オンラインユーザー55人
ログインユーザー0人
訪問者数2543064
















 

2018/07/11

寺地山・北ノ俣岳個人山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
寺地山(1996m)・北ノ俣岳(2661m)個人山行報告

2018年7月10日(火) 晴れのち曇りのち豪雨

参加人数 4名


コースタイム
集合4:00-登山口6:22-寺地山9:19-避難小屋10:16-分岐12:01-北ノ俣岳12:14(昼食)12:55-避難小屋14:38-寺地山15:32-登山口18:15-解散21:00

【山行概要】
富山市と飛騨市にまたがる北ノ俣岳に、飛越トンネル手前から飛越新道を利用して、寺地山を経由し北ノ俣岳まで往復しました




【山行データ】
20180710北ノ俣岳GPS軌跡.gdb
 累計標高差約1400m 
 歩行距離19.2km 
 登り時間5時間42分 
 下り時間5時間20分 


寺地山といえば、登山道の「ぬかるみ」が有名です。
先日来の大雨でどれほどひどいのかと心配しましたが、覚悟を決めていったからか、予想したほどではありませんでした。
ただ、倒木が多くて、それを跨ぐのに苦労しました。(股関節が固い私は、特に大変でした)


飛越新道では、ニッコウキスゲがたくさん咲いていました。




ワタスゲも風に揺れて可愛く咲いていました


タテヤマリンドウです


コバイケソウです


キバナシャクナゲです


寺地山から北ノ俣岳までの木道はかなり壊れていました。
一般的に、飛越トンネルから北ノ俣岳間は登山道が荒れていたりして、歩きにくいので時間がかかります。


地塘とワタスゲです


梅雨明け宣言があり、北ノ俣岳山頂からの絶景を期待して登ったのですが、残念ながら霧で視界不良でした


ほんの一瞬、薬師岳方面の雲が切れたのですが、カメラを向けたときにはすでに雲に覆われてしまいました


途中の避難小屋は使用不可の様ですが、冷たくておいしい水は出ていました


登山途中からものすごい豪雨となってしまいました。
山の天気は分からないものです
でも雨に濡れたニッコウキスゲもまたきれいでした


今回は平日ということもあり、誰にも会いませんでした。
静かな山行が好きな方には、お勧めのコースです。
駐車場も十分にあります。
飛越新道を利用して、
1日目 飛越トンネル-太郎平小屋(泊)
2日目 太郎平小屋-北ノ俣岳-黒部五郎岳-北ノ俣岳-飛越トンネル
というコースも良いかもしれませんね。今度行ってみたいと思います。
黒部五郎岳は、日本の名峰をグルリと見渡せる最高の展望台です。
08:27 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)