オンラインユーザー46人
ログインユーザー0人
訪問者数3020489



























 
例会山行報告 >> 記事詳細

2019/09/30

白山清掃登山(観光新道コース)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
白山清掃登山(観光新道コース)
日時 2019年9月29日(日)
参加者 13名
天候  曇り&霧&一時大雨
コースタイム

集合5:30600市ノ瀬645―(バス)-700別当出合730―(観光新道)―847別当坂分岐900―仙人窟―
1040殿が池避難小屋―馬のたてがみー1120黒ボコ岩―1125弥陀ヶ原(昼食)1220-(エコーライン)-
1313甚之助避難小屋―中飯場小屋14241535別当出合1600―(バス)-1615市ノ瀬(反省会)1640
―解散1800

KHC恒例の白山清掃登山。2グループに分かれてのクリーン作業です。当方は、観光新道経由弥陀ヶ原から
エコーラインを歩き、砂防新道のルートです。白山登山者のマナーがよく、ほとんどゴミが落ちていませんでした。
靴底剥がれや落とし物、ペットボトル数個です。(写真参考)

例年弥陀ヶ原の紅葉を楽しむことができますが、今年の紅葉は遅れています。エコーラインの登山道は整備中で
今年中に整備され歩き易くなります。(写真参照)

 1.

2.
別当出合(ゴミ拾いの準備完了)
3.
別当坂分岐まで急な登りが続く(霧の中を進む)

4.
仙人窟を通る
5
霧の一部が晴れてきた
.6

.7
馬のたてがみを登る(殿が池小屋と黒ボコ岩の間)、標識が倒れていた。
.8
黒ボコ岩で発見(忘れ物の手ぬぐいを回収)

.9
エコーライン(弥陀ヶ原)の木道が新しくなっている。
.10
コバイケイソウの残骸が一面に残る(今年は多く咲いたようである)
.11
ナナカマドの紅葉(ようやく見ることができた)周囲の笹が気になります。
.12
エコーラインの整備看板
.13.
このように綺麗に整備されている箇所
14.
整備用資材が置かれている(中身は岩)
15
甚之助避難小屋への途中から霧に包めれ、その後大雨に遭遇(約1時間くらい)
.16.
本日の成果(市ノ瀬にて)


08:09 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)