労山と登山届へのリンク

あなたは2194987人目です。

6月4日(日)
医王山清掃登山
Aコース~Dコース
申込締切
5月28日(日)
 
例会山行報告 >> 記事詳細

2009/11/28

奥医王山&芋煮会 例会山行 2009.11.28(土)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

参加者   13名
コースタイム
みどりの里9:00、栃尾登山口9:20、奥医王山手前600メートル11:50、栃尾登山口13:15、みどりの里15:20

感想と記録
 昨日はいい天気、この天気が夜に崩れ降り出していた。予報は雨は残るが晴れに向かうとのこと。それを見越して予定の7時半集合を繰り下げ9時集合になった。しかしその時刻も雨は止んでいなかった。今日は芋煮会、材料も準備してあり何とか実施したい意向はリーダーにもあった。栃尾の集落は整備されており、人も住んでいる。以前ここへ来たことを思い出した。西さんもいたはず、大分前になる。ここで準備グループが残り9人で出発した。予定より時間も遅くなつたので、12時半ここへ到着をめどに行ける所までということになる。晴れていれば紅葉がきれいな静かな道である。ベンチを過ぎ、展望台に近づいた頃は空も明るくなり晴れ気味になる。みなで登ってきてよかったと言いながらオオジャラも過ぎる。
 奥医王山まで600メートルという標識あたりから沢沿いを歩く。最後の沢登りは大きな岩で滑る。緊張して登り小原尾根を左手に見てもうすぐ尾根との合流地点だと思ったのつかの間、道がなくなり見失う。あちこち探すが分からない。藪こぎで尾根まで行けぬこともないが、時間も過ぎており引き返すことにする。先ほどの滑る岩場では尻滑りになった。その難所をだいぶ下った所に、あった、左へ折れて登山道が。登る時は誰も気づかなかった道が。下の岩に小さい矢印のマークがある。
 ここをたどれば程なくして小原尾根に出たのに。でもこのまま引き返す。小原尾根とも感じの違う医王山にはない素朴な栃尾ルートである。また歩きたいね、奥医王山まで行きたいねと言いながら下る。下では準備のグループが道の途中まで出迎えに来てくれていた。なんとテーブル椅子の芋煮会の場所、そして火もたかれてお鍋にはおいしい料理が。長いもは会員のSさんの差し入れだと、とてもおいしい。別のかまどではピザを焼いて出てきた。これもまたなんとも言えずおいしい。最高の食事になりました。柔らかい日差しがさして、景色も美しく、また来たいと思う所です。春、桜を見に来たいと思いました。準備されたみなさん、ありがとうございました。

標識


難所


ここを見落とす




栃尾



00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)