オンラインユーザー14人
ログインユーザー0人
訪問者数3909969































































 

2021/08/31

野口五郎岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
野口五郎岳(2924m)個人山行報告

日時 2021年8月29日(日)~30日(月)

参加人数 4名

【山行概要】
岐阜県の野口五郎岳に高瀬ダムからブナ立尾根をピストンしました





8月29日(日)晴れのち曇り

【コースタイム】
集合3:50-高瀬ダム7:35-烏帽子小屋12:32-野口五郎小屋16:26(泊)

高瀬ダムからのニセ烏帽子です
この稜線まで、標高差約1300mのブナ立尾根を登ります


ブナ立尾根は日本三大急登のひとつです
他の二つは、谷川連峰の西黒尾根、甲斐駒ヶ岳の黒戸尾根です(諸説あります)


急登ですが、大変よく整備された登山道で歩きやすいです。


烏帽子小屋に到着しました
登山口から水場はありませんが、小屋で500㎖100円で購入できます


烏帽子小屋からのニセ烏帽子です


本物の烏帽子岳は、ここから野口五郎に行く途中から見ることができます
左の鋭い山が本物の烏帽子岳です
やはり本物は格が違います


烏帽子小屋から野口五郎岳への稜線歩きはお勧めです
裏銀座と言われるルートで、スケールの大きさ、そして人の少なさに感動します


この様な岩の間を歩きます。変化があって楽しいです♪


右の岩は、私はオットセイに見えました。鼻の先にボールを乗せて曲芸を見せてくれそうです。


ブナ立て尾根や野口五郎岳への稜線で見ることができた山々です






目的地の野口五郎小屋はまだこの先です(疲れてヘロヘロ)


ようやく野口五郎小屋に着きました


夕食はカレーでした
ご飯はお代わり自由ですが、ルーのお代わりはありませんでした。
家族経営の山小屋なので、とてもアットホームな感じのいかにも昔ながらの山小屋でした。
ご主人や従業員のみなさんは、とても親切でした。




8月30日(月)曇り時々雨のち晴れ

【コースタイム】
野口五郎小屋5:08-野口五郎岳5:21-烏帽子小屋8:49-高瀬ダム12:57-(入浴&食事)-解散18:10

いかにも昔ながらの山小屋らしく、風が吹くとゴーっと音がしました。
朝早く外に出ると、飛ばされるほどではありませんでしたが、かなりの強風が吹き荒れていました。
モルゲンロートを期待して野口五郎岳山頂を目指しました


白い石灰岩が赤く染まる瞬間は感動的でした


野口五郎岳山頂です
山頂には、野口五郎の代表曲「私鉄沿線」の歌詞の書かれた看板が立っていたので、皆さんで声を合わせて歌いました。
(モルゲンロート並みの真っ赤な嘘です)


山頂からの三座同定です


この後は、雨に降られたりして烏帽子小屋まで戻り、いつものことながら下山するにつれて快晴の天気になりました。
なんでやねん
9月を目前にして、コマクサが生き残っていました。
もう1か月早ければ素晴らしいお花畑の山でもあるようです
雷鳥には残念ながらお目にかかれませんでした


再びブナ立て尾根の急登を下りそのまま、駐車場のある七倉山荘の温泉に入って帰りました
(七倉温泉のお湯は熱くて、猫肌の私には三大急登よりもキツかったです。やはりぬるま湯人生が一番です)


野口五郎岳は三百名山で、百名山ではありませんが、雄大で癖になりそうなそんな山です。
ブナ立て尾根を利用して高瀬ダムに下山される方へのアドバイスです。
1番から12番の標識がありますが、下りは6番でタクシー会社に電話すると高瀬ダムで待っていてくれます。
それからさらに高瀬ダムに下るとどの携帯会社の電波も入らなくなります
ダムには公衆電話がありますが、着いてから電話するよりもその方が楽です。
08:12 | 投票する | 投票数(16) | コメント(0)