 | 投票する | 投票数(9) | コメント(0) | 富山県の山
2019/08/11

個人山行報告 剱岳(早月尾根)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
剱 岳(2,999m)
- 標高差2,200mを超える長大な早月尾根を登る -

【日 程】 令和元(2019)年8月9日(金)~10日(日)
【人 数】 4人
【コースタイム】
     1日目 8:00 馬場島 - 12:50 1,921m三角点 - 14:30 早月小屋
     2日目 4:50 早月小屋 - 8:20 剱岳 8:40 - 11:20 早月小屋 12:25 -  13:20 1,921m三角点 - 16:20 馬場島 
【概 要】
 4年前に個人的に計画していましたが、何と直前に急病で断念。ようやく夢がかないました。3回目の剱岳は初めての早月尾根に挑戦です。2,200mを超える標高差を歩けるかが一番の不安でした。馬場島から松尾平へはいきなり急登。つかの間の平坦のあと、木の根に足をとられながらの急登がはじまります。100mごとの標識はGPSの標高と少しずれていて注意が必要です。「早月小屋まであと1km」の標識のあと、再び急登となり、ようやく早月小屋に到着。明日登る剱岳頂上や小窓尾根の荒々しくせまる岩壁がみえます。雲海に沈む夕日も綺麗でした。
 2日目は樹林帯の急登のあと、いよいよ核心部の岩稜が続き、慎重に登ります。別山尾根よりは、やはり人も少なく、岩場も短いです。頂上からは立山や後立山連峰、槍穂、富士山もみえ、素晴らしい景色でした。下りは、岩場での登りの人とのすれ違いのタイミングが難しいです。早月小屋で昼食の後、馬場島へ下山。下りは長く、修行です。早月尾根は日帰りピストンの人や早月小屋に2泊3日でのんびり登る人など、それぞれの山行を楽しんでいました。



「試練と憧れ」まさに剱岳・早月尾根にふさわしい言葉です。


立山杉の巨木。木の根に足をとられながらの急登が続きます。

「早月小屋まであと1km」の標識のあとも急登が続き、小屋が遠い…

ようやく早月小屋に到着。水はペットボトルで、2リットル1,000円、500ミリリットル500円です。お布団の幅は狭いですが、隣との間隔があり、ゆったり眠れました。


早月小屋から遥か遠くに剱岳の山頂と小窓尾根の荒々しい岩壁がみえます。


早月小屋の前から、富山湾方面の雲海に沈む夕日が綺麗でした。


2日目 剱岳へ向かいます。大日連山と白山。他の登山者の方から、「ぽっかり浮かぶ島のような山は何?」と尋ねられました。


後立山連峰(朝日岳、旭岳、白馬三山)


岩稜が続きます。






頂上直下に別山尾根との分岐があります。別山尾根はやはり険しい。遠くに水晶岳、御嶽山、笠ヶ岳、黒部五郎岳、薬師岳がみえます。


剱岳頂上


立山と重なるように、槍穂がみえます。


蓮華岳と針ノ木岳の間に富士山がみえます。雲が噴煙みたい。


慎重に下ります。登りの登山者とのすれ違いのタイミングが難しいです。




17:47 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0) | 富山県の山
2019/07/25

白馬大池個人山行(蓮華温泉登山口から)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告  白馬大池  *蓮華温泉登山口からピストン

 


日時:2019年7月23日(火)曇り・雨・晴れ
参加者:3名

 

*白馬大池から船越ノ頭あたりまで登り、高山植物の女王:コマクサを見る。雷鳥ファミリーに会いたい。
*白馬大池テントサイト・蓮華温泉登山口 ⇆ 白馬大池 登山道の下見。
*下山後、ゆっくり蓮華温泉入浴。


上記の目的を持ち、雨が降ったり止んだりする中、レインウェアの脱ぎ着を繰り返し登りました。


コマクサ、可憐に咲いていました!
雷鳥ファミリーには会えず(お花達がきれいで足止め・晴れてきて白馬大池でまったりし過ぎて時間が押し、ハイマツ帯まで行けなかった)
蓮華温泉登山口 ⇆ 白馬大池 登山道は、急登でキツイと思う箇所は殆どなく、整備もしてあり、とても登りやすかったです。
(一箇所、崩れ落ちていて気を付けなければならない箇所あり、テン泊装備の時は、ザックに振られてバランスを崩さないようにしないと…と思いました)

中間地点の「天狗の庭」
本当に天狗の庭なんじゃないか?と思うくらい、素敵な自然のお庭でした。

登山道のお花は、天狗の庭から上の方しばらくで、いろんな種類のお花が見れました。

白馬大池手前からは、ハクサンコザクラ・チングルマ・ミヤマキンポウゲなどのお花畑で一気にテンションが上がります。

天国のような白馬大池でした。
 

活動時間: 8時間24分 
移動距離: 9.5km 
高低差: 967m 
累積標高(登り/下り): 1,037m /1,021m 


コースタイム:
集合 5:00 ― 蓮華温泉登山口スタート 07:59 ― 白馬大池山荘 11:46~12:11(昼食)― 船越ノ頭手前 ― 白馬大池山荘 13:29 ― 蓮華温泉登山口着 16:23
 

 
 ロッジ手前に無料駐車場あり
 



駐車場にきれいなトイレと足洗い場あり 



わかりやすく丁寧な登山道案内の標識



所々に道標があり、道迷いはしないと思います。
 


新しい?素敵な看板。中間地点の「天狗の庭」晴れていれば雪倉岳や朝日岳が見える。
 



こんな岩場もありました



白馬大池山荘手前のハクサンコザクラ群生。 とても可愛いくて、一気にテンション上がります。



 両サイドにチングルマ 



テントサイト。晴れてきて暖かい。まったりランチ後、コマクサに会いに行きました。

 

コマクサ激写中!(笑)  白馬大池から少し登ったところに咲いていました。


 青空が出始め、少しだけ山容が見えました



船越ノ頭が見えます。雷鳥ファミリーは諦め、コマクサで大満足し、下山。



ガスが掛かり出した白馬大池    



久々に歩く雪の感触も良かったです



大池のハクサンコザクラ群生


下山時、雪倉岳が姿を見せてくれました



 ここが一番、崩れ落ちていた箇所。テン泊装備の時は気を付けようと思いました。



所々のシラビソから天然アロマの良い香り。癒されました。 



 蓮華温泉源泉 野天風呂が遠くに。下山時、内湯のみ利用。微白濁の硫黄温泉でとても温まりました ※自家発電との事で、ドライヤーはなく、持ち込みもご遠慮下さいと注意書きがありました。


 

咲き誇っていたお花達:


 高山植物の女王*コマクサ    本当に可憐です



 優しい色調のハクサンコザクラ



タカネバラが見頃でした



ウスユキソウの仲間 



一輪だけ見れたクルマユリ 



ハイマツの赤い実


タカネアオヤギソウでしょうか? 



チングルマ群生
 


タテヤマリンドウ * 白馬大池山荘前にたくさん咲いていました



ゴゼンタチバナ。これだけ咲いていると、秋に真っ赤な実を付けると可愛いでしょうね。


ハクサンシャクナゲ



陽を浴びて、キラキラ輝いていた水滴も素敵でした。



12:46 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
12345