オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人
訪問者数2282828








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2009/05/03

シャクナゲの群落や花々を楽しむ 富士写ヶ岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

 

 
 
参加者   17名
コースタイム
        集合場所 7:30 → PLANT3 → 枯淵登山口9:25 → 前山 12:00〜12:40 
        → 頂上 12:50 → 我谷登山口 14:30 → 枯淵 15:20 →  集合場所   17:35

感想と記録
 シャクナゲを求めて好天が続く今日もたくさんの登山者が集まっていました。我谷コースの吊り橋の付近の道路は車でいっぱい、これには圧倒されました。リーダーに聞くとこんなものじゃない、下見の時はもっと多かったとのこと、シャクナゲを求めて全国から集まっているようです。枯淵に着き、準備をしていると、集団が登山道を上っているのが見えます、それにもびっくり。登山人口の減少とも言われますがいやいやどうしての感です。この枯淵、私には思い入れがあります。ハイキングクラブに入って間もない頃、登山らしき例会がこの富士写ヶ岳でした。当時は、ここに集落があり、店やもあったと覚えています。その店の横の空き地が駐車場でした。今は、鳥居がその面影を伝えています。さて枯淵からの登りはいきなりの急登です。芽吹きの新緑ややがて表れたブナの緑が爽やかです。その美しさが疲れを癒してくれます。やがてシャクナゲが姿を見せ始めました。だんだんその数と美しさも増し、きれいなシャクナゲとの出会いになりました。色も淡いピンクから朱色まで様々です。このシーズン、人が多いのも納得です。頂上まで飽きることなく群生が続きました。今日来てよかったが実感です。前山で昼食、雪を乗せて見えるのは大日のようです。半袖で上がってきてそのままランチタイムにしても寒くもなく、季節が移ったのを感じました。食べた後、頂上に向かい混雑の中で写真を撮り、戻って我谷コースへ下山です。ここもシャクナゲが咲き乱れていました。やがてダムの湖水が見えて来ました。送電線の鉄塔あたりに来ると下を走る車の音も聞こえます。最後の急斜面を下って登山口に。ここから湖面の左手を枯淵の車の所を目指して歩き出しました。歩くこと1時間、車に到着。風呂の予定でしたが時間が遅くなったのでやめて集合場所へ。高速道路1000円で混雑のようですが、8号線も混んでいました。シャクナゲに出会えて素敵な富士写ヶ岳山行となりました。お世話のリーダー、ご苦労様。なんとカメラに蝶(蛾)が、のんびりタイムです。下山時、湖水が見え始めました。それと途中で見かけた木、らくだに似ていませんか。




00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)