オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人
訪問者数3718863


















































 

2021/03/25

唐松岳 (絶景の雪山個人山行)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
唐松岳 (2695.9m)

 唐松岳にメンバー5名で登頂しました。

 私は昨年、暴風で途中で撤退してるので、今回2回目です。
他のメンバーも同様で、中でもNさんは6度目。一方、昨年入会のYさんは
白馬の山に登ること自体が初めて。
何れにせよ、誰も登頂してませんでした。

 しかし、今回の白馬の天気は麓に到着した時点で、山頂まで雲一つない、
突き抜けるような青い空。
既に我々の登頂は約束されたも同然でした。

また、4日前にも他のメンバーが登頂しており、その状況を参考に、
計画したのが功を奏しました。

 山頂への八方尾根は青天に続くホワイトロードでした。透き通る空気が
北アルプスの名山達を見せてくれ、
まるで絶景の観光ポスターに吸い込まれたような
感覚がありました。こんな素敵な事は滅多にないものです。
 幸運な山行でした。 (YASU391)



山行日】 2021年3月24日(水)
【参加人数】 5名

【山行記録】
 9:15八方池山荘(登山口)~11:30丸山ケルン~12:25唐松山荘~12:40/13:00唐松岳
 ~13:15/13:40唐松山荘~15:00八方池山荘

【注意点】
 ①ゴンドラ・リフトは上り始発8:00、下り最終15:40です。
 ②丸山ケルン前くらいから空気が薄くなり息が切れます。
  その為、別日に行ったメンバーは軽い高山病になりました。
  山頂が見えて気持ちがはやりますが、休み休みいきましょう

 ③雪の高山は体力消耗します。行動食、水分補給は小まめに。








麓に到着。青天白日。こんなに快晴な白馬は初めてです。


ゴンドラ始発を待つ人々。平日なので10分程で乗車出来ました。


麓はもう雪がありません


9:15八方山池荘を出発。八方尾根は青天へのホワイトロードの様相です。


(左)何度目の正直、で来たSさんとSさん。
(右)初めての唐松、初めての白馬(!)で来たYさん



登り始めて10分もしないうちに、もう鹿島槍と五龍の絶景!


もう白馬三山の絶景!


喜びのポーズをしてもらいました


それぞれ喜びを表現するメンバー


おもしろい顔の八方ケルン


登頂が約束されるコンディション。それぞれの思いで進みます。


八方池ケルンも応援してるようです。


気合溢れるベテランメンバー


ペースに追いつけないYさんと私


鹿島槍と五龍が近くなってきました


望遠で撮ってないですが、圧縮されたように撮れました




左ピークの先が丸山ケルン。先行の3人は右ピーク手前。
この辺りから空気が薄く感じて、息が切れます。


少し新雪が積もってました


11:30丸山ケルン


唐松山頂から右へ不帰嶮(かえらすのけん)が綺麗です


八方尾根も終盤。山頂が近づいてきた。


前を行くメンバーの上空に飛行機雲


空気が薄くてキツイけど、絶景が元気を与えてくれます


五龍と目線が合いました


そこのピークが唐松山荘


唐松山荘をスルーしました。山頂目前、最後の尾根を行きます。雪庇が怖い。


左奥の尾根から来てます。
後ろから来る登山者がもういません。
ピッケルに持ち替え、最後の頑張りです。



唐松岳に登頂。
剱岳~立山連峰を背景にパチリ。





立山連峰がカッコ良すぎます


山頂からの動画を見て下さい
 山頂からの絶景①

 山頂からの絶景②


帰りましょう。
妙高、火打が綺麗です。



次はあの山に行こうかしら 

(終)

23:39 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0) | 北アルプス