オンラインユーザー26人
ログインユーザー0人
訪問者数2257189

 
例会山行報告 >> 記事詳細

2016/07/03

奥丸山例会山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
奥丸山(2440m)例会山行報告

平成28年7月2日(土) 曇りのち晴れ

参加人数 12名  ランク B

コースタイム
集合4:00-新穂高温泉バス停6:33-笠新道登山口7:23-わさび平小屋7:43-小池新道分岐8:02-中崎尾根分岐9:58-奥丸山10:58(昼食)11:58-中崎尾根分岐12:42-小池新道分岐14:05-わさび平小屋14:21-笠新道登山口14:41-新穂高温泉バス停15:38-解散18:00

【山行概要】
岐阜県の奥丸山に、新穂高温泉からわさび平小屋を経由して往復しました。



【山行データ】
20160702奥丸山GPS軌跡.gdb
 累計標高差 約1500m
 歩行距離 19.2Km
 登り時間 4時間25分
 下り時間 3時間40分



【私見評価】
 体力度★★★★☆ 中崎尾根分岐手前に急登箇所があります 
 危険度★★★☆☆ 全体に急登で、一部痩せ尾根もありますが特に危険と言うほどではありません 
※渡渉があるので、増水時には注意が必要です

深山荘前の無料の登山者用駐車場です。
シーズン中はいつも満車なので、駐められるか心配しましたが、このように閑古鳥状態でした。
いつもこの様な駐車場なら嬉しいのですが・・・・・



空はどんよりとした曇りです。
展望は期待できません。
雨が降らなければ儲けもの、くらいの気持ちで登山を開始しました。



風穴です。
この日、金沢では37度の猛烈な暑さだったようですが、ここから吹く風は冷たくて寒い位でした。



わさび平小屋です。
営業開始に向けて準備をしていました。



下丸山です。
この下丸山を巻いて、右側の尾根を登ります。



鏡平や双六岳に向かう小池新道です。
昨年は8月でも雪の上を歩いたのに、今年は本当に雪が少なくて、雪が全部融けていました。



長い林道歩きを終えて、いよいよ本当の登山開始です



ゲゲゲの鬼太郎の「目玉おやじ」?



中崎尾根分岐です。
この手前にこのルート一番の急登があります。



雨は降っていませんが、雲で展望のない登山道を黙々と歩きます。
晴れていれば、笠・穂高・槍などの絶景が楽しめる筈なのに・・・・・



奥丸山に到着しました



展望のない山頂で昼食にしました
虫が多くて、息を吸うと虫まで吸い込みそうになりました。
こんなに虫に悩まされた経験は初めてです



集合写真を撮り終えたころから、雲が切れ始めました。
笠ヶ岳方面です



槍ヶ岳の一部も見ることが出来ました。



双六岳からの西釜尾根の稜線です



大キレットの一部です



下山するにつれて天気が回復してきました。
蒲田富士や奥穂高、西穂高ではないかと思います



下山途中からの笠ヶ岳方面です



初めは「雨に降られなければラッキー」の思いでした。
昼ごろから、チラリと山が見え始めました。
見えそうで見えない「悩ましい」奥丸山でした。
北アルプスの名だたる名峰に囲まれているのでマイナーな山ですが、展望という点では超一流の山です。
そして、とても静かな通好みの山だと思いました。
もちろん私の好きなタイプです♡

※集合写真を会員向けのページに掲載しました
06:52 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)