オンラインユーザー25人
ログインユーザー0人
訪問者数2892032





























 

2019/05/04

蝶ケ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
蝶ケ岳(2677m)個人山行報告

2019年5月3日(祝) 晴れ

参加人数 6名

コースタイム

徳沢登山口5:57-長塀山9:19-蝶ケ岳山頂手前10:08(昼食)11:01-長塀山11:30-徳沢14:25

2日は上高地から徳本峠に登る予定でした。しかし河童橋で雨が降り出し、ここでカッパを着るとカッパ橋になってややこしくなるので、土産物店の軒下で雨宿りをしました。
このロスタイムの為に、2日は徳沢てテント設営をした後、横尾などの散策にしました。
光の魔術師Yさんの芸術作品集です










横尾大橋です
例年のGWより雪が多いと感じました


徳沢テント場は、賑わっていました
テント代700円。徳沢園では、生ビールなどもあり、快適なテント場です。
毛布、シュラフ、テントなどレンタルできます。
これからテント泊を楽しみたい方は、ここでデビューをお勧めします。


ホルモン焼、鰆の昆布締、新人歓迎例会でとてもおいしかった餃子鍋などで宴会を行いました


私は爆睡してみなかったのですが、夜中に星空を見た人は、まさに満天の星空だったそうです。
テント泊ならではの楽しみです。

【山行概要】
蝶ケ岳に徳沢から長塀尾根を往復しました。


【山行データ】



標高1800m付近から雪面になりました。
固い雪面でとても滑りやすく、アイゼンを装着しての山行になりました。
途中の長塀山です。
木の間から御嶽山、乗鞍岳を見ることが出来ました


初めて蝶ケ岳に登る人だけ山頂にいきましたが、私は山頂手前で昼食にしました。
理由は、アイゼンの脱着と装着が面倒だったからです
この丘の上に、山頂があります。


蝶ケ岳は、北アルプスでも最高の眺望を見ることが出来ます。
槍ヶ岳から南岳、大キレット、北穂、涸沢岳、奥穂など、日本を代表するような山が並んでいます。


蝶ケ岳の小屋と常念岳です


乗鞍岳と御嶽(乗鞍の左にやや薄く写っています)です


奥穂、前穂、明神岳です(少しズーム)


槍ヶ岳(それなりにズーム)


バスに乗る前に写した上高地です。
上高地は、いつ来ても天候に恵まれると本当に美しいところです。
冬の真っ白な穂高も、この様な春の穂高も、四季を通して美しいです。


第一回山の日の碑です。


平湯のお気に入りの店で、飛騨牛を堪能しました
これ1人前です(ご飯をお代わりする人もいました)


蝶ケ岳ヒュッテに泊まるのも良いですが、こうしてテント泊をするのは本当に楽しいです♪
テント泊を2泊すれば、蝶槍から横尾へ下る縦走もできます。
時間的な余裕もできるので、たっぷりと上高地を満喫できます。
ただ重いアイゼンを装着して、累計標高差約1200mを一日で往復するには、それなりの体力が必要です。
危険個所は全くありません。
14:50 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)