金沢ハイキングクラブ掲示板
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[トップに戻る] [新規投稿] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

新規投稿は上のメニューから選択してください。(リファラー(リンク元)を有効にしてください。)


[1431] 志賀山満員御礼 投稿者:志賀山CL 投稿日:2018/06/24(Sun) 19:34  

車3台分と募集をしていました。これで満員となりこれから先の
参加希望はキャンセル待ちとなります。ご了承ください。


[1430] 荒島岳下山報告 投稿者:荒島岳CL 投稿日:2018/06/24(Sun) 18:16  

梅雨晴れの下、ランクテスト受験者8名を含む13名で、無事登頂&下山しました。


[1429] 丸黒山下山報告 投稿者:CL・ 投稿日:2018/06/23(Sat) 19:26  

迷った例会でしたが、決行し早め早めで行動し、頂上をめざしました。小雨が降りだしていましたが、頂上の眺望は最高でした。
皆様の協力で、無事下山出来ました。ありがとうございます。


[1428] 無題 投稿者:白木峰CL 投稿日:2018/06/23(Sat) 15:23  

白木峰例会は来年に延期します。
理由は二つあります。
一つは、登山口に通じる林道が8月中旬まで通行止のため登山口まで車で行くことができません。
もう一つは、6月17日の時点ですでにニッコウキスゲが咲いていまして、7月14日だとすでにニッコウキスゲが終了してしまっている可能性が極めて高いことです。

林道が通行止めでも迂回ルートがあるので、行けないことはありませんが、登山口から山頂まで本来のコースであれば1時間で登頂できますが、迂回ルートだと3時間半かかるという話です。
クソ暑い時期に大汗をかきながら必死に登っても、ニッコウキスゲが終了してしまっていた、、、、。
そのような事態が容易に想像できます。

また、迂回ルートの確認もできていませんので、来年まで延期したいと思います。

どうしても行って見たいという人は7月3日(火)に迂回ルートの下見に行きますので、同行していただいても構いません。
例会のコースは標高差200m程度ですが、迂回ルートは標高差750mほどあり、歩行距離は往復12km以上あります。

例会の代用ではなく、あくまでも個人山行になりますので、個人山行に参加という形で受付します。
募集締め切りは6月30日(土)とさせていただきます。

集合時間、集合場所、申込先は例会と同じです。
ただし、帰りは3時間ほど遅くなる予定です。
コースタイムや地図等は申し込まれた方に送らせていただきます。

https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1501150.html


[1427] 丸黒山例会 投稿者:CL・SL 投稿日:2018/06/22(Fri) 19:56  

曇りのち雨で午後は梅雨前線が通る為、あいにくの天気になります。登山道は整備されているので、決行することにしました。
お天気が悪く止めたい方は、遠慮なく申し出てください。
よろしくお願いします。




[1426] ココヘリ申込み延長案内 投稿者:県連理事 投稿日:2018/06/19(Tue) 23:50  

全国連盟よりココヘリ申込み延長の案内がありましたので、案内チラシPDFを「県連・全国連盟からのお知らせ」ページに再掲載しました。



[1425] 金剛堂山例会 投稿者:CL・SL 投稿日:2018/06/17(Sun) 17:31  

快晴の下、31名で登って参りました。劔、薬師、槍、乗鞍、御嶽、白山と、ぐるり眺望が素晴らしかったです。


[1424] 上高地満喫 投稿者:焼岳CL 投稿日:2018/06/17(Sun) 17:20  

小梨平キャンプ場を中心に7人で、1日目は岳沢小屋まで行き、2日目は、焼岳登頂を楽しみました。2日間ともに、雲ひとつ無い快晴でも山行で、まわりの山々も素晴らしかったです。ありがとうございました。


[1423] 例会 材木坂〜美女平 中止 投稿者:例会材木坂美女平 CL 投稿日:2018/06/11(Mon) 17:34  

今月5日に美女平において男性が熊に襲われ大ケガされる事故がありました。下見の際に管理関係者から駆除できるか安全が確認できるまで立入禁止と告げられました。今回の例会材木坂美女平は中止とさせていただきます。何卒ご理解よろしくお願い致します。


[1422] 塩の道トレイル 投稿者:CL 投稿日:2018/06/10(Sun) 22:09  

天気が好転し鮮やかな緑と涼風の中、7人で「塩の道トレイル」を糸魚川の海から2日間歩いてきました。地図を見ながら変化に富んだコースを楽しみ、帰りは一両編成の大糸線で戻ってきました。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
処理 記事No 暗証キー
- LightBoard -
- Antispam Version -