オンラインユーザー29人
ログインユーザー0人
訪問者数3372505




















 

2020/06/17

白木峰個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
白木峰(1596m)個人山行報告

2020年6月16日(火) 晴れのち曇り

コースタイム

集合6:00-林道途中で駐車8:21-大きな駐車スペースのある分岐8:38-登山口9:06-小白木峰9:56-白木峰11:40-浮島12:10(昼食)13:01-小白木峰14:51-登山口15:33-大きな駐車スペースのある分岐16:04-林道途中で駐車16:20-解散19:10

【山行概要】
富山市と飛騨市境の白木峰に万波登山口から小白木峰を経由して往復しました。


【山行データ】
20200616白木峰GPS軌跡.gdb


白木峰へのルートには、8合目登山口まで車で登る、21世紀の森から登る、発電所ルート、万波ルートがあります。
私が登ったことのある3ルートの比較表です
  8合目から
21世紀の森  万波ルート
累計標高差  370m1150m  1300m
 歩行距離 6km 14km 17km
※万波ルートは、林道歩きを含む

21世紀の森登山口の標高は750m 万波ルート登山口の標高は1150m
なのに万波ルートの方が累計標高差が大きくなる理由は

小白木峰~白木峰間にアップダウンがあるためです。それぞれのアップダウンは小さいのですが、
往復では2倍になり、ボデーブローの様に体力を奪っていきます。
また、21世紀の森からのルートは急登がありますが、万波ルートは距離は長いがとても歩きやすいルートです。

体力的には 万波ルート>21世紀の森ルート>8合目ルート
技術的には 21世紀の森ルート>万波ルート>8合目ルート  
個人的な感想ですが、私はそのように感じました。

昨年は車で8合目まで行けたのですが、2020年6月現在、林道が閉鎖されていて車で登れません。
そこで今回は、万波ルートに挑戦してみました
約30分の林道歩きを終えて、登山口に到着しました


道は本当に整備されていて、草刈りもしてあり登りやすいです
ただし虫が多くて、蚊取線香が必需品です


最高点が約1600mの山にしては、小白木峰手前から森林限界を超えたかのように、開けてきます
隣の山、金剛堂山です


槍ヶ岳などの北アルプスです


小白木峰山頂です。
ここから白木峰まで長いので、全く別の山という感じを受けました。


草穂地塘です


目ざす白木峰です


この解放感がたまりません


白木峰山頂です


ここから木道が始まります
ここは北陸の尾瀬?


今回の山行の目的である、ワタスゲが顔を見せてくれました
浮島への期待に胸が膨らみます


ニッコウキスゲがちらほら咲き始めていました。
もうしばらくすると、山全体を黄色く染めると思います


多くの花が咲いていました。
花の名前は・・・・・私に聞かないで下さい
どうしても頭の中に名前が記憶できません(泣)










浮島です


もうしばらくすると、この白いワタスゲの代わりにニッコウキスゲが咲き乱れます




思い思いのポーズで写真を撮りあった後、下山しました

【アプローチについて】
21世紀の森までは全く問題ありませんが、それ以降道は狭くなり酷道になっていきます。


ダートに入って、半分くらいのところで車を停めました。
車を買い替える前なら、「突撃」となるのですが、昨年末に購入した新車を走らせる道ではありませんでした。
ゆっくり行けば、広い駐車スペースのところまで行けると思います。
ただし、それから以降は、オフロードタイプの4WD車以外は無理だと思います。
駐車スペースは、所々にあります。特に広い駐車スペースのところにかなり停められると思います。

07:15 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)