オンラインユーザー14人
ログインユーザー0人
訪問者数3656784



































 

2021/02/14

荒島岳(冬山個人山行)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

荒島岳 (1523.5m)

     荒島岳で冬山登山してきました。

     コースは旧勝原スキー場から入る勝原コース。

     今回、冬山初心者もいることから2チームに分け、

     初心者チームは途中のしゃくなげ平(1200m)までとしました。

     シャクナゲ平までは、ブナ林が気持ちよく、新雪と青空で映えました。

     そこから上は雲に覆われて、山頂ではスカッとした展望はありませんでしたが、

     雲の切れ間から、何とかパノラマを見ることは出来ました。

     登り応えある山ですが、ブナ林ゾーンの優しい美しさと、アルパインゾーンの
     厳しい美しさの
両方を堪能出来る、いい山でした。(YASU391)


【山行日】 2021年2月11日(木)    
  【参加者】  9名



以下はメンバーの写真で構成しました。

装備で覆面状態なので、特にモザイク加工はしてませんので、あしからず 


旧勝原スキー場登山口から出発。
気温3度と予想より暖かい。締まった古雪に前日積もった新雪が心地いいです。

  霧が晴れると山に粉砂糖が降りかかってるようです。

  晴れてきて気分上々。旧スキー場のキツイ斜面を忘れます。


  登山道に入ると新雪モフモフ。先行のトレースがありがたい。


  ブナと雪の世界。

  青い空に樹氷が映えます。




  荒島ブルーに向かって進みます。

  プラス露出の写真。絵画みたいですね。


しゃくなげ平(1200m地点)に到着。満面の笑みのM本さんです。



経験者チームは山頂を目指します。




「もちがかべ」と言われてる急坂難所ですが、トレースのおかげで難なく通過。


   振り返ると経ヶ岳をバックにM井さんがいい感じでした。


   偶然にもM井さんとM西さんのハートポーズが、経ヶ岳と杓子岳の形と重なりました。

   福井最高の経ヶ岳(1625m)。今年は例会を予定してます。
 
   






アルパインゾーンに入ってきました。


   山頂までもう少しです。標識についた雪が極寒を語ります。


山頂手前までは風も穏やか。シャツ2枚でいる私です。


時々雲間から太陽が覗きます。


   しかし一気に雲に覆われました。

   山頂までもうちょっとなのに界が悪くなりました。


登頂。山頂は雪に覆われていてスマホの位置情報で確認。


荒島岳 -山頂360度写真(クリック)
山頂から少し下りると雲が切れたので、ここでパノラマ撮影しました。



景色が見え始めると元気が出るメンバー


大野平野を独り楽しむKさん


   全員で撮影会です

   パノラマにご満悦

   
アルパインゾーンからブナ林に戻るとほっとします。

   下山中、楽しそうにソリ遊びするM井さん。


   多分楽しいKさん。

   
   今回、初級チームだったFさん。アイゼンも慣れましたね。


   白山と別山も見送ってくれました。
  (終)



10:00 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 福井県の山