オンラインユーザー11人
ログインユーザー1人
訪問者数2427513

















 
例会山行報告 >> 記事詳細

2018/01/22

ワカン講習会

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
ワカン講習会(瀬女スキー場跡)

2018年1月21日(日) 曇りのち雨

参加人数 32名(新人11名お試し1名)


コースタイム
集合7:50-ワカンの歩き方・GPSの使い方8:00-ワカンを装着して歩行訓練8:48-ローテーション実技9:29-パーティでの歩行訓練10:30-無線アンテナ箇所11:55(昼食・ツェルト・雪洞によるビバーク)13:09-ゴンドラ山麓駅前13:58-(反省会)-解散14:30 

累計標高差:約600m
歩行距離:6.7Km
20180122ワカン講習会GPS軌跡.gdb





毎年恒例の教育部主催のワカン講習会が開催されました
地形図とコンパスとGPSの実習が行われました。


ワカンを装着する練習から始めました。
初めてワカンを履かれる方には、手取り足取りのマンツーマン指導を行いました。


今は営業をしていない、旧瀬女スキー場の初心者コースを進みました。


教育部の講師による、熱血指導が続きます


ゾンビの行進ではありません
ローテーションの実習です
(プライバシー保護のため、一部画像を加工してあります)


目的地までもう少しです
最後の気力を振り絞って登りました


展望はイマイチでしたが、皆さん並んで昼食を食べました


昼食の後、雪洞を掘る訓練をしました


掘った雪洞にツェルトを被せて固定します


この中でビバークすると、1日くらいは生きていられるとの説明がありました。
私たちの雪洞は、熊さんが再利用するかもしれません


けが人をツェルトで包み、搬送する実技を行いました


搬送訓練が終わるころから、上部はミゾレ、下部は雨が降り始め、だんだんと強くなっていきました


これから冬山を始めたい方にとって、有益な講習会だったと思います。
最初にこうしたしっかりとした基礎を学んで、安全な冬山登山を楽しんでいただきたいと思います。
教育部の皆様、ありがとうございました

※集合写真を会員向けページに入れてあります
07:48 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)