オンラインユーザー8人
ログインユーザー0人
訪問者数5230917
会員外の方も買物できます

 




 














 

2023/03/22

福地山個人山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
 福 地 山  1672m
―北アルプスの展望―


実施日 2023年3月21日(火)祝 くもり
参加者 9名
コースタイム
集合場所6:30―福地温泉登山者駐車場8:45~9:05―焼岳展望台9:30―第一展望台10:30―無然平10:40―第二展望台11:10
―第三展望台11:20―第四展望台11:30―乗鞍展望台11:40―福地山11:45~12:40(昼食)
―無然平13:10―福地温泉登山者駐車場14:00―集合場所 
【データ】 上り2時間40分 下り1時間20分 計4時間  歩行距離7.3㎞  累積標高780m

3月18日(土)に予定された例会が雨で中止となり、急きょCLが個人山行に切り替え、9名で登ってきた。
終日曇天だったが気温は10度近くまで上昇、うっすら汗ばみ、登山道に残る雪は踏めば崩れるクサリ雪と化した。
登るにつれて西穂から槍、樅沢あたりまで残雪の北アルプスが視界に広がる。乗鞍の巨体も次第にせり上がる。
風のない山頂はあたたかで、間近にそびえる焼岳をメインディッシュに雪上の食事をしばし楽しんだ。
登山客は私たちの他2,3組。冬眠から覚めた奥飛騨温泉郷の営みを
眼下に
山の大御所も新人も同様に春への確かな移ろいを感じたお彼岸の福地山であった。




登山口からすぐのところにある「青だる」。すでに崩れかけているが、山奥で滴り落ちる水が凍りつき青い水の帯のようにみえる現象を観光用に再現しているという。


まだらに雪が着く登山道をのぼって行く。


第一展望台から眺望する西穂高岳と槍ヶ岳。


無然(むぜん)平の篠原無然像。1889(明治22)年兵庫に生まれた彼は、飛騨地方を中心に青年の教育や女工の待遇改善に尽力した。
地元の青年たちと乗鞍登山道を整備したが1924(大正12)年、36歳で雪の安房峠で遭難死した。


尾根コースと谷川コースの分岐点にある登り口よりブナ林に分け入る。


第四展望台。焼岳から白谷山、アカンダナ山などが目の前にせまる。


雪が残る樹林の下を行く。山頂はもうすぐだ。


福地山山頂で集合写真に納まる。槍の穂先は雲に隠れた。


谷川コースを下山する。
10:55 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)