オンラインユーザー15人
ログインユーザー1人
訪問者数2492837


















 

2018/04/21

唐松岳(途中まで)個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
唐松岳(途中まで)個人山行報告

2018年4月20日(金)快晴

参加人数 4名

コースタイム
金沢5:00-八方池山荘発8:52-八方山・公衆トイレ9:28-八方池9:46-丸山ケルン11:17-次のピーク11:27-丸山ケルン11:39-途中で昼食11:50~12:38-八方池13:28-八方池山荘14:30-金沢17:45

【山行概要】
長野県白馬村の唐松岳に八方山荘までゴンドラとリフトで上がり、そこから丸山ケルンの次のピークまで往復しました


【山行データ】
20180420唐松岳GPS軌跡.gdb
 標高差650m 
 歩行距離6.6Km 
 登り時間3時間19分 
 下り時間2時間15分 


天気予報は快晴なのですが、唐松岳山頂の風速が20mの予報でした。
八方池山荘までは、ゴンドラとリフト2回を乗り継ぐのですが、ゴンドラ売り場では「風が強いので運休になる可能性があるため、通しのチケットは売れません」と言われました。

八方池までのルートはすでに雪解けが進み、階段が現れていました。


これから進む、八方尾根です


八方池です。八方池はまだ完全に雪で埋まっていました


このような雪面を見ると、春を感じますが雪崩に注意です。
今回も、昼食を食べていると、近くの急峻な岩場で地響きがして雪崩が発生していました。


丸山ケルンに向かってひたすら登ります


4年ぶりに唐松頂上山荘まで行く予定でしたが、丸山ケルンから上部は風が強く、時々飛ばされそうになったので、
山荘直前のナイフリッジを渡る度胸がなくなり、ゆっくりと絶景を楽しみながら下山することにしました


私の大好きな山、五竜岳です。本当に男前な山です。今年も登るぞ!


白馬鑓ケ岳と天狗の大下りです
私のカメラでは、これが最大の広角です
物凄い迫力で迫ってきます


丸山ケルンと、火打山などの山です。黄砂なのかPM2.5なのか春霞なのか分かりませんが、快晴にもかかわらず霞んでいました


まだ白い毛をした雷鳥が現れました。
人を恐れないので、写真撮影のために3mくらいまで近づいても逃げようとしません。
男の子なので「唐松の雷太」君と名付けました。顔が優しくて、少しオカマ風のイケメン雷鳥です。




途中で引き返したので、時間的な余裕もありゆっくりと絶景を楽しみながら下山しました。
時々雪を踏み抜き、歩きづらかったです。
GWに登られる方は、ワカンやスノーシューがあると良いと思います。


それにしてもこの絶景です。
GWに行く山に迷ったら、唐松岳がお薦めです。
写真中央の双耳峰の山は鹿島槍ヶ岳です。


これで3回、積雪時の唐松に行きましたが、ベストシーズンは3月かもしれません。
1月は冷凍人間になるかと思うほど寒く、4月は雪が緩んで歩きにくいです。
06:10 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)