例会山行報告 >> 記事詳細

2012/11/04

例会山行 順尾山(883)、大倉山(1004)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

  紅葉と犀川、小矢部川源流域の山々の展望      11月4日(日)

参加者 18名

コースタイム
  集合場所 8:00 → 林道順尾線登山口 9:00   →   順尾   10:30   →   大倉山   11:40  ~ 12:30
           →   登山口   14:45  
    
 感想と記録
  ガイドブックには「どこまでも続くなだらかな道 眼前に迫る犀川流域の山々」とある。そのきれいな秋の写真を地で行く山行がこの日行われた。
 昨日も明日も天気がよくないというそのたった1日の絶好の秋日和の山行となった。湯涌から刀利ダムへ向かう道を横谷で右折して登山口へ向かう。道は狭く曲がりくねっているが舗装が続き快適に上に向かう。紅葉も見られドライブだけでも十分満喫できる所だ。 林道終点にはなんと車がいっぱい、リーダーの一言、心配していたがもう少し早く来たらよかったには納得、車の向きをかえ、止めるのに一苦労。ここは806メートル、大倉までも200あまりの高低差だが歩いてみるとアップダウンがかなりある。それでも平坦な尾根が続き快適な歩きとなる。ブナの落ち葉が道を敷き詰めて本当に素敵なハイキングコースと言える。やがてちらちらと立山剱が見えだした。順尾は道の途中にあった、しばらく行くとここから大倉へは1時間半の案内、落ち葉を踏みしめて快適に歩く。
 大倉頂上から3分先に展望台がある、ここで昼食、うーんと声がでる展望である、大門・見越・髙三郎・奈良岳が直に見渡せる、高尾山からだと赤堂山などあってこれだけすっきりと見えない。至福のランチタイムとなった。
 帰りは同じ道を下る。ブナの落ち葉の歩きが何とも言えない、そして柔らかな午後の日差し、「紅葉漬け、中高向け秋の日の山歩きのとっておきのコース」というガイドブックのとおりの歩きでした。また来たいコースです。

登山口

順尾山

紅葉が青空に


分岐


大門と見越を望む


景色に見とれる


ここが登山口


大倉付近の軌跡



 高度差  Sさんより


20:35 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0) | 石川県の山(秋)