オンラインユーザー60人
ログインユーザー0人
訪問者数2351861








 

2017/11/27

リトル比良個人山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
リトル比良個人山行報告

2017年11月25日(土)

参加人数 4名 晴れ

コースタイム
JR北小松駅7:54-寒風峠9:49-滝山10:18-岩阿砂利山11:14(昼食)11:55-鳥越峰12:45-岳山13:43-登山口15:15-JR近江高島駅15:46

【山行概要】
滋賀県のJR北小松駅から滝山、岩阿砂利山、岳山を経由して、JR近江高島駅に下山しました。



【山行データ】
20171124リトル比良GPS軌跡.gdb
 累計標高差 約950m
 歩行距離 13.2km
 歩行時間 7時間11分


【私見評価】
 体力度 ★★★☆☆アップダウンがある。岩阿砂利山への登りは急登です 
 危険度★★☆☆☆ 特にありませんが、滝山までのルートで渡渉がたくさんあります 

3年前の11月23日、私がSLでリトル比良例会を行いました。
今回は、その反対周りのルートを縦走しました。
3年間で違っていたことは、以前はJR近江高島駅の駐車場が無料だったのですが、24時間300円の有料駐車場になっていたことと
大型台風によって、大きな木々が倒れて登山道を塞いでいたことです

出発点のJR湖西線の北小松駅です

紅葉がきれいでした。きっと京都は紅葉の真っ盛りだと思います。


楊梅の滝です


ここから寒風峠まで渡渉が多くあり、一部が崩壊していて分かりにくいところがあります
赤布を確認しながら歩きました


寒風峠です。11月末ですが、特段に冷たい風は吹いていませんでした


最初のピークの滝山(703m)です。
三角点はありますが、標識などはありませんでした。


いたるところに倒木がたくさんありました。
3年前にはなかったので、先月の大型台風によるものだと思いました。


オーム岩からの展望です。
リトル比良は、北アルプスの森林限界越えのような風景はほとんどありません。
大部分が樹林帯の中です。
その中で、最も展望優れたポイントですが、断崖絶壁です


白坂です。花崗岩ではないようです。砂が固まった感じの岩です。


白坂からの琵琶湖です


日本庭園の様な灯篭がありました。


琵琶の奥に伊吹山が見えます


山から下山したら、賽の河原がありました。


そして人口湖が、逆さ岳山を映していました


3年前と反対周りをしましたが、近江高島駅から登るか北小松から登るかについては、私は近江高島駅から登るほうが最初に
庭園の様な美しい場所に出るので、モチベーションの維持の観点から良いのではないでしょうか。
09:15 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)