オンラインユーザー74人
ログインユーザー0人
訪問者数2302222






 
例会山行報告 >> 記事詳細

2017/05/15

例会山行報告:竜ヶ岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

例会報告 竜ヶ岳(1099.3m三重県いなべ市


5月14日(日)晴れ 参加者13名 ランクA健


(コースタイム)

金沢5:05――関ケ原IC――宇賀渓P7:45~8:05――金山尾根入口8:48――金山尾根降り口
――竜ヶ岳(昼食)10:50~11:40――金山尾根降り口12:00――遠足尾根入口13:45
――宇賀渓P14:05――金沢17:20

 

竜ヶ岳は鈴鹿セブンマウンテンの一つです。(他は御在所・釈迦・鎌・入道・雨乞・藤原)

鈴鹿山脈はとびぬけて高い山はなくそれぞれ1000m前後の連なりです。頂上から町が見えたり北アルプスのように
「自然の中に溶け込む自分」感や、「とうとうここまでやって来た」というスケールの大きさはありませんが、
登り切ったら広々とした草原が‥みたいな、明るさと北陸にはない山容が好きですね。

三重県まで行くからには良い日になってほしい。この山特徴の「強風」もできればお休みに。
天気予報は降水確率0%の太陽マーク、風も微風「ヨッシャー!」と気合が入りますがどうもお約束が違うみたい。
登りの間山はガスに包まれ、周りはほぼ真っ白。稜線に上がると少しずつ晴れてきましたが、すり硝子越しのように遠望は利きません。

それでも変化に富んだ登山道は飽きることなく新緑も楽しめて、名付けた「クジラの脊」の様子も見られてまずまずの満足度でした。
風はなく、頂上で50分もまったりできました。


GPS軌跡 Yさん提供

 

宇賀渓P 受付に登山届を出します 既定の用紙がありますが会仕様の計画書でOKでした

 

まず林道を歩く

 

丸太橋を渡る 5名様以内で

 

魚止橋
 

 

ちょっと頑張る岩場も

 

登山道は大きな岩があったり

 

キレイなブナ林もある


木の根の急登

 

やっと稜線に上がった ここからがハイライト

 

背の低い笹原を行く

 
クジラの背を行く


クジラの頭に向かって 頂上に人影が見える

 

最後の登り


 頂上 広々

 

方位盤もあります ただこの日は御嶽もすぐそこの御在所も見えなかった

 

昼食風景 こんな風にくつろいでいられるのも風がないから

 

下山しましょ 正面平べったい藤原岳(近いのにうっすら)

 

今から降りる遠足尾根

 

紅葉しているように見えるアセビ この山はアセビだらけです

 

遠足尾根の名を信用してはいけません 結構急降下 前日の雨で土が滑る

 

戻ってきました

 

登山届に下山時刻を記入して終了

 

宇賀渓の駐車場 みんな枠からはみ出ています この後大変な苦労が‥

 

 宇賀渓の駐車場は一台の区画が非常に狭く(たくさん停めて500円徴収したい気持ちは分かりますがこれはどう見ても軽用です)
帰ってみると両脇と後ろに車が駐車されており、
大型車は出るに出られず、何度も何度も切り返してやっとことなきを得ました。
駐車場トラブル必至です。一人で来ていたら一生出られない。駐車枠の拡張塗り替えを要望します。

まぁ、もう行かないと思いますけど山登りより疲れました。      END

 


10:38 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)