オンラインユーザー99人
ログインユーザー0人
訪問者数2946221





















 

2018/10/16

個人山行 浅草岳・守門岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告 浅草岳あさくさだけ1585.5m守門岳すもんだけ1537.3m)新潟県魚沼市

日時20181013日(土)~14日(日)12日  天候:晴れ  参加者4名   

 

コースタイム

13日  ネズモチ平駐車場9:00-(林道歩き)-桜ソネ登山口9:40―浅草岳11:50~12:25―ネズモチ平駐車場14:16

 

14日  大白川登山口6:07―守門岳9:05-青雲岳9:47-守門岳10:10--布引の滝12:29―大白川登山口13:02

 

 

紅葉の頃が良いと聞いて新潟の名山2座へ行ってきました。
浅草岳は300名山、守門岳は200名山です。
今年は紅葉が全国的に不作気味なのと、あと1週間早めに行けば…?
少し時期が遅かったか、でもそれなりに綺麗でした。

守門岳は「大岳」「青雲岳」「袴岳」の3つを総称して「守門岳」というのが本当らしいが、

一般的には袴岳の事を「守門岳」と呼ぶ。

守門岳は「なめたらアカン、なめたらアカン♪」の山でした。

粘土質の滑り易い土と岩の急登が続き、油断できない手強さがありました。
命がけ?で激下りしてやっと見えた「布引の滝」は一見の価値ありでした。

 

浅草岳の軌跡    歩行距離:8.24km  累計標高差:790m


 ネズモチ平の駐車場は広くて充分ある

 

林道を歩いて桜ソネ登山口に  以前はここまで車が入れたらしい

  

嘉平与のボッチ ボッチというのはこの場合突起物を指すらしい

 

お隣の鬼ヶ面山方面

 

あれが前岳  前岳は登ってみたが頂上らしきものはなくて、鬼ヶ面山に続く通過点

 

頂上へ木道がのびる 7月初めごろにはヒメサユリのお花畑になるらしい

 

田子倉湖が俯瞰できる

 

頂上はわりとしょぼい

 

帰りはブナソネコースを取った  明日登る守門岳が見える

 

浅草岳の下ったブナソネコースは滑り易い岩の急下りで、展望もない

林道歩きさえ厭わなければ、桜ソネコースの往復の方が景色も登山道も良い

…と言っても、もう来ることないと思いますが

 

 

守門岳の軌跡  歩行距離:9.30km  累計標高差:1239m

 

大白川登山口 駐車場も空き地に10台ぐらいか

 

ずっとアキレス腱のびっぱなしの急登です

 

守門岳が見える 手前のピーク


一番の難所(実際はもっと急) ロープあるけど細い、短い

 

両手両足使ってやっとこさ

 

振り返ったら素晴らしい展望 後ろの方に越後三山

 

その後も亀みたいに登る道が続く

 

頂上が近づいて来た けど安心できない 細い斜めの登山道が滑る 滑れば谷へ

 

頂上はやはりしょぼい

 

守門岳から見る昨日の浅草岳は立派

 

青雲(あおくも)岳にも行って見よう

 

草紅葉が感動的にキレイ

 

青雲岳から見た守門岳

 

帰りも難所をひっしこいて


帰り道 写真を撮る余裕もないほど激下りの、怖ろしい登山道を下る事30分

美しい「布引の滝」です

 

帰ってきました ススキが秋を主張している


 お世話になった民宿「休み場」は部屋も小ぎれいで夕食はキノコ料理がこれでもか!というほど出て来て美味しく、
鮎も焼き立て、蕎麦も茹でたて(これがまたウマイ)¥
7,500お得です。
やはり1座登って下りて来てお風呂に入って、畳の上で寝れるのはいいですね。ビールも何本でもありますし




11:06 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)