オンラインユーザー17人
ログインユーザー0人
訪問者数3608870


























 

2020/12/30

個人山行 年末の取立山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

取 立 山 (1307m) 福井県勝山市

2020年12月27日(日)  くもりのち晴れ
参加人数   4名

【コースタイム】

集合場所7:00 → いこいの森キャンプ場入口国道P(登山開始) 7:558:05 →取立山登山口P(夏用)9:1015 →取立山々頂10:4011:15 → 取立山登山口P(夏用)12:10 → いこいの森入口国道P(登山終了)12:55→ 道の駅(昼食)13:3014:15  → 集合場所 14:50            

  登り時間……2時間35分(休憩含む)
  下山時間……1時間40分
  

【山行概要】
 2・3日前にまとまった積雪があり、天気はさほどではなく、おまけに年末の忙しさをよそに、雪山を歩きたくなり行ってきました。今回は国道沿い駐車場からの取立山往復です。

金沢からの道中には雪はなく、駐車場も除雪が完璧。登山道は全て1m以上の積雪、トレースありで道迷いはない一本道。ワカン・軽アイゼンを用意してきましたが私は装着しませんでした。装着には個人差があるようです。

中腹あたりから振り向くと大日山、勝山市内方面、右前方には経ヶ岳と見え出しました。同時に眩しくサングラスが必要となります。

山頂は快晴で風もなく360度の眺望です。新雪を歩くと膝上までごぼります。山頂到着

1040分ということもあり昼食には早い。白山の雪景色、逆光で神秘的に見える経ケ岳など十分に景色を堪能していると、あっという間の30分が過ぎました。

山頂には他の登山者は5・6名いらっしゃいました。どこの山も山頂にいると大概、説明上手な山のガイドさんがいてくださるものです。今回もいろいろとご親切をいただきました。ガイドさんは登りも長いスキーを装着して登っており、下山は滑り下っていきました。

下山はトレース道はいったい何人の人が行き来したのか、ほぼ踏み固められているとまでは言えないが、しかしガリ股で歩くと何回かはごぼりました。蕎麦を食べる約束をしたことが関係してるか皆さん下山は早く、私も背中をお天道様に押され気持ちよく歩けました。

 

平面距離   8.4km
沿面距離   8.6km
記録時間    04:57:01
最低高度    607m
最高高度    1,310m
累計高度(+) 757m
累計高度(-) 760m
平均速度    1.7km/h
最高速度    6.7km/h
消費カロリー 1366kcal

赤い線を歩きました 夏の自動車道の方が勾配ゆるやかなので遠回りしました 


勾配図


駐車場出発 8:05





夏の登山口駐車場  公衆電話BOXに雪積もる 9:10


振り向くと、いつのまにか


山頂が見えた


取立山 山頂到着 標柱が積雪で埋まっている        10:40


雲のかかった白山、神秘的です。


こつぶり山



取立山からの経ケ岳



逆光の経ケ岳 神秘的です


ごぼる


下山開始  11:15


歩き易い





雪の冷たさ 感じさせない


下山中 夏は藪


公衆電話まで来ました


夏の駐車場横断


戻ってきました

                                  以上
19:59 | 投票する | 投票数(2) | コメント(1)
コメント
会員2020/12/31 06:50:17
「ごぼる」とは写真からも想像が付くかと思いますが、「雪の中に足がはまる」状態を表す、金沢の方言です。