オンラインユーザー60人
ログインユーザー0人
訪問者数2982942













 

2019/09/03

個人山行:八ヶ岳

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行報告  八ヶ岳(硫黄岳~赤岳~阿弥陀岳)周回

日時:9月1日(日)~2日(月)1泊2日  参加者:3名

 

1日目:天候曇り

コースタイム

集合4:00--八ヶ岳山荘P7:50--美濃戸山荘8:34--赤岳鉱泉10:15
--硫黄岳12:12--横岳13:51--赤岳展望荘15:00(泊)

 

1日目軌跡とデータ

平面距離 12.6km  沿面距離 12.9km  記録時間 07:24:40

最低高度 1,483m  最高高度 2,821m  累計高度(+) 1,677m  累計高度(-) 442m

 

今回周回の起点となる八ヶ岳山荘 駐車料金1日¥500

 

(北沢)から行って明日は右に帰る

 

沢沿いに清流を見ながら

 

八ヶ岳特有の苔むした林

 

赤岳鉱泉に着いた 後ろの岩の突起は大同心・小同心(クライミングするらしい)

 

赤岳鉱泉は人気の宿で温泉とご飯が良いらしい 赤岳の頭が見える

 

赤岳鉱泉から約550m登って硫黄岳へ  稜線が見えて来た

 

曇りながら遠く北アルプスまでも見える

 

北八ヶ岳 あれが蓼科山とすると手前は先週行っていた天狗岳

 

硫黄岳頂上

 

これから行く赤岳までの稜線

 

大同心・小同心を上から見る こんなとこ登るの!怖~ェ!

 

横岳直下の梯子 勢いつけて登ってはいけません その先は断崖絶壁

 

岩との格闘 結構楽しいんですが‥

 

展望荘がもうすぐそこに 今日のお宿です

 

赤岳展望荘には五右衛門風呂があります 時間区切って男女交替で入れる

 

晩ごはん 好きなだけ自分で 欲張って残さないように 完食しました(N君)

 

2日目:天候曇り

コースタイム

赤岳展望荘6:43--赤岳7:19--中岳8:10--阿弥陀岳8:50
--御小屋山10:45--八ヶ岳山荘12:45--解散18:20

 

軌跡とデータ

平面距離 8.4km沿面距離 10.1km記録時間 06:07:49

最低高度 1,487m  最高高度 2,893m  累計高度(+)1,277m  累計高度(-) 2,514m

 

朝 あなたの目が霞んでいるのではありません 外はガスとハンパない強風 しばらく待ったが変わらないので行く

 

強風によろめきながら赤岳への急登を這いつくばる

 

赤岳頂上

何も見えないのでそのまま下りるか考えたが阿弥陀岳に向かう

 

唯一の癒し 中岳にいたオコジョちゃん すばしっこくてなかなか撮れない

 

阿弥陀岳の岩場が今回一番の頑張りどころ

 

こんな岩も

 

画像的にガスで色に乏しいので鮮やかなベニテングダケ 食べれません

 

御小屋山の登山道は厳しい岩稜続きの後で、さながら森の散歩道

 

 

メンバーのN君は下山後着替えをしたが、ズボンを忘れたとの事で下半身バレリーナよろしく黒タイツ姿。
それでも臆せずサービスエリアの食堂に入りラーメンを食べた。

同行の我々の方が恥ずかしくて、なるべく離れて歩き他人のふりをした。

                                              END

 


15:18 | 投票する | 投票数(6) | コメント(1)
コメント
会員2019/09/04 08:08:43
オコジョの写真可愛いです。オコジョは動きが速くて、シャッターを押した瞬間に消えていなくなります。さすが名カメラマンです。