オンラインユーザー27人
ログインユーザー0人
訪問者数2282889








 

2017/09/05

立山周回 日帰り

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

 立山周回 個人日帰り山行
(雄山・大汝山・富士の折立・真砂岳・別山)

 2017年9月3日(日)  晴れのち曇り
 参加人数 4名


【山行感想】
 相変わらず、天気だけが心配、美女平から乗り込んだバスからはいい予感が
する。すると横目に大日連山がハッキリと見えてきた。今日はいけるぞと意気
込む。室堂が見えてくると三山も見えてきた。予定とおり室堂を850分に出発。
 三山がすぐそこに見え雄大な景色である。感激で会話もはずみながら、一の越
から雄山の登り中程で、同行者が気になることを、.丁寧に報告しだした。
「私は100%雨女だと」 いえいえ晴れているぞと、

室堂方向に振り向いたところ、一の越の休憩時点ではスッキリ見えていた室堂が、
なんと雲で少し見えなくなってしまっている。天気予報どおりなら雨は降らない
ぞと、一抹の不安をはねのけた。

 山は同情してくれたのか、右方向に視線を恐る恐る向けますと、山名は分から
ないが、すっきり山々が見えるではないか。もう天気悪化のことは考えずに行こ
うと、楽しい会話に転じた。

 雄山に大汝山と、富士山が見えなかった富士の折立へ、今度は逆で右側が雲で待ったく見えない。室堂越しの山々や雷鳥テント場はハッキリ見えている。
 真砂岳山頂で昼食し別山へ向かう。このあたりから少々帰りのバス時刻が気に
なり出した。

 別山に向かいながら振り返ると、三山の壮大な姿が見送ってくださり、来て
良かったと充実感を味わいさせてくれました。

 別山に到着し剣岳を目の前にしたかったが、半分しか見えないので、別山奥ま
で行かず、剣御前小屋へ向かう。雷鳥沢を下り、途中テント場を見るもカラフル
であるが、少なく10張りくらい。テント場手前の川を渡るころ、冷たいものが
あたり初め小雨が降り始める。室堂に向かう最後の上りでは止んでいたが、
心拍数を少し上げさせてくれ、しかしゴール真近かでの嬉しさがこみ上げてきま
した。すでに遠く回ってきた山々は霧の中で、雨女子の存在が頭の中を駆けめ
ぐった。本当にある話なのかと自問自答。

 室堂には最終バス時刻45分前の余裕で到着し、立山周回が実現した喜びを分
かちあった。

 

【コースタイム】
立山駅着6:45~室堂発8:50~一の越9:35~雄山10:35~大汝山11:00
富士の折立11:35(山頂)12:00
真砂岳12:30(昼食)13:00~別山着13:40
劔御前小屋14:10~雷鳥沢キャンプ場15:15~室堂着16:20
室堂発17:05
立山駅着18:20

 

合計時間  7時間30分 (室堂~室堂、休憩含む)

 離    9.93km


 

室堂 出発

 
雄山 やっぱり日曜日


大汝山


富士の折立 頂上







14:49 | 投票する | 投票数(1) | コメント(2)
コメント
会員2017/09/05 23:00:32
おちゃらけた参加者の写真ばかりでなく、見ている人が知りたいのは当日どんな山の様子だったかです。
会員2017/09/06 07:36:11
楽しそうな写真を拝見させていただくと、登山の魅力が伝わってきます。私も仲間と立山に行きたくなりました。ありがとうございました。