オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
訪問者数5266749
会員外の方も買物できます

 


 














 

2023/04/30

クラシック・オートルートのスキー縦走

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

クラシック・オートルートに行ってきました

(シャモニーからツェルマットまでの総延長約120km)

「オートルート」とはフランス語で「高い道」を意味します。標高3000m以上の氷河や岩稜を主に山スキーにてアルプス山脈の山小屋に泊まりながら、フランス・シャモニー(モンブランの麓)からスイス・ツェルマット(マッターホルンの麓)の間を貫く世界を代表する山岳スキーツアールートです。


日程:
4/3
 シャモニーーグラモンテスキー場中間駅―アルジャンチエール氷河―1500パッソンのコルー1630アルベール1er小屋(フランス)

4/4 745アルベール1er小屋―1100ツールのコル―1430トリアン小屋(スイス)

4/5 645トリアン小屋―745エキャンディのコル―900シャンペー10001130ベルビエスキー場―1300ショーのコル―1400モミンのコル―1600プラフルエイ小屋(スイス)、この日高度障害等で2名離脱、シャンペへ下山

4/6 700プラフルエイ小屋―735ローのコル―920ディス湖―1245ディス小屋(スイス)

4/7 745救助ヘリにより前夜より体調不良の1名病院へ搬送、800ディス小屋―920シェベスのコル―1400ビニエット小屋(スイス)

4/8 630ビニエット小屋―850エベックのコル―1300パルペリンのコル3550m―ツェルマット1700ごろ


人員:参加者8名(私+7名)+ガイド3名(うち国際山岳ガイド1名)
   参加者のうち5名踏破



オートルート概念図


1日目の入り アルジャンチエール氷河を左に見ながらシールを付けて左岸を進む


エキャンディのコルの取り付き、急斜面に岩が露出して核心部はエグかった
ブーツアイゼン、シートラ、ショートロープ


パス・デ・シェベスは夏のハイキングコースの梯子を登る
シートラ、山スキー靴のまま、ロープ確保


氷河のクレバスを避け、ガイドが先導してここしかないというルートを滑る


滑ったら登る、登ったら滑るの繰り返し


ルート最後の登りバルペリンのコル3,550m到着、左はマッターホルン4,478mの西面


最終日 右手に氷河のセラック(氷塔)、左手にマッターホルン、フィナーレはマッターホルン北壁を右手に見ながらゴールのツェルマットへ無事下山

天気にも恵まれ、素敵なスキー縦走となりました。クラブの皆さんにも何かとご協力いただき、あらためて感謝いたします。
【Kiyohide Muto 418】


17:49 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | その他の山