(2024年2月3日現在)
 









 
 
 
オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
訪問者数5108734
会員外の方も買物できます

 
 



 







 
例会山行報告 >> 記事詳細

2023/05/17

戸倉山・しろ池 例会

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

戸倉山・しろ池

~パノラマ展望・ターコイズブルーの池・ブナの美林を観賞~

 

  2023年 5月13日 (土)  参加者 21名

 

 コースタイム

金沢P600-森本IC…糸魚川IC-しろ池の森 原の館P 7568:15-しろ池周回8:42~9:00-角間池9:27-戸倉山(昼食)100210:57 
大網峠11:23-しろ池11:57-しろ池の森 原の館P 123413:00-糸魚川IC…森本IC-金沢P1500

 歩行距離:6.1㎞ 累積標高:上り514m/下り515m

 

 戸倉山は新潟県糸魚川市と長野県小谷村の境に位置する、標高975.5mの山です。

標高は1,000mに満たないのですが、山頂は360度の大パノラマ !!雨飾山、海谷山塊、北アルプス後立山連峰等の名峰や日本海を一望することができます。

 また、山麓にある「しろ池」から「角間池」までの登山道が「塩の道」の一部に当たり、昔、牛馬と歩荷たちによって海産物等の物資が運ばれた、
人々の生活を支えた道であり、庶民とともに生きた経済道路となっています。

 このような豊かな自然と、奥深い歴史を併せ持った戸倉山をゆっくり堪能してきました。

➤コース図と高度表




➤「雨飾山麓しろ池の森」の駐車場(約60台駐車可)に車を停め出発です。



➤ まずはしろ池を目指し遊歩道を進みます。奥にはこの日登る戸倉山が見えてきました。   



➤ 爽やかな新緑の中を歩きます。



➤大きくて面白い形の木が見えてきました。正面からみてみると・・



➤象が鼻に花束を抱え、お出迎えしてくれているように見えました。



➤歩き出してから30分程で「しろ池」に到着です。



➤ターコイズブルーの綺麗な湖面に映る逆さ雨飾山は、まさに絶景でした!



➤広大な池の中を、一匹の鯉が優雅に泳いでいました。
  ※「しろ池」は、ミョウバンの成分によって白く見える時があることから、この名が付いたと言われています。




➤「しろ池」の周囲は遊歩道になっていて、ぐるっと一周(550m)することができます。







➤少し登ると、「諏訪神社の祠」がありました。「しろ池」を上から眺めることができます。





➤さらに10分ほど歩くと、「角間池」に到着です。深い森に囲まれ、透き通った水がとても綺麗で神秘的な池でした。



➤少し開けた見晴らしの良い場所からは、小蓮華山・白馬岳・雪倉岳・朝日岳が見えました。山頂まであと少しです!





➤戸倉山山頂(975.5m)に到着です!  手書きで、手作り感満載の とても温かみのある標柱が立っていました。



➤山頂は360度の大パノラマ ‼ 駒ケ岳・鬼ケ面山・鋸山・雨飾山・後立山連峰、糸魚川の街が綺麗に見え、最高の眺めでした! 









➤大変人気の山ですので、山頂は大賑わい。素晴らし景色を見ながらランチタイムです。



➤帰りは、ブナ美林が素晴らしいバリエーションルートを通り下山。心地よい風が吹く緑のトンネルの中を歩きました。



➤大網峠~「塩の道」の標柱が随所にあり、歴史ロマンを感じました。
12:42 | 投票する | 投票数(7) | コメント(0) | 信越・東海・近畿の山