オンラインユーザー65人
ログインユーザー0人
訪問者数2677995










 
例会山行報告 >> 記事詳細

2018/03/11

ピッケル・アイゼンワーク講習会

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
ピッケル・アイゼンワーク講習会

2018年3月11日(日)晴れのち雪

参加人数 17名 ランクA健

コースタイム
セイモアスキー場集合8:00-ピッケル・アイゼンの使い方・歩き方8:30~滑落停止訓練9:30~10:00-パーティでの山行形態で、登り・下り・斜面・トラバース時のピッケルアイゼンワーク練習10:30~11:20-昼食11:20~12:00-弱層テスト訓練・雪洞作成訓練12:00~13:30-解散14:00


セイモアスキー場でピッケル・アイゼン講習会を行いました。
まず最初にアイゼンを装着しないで、登り、斜め登り、平行移動などを行いました
やはりツボ足では滑りやすいことを体感します。


初めてアイゼンを装着する人には、先輩会員が手取り足取りの装着指導をしました

アイゼンを装着すると嘘の様に安定して氷の急斜面でも滑らなくなります


さらに講師による実践的な説明がありました


ピッケルの使い方の説明がありました

ピッケルを持って、歩行訓練です


ピッケルを使った滑落停止訓練の説明がありました


私たちは雪の上で礼拝する怪しい宗教団体ではありません。滑落停止訓練です


講師によるダブルアックスの実技です


急斜面の下りの実践訓練です


昼食後には、弱層テスト訓練を行いました。
雪崩に遭わないための大切な知識です


雪洞作成訓練です


出来上がった雪洞には、掘った人の個性というか性格がバッチリと現れていました




冬山を楽しむには、この様な基礎的な知識と訓練が不可欠です。
アイゼンの歩行技術や滑落停止技術を知っているかどうかによって、生死を分けることもあります。
実に中身の濃い講習会でした。
このような講習会に無料で参加できる金沢ハイキングクラブ員は幸せだと思いました。

※集合写真を会員向けページに入れてあります

15:30 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0) | 石川県の山(雪山わかん)