オンラインユーザー99人
ログインユーザー0人
訪問者数3024263



















 
例会山行報告 >> 記事詳細

2012/12/16

例会ハイキング 湯涌温泉散策と金沢湯涌江戸村

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

             今年の歩き納め  平成24年12月16日(日)

参加者   9名

コースタイム

      8:50集合  集合場所 9:00  玉泉湖・氷室小   屋・総湯・薬師堂・

      湯涌稲荷神社・金沢湯涌江戸村(10:20~11:30)

      集合場所11:50

感想
  天気も曇りで昼には少しよくなるし舗装道を歩くからジョギングシューズが歩きやすいかなと思いながら集合場所へ急いだ。
 でもだんだん雪景色になり道路の横の積雪もしっかり増えてきた。そうだここは山の麓、12月は雪の中なんだと半ばびっくり、海に近い所とは違うんだと改めて思った。
 集合場所から道路に沿って湯涌温泉へ。
 浅野川は数年前に氾濫し上流のこの地域も被害が出て、個人的ですがボランティアで調査や聞き取りの人の中に入って来たのを思い出した。歩いているこの道路も冠水、川の土手は粘土質の土で、ですから水の引いた所は泥だらけ、そして決壊箇所から勢いよく濁流が道路に入ってきていた。
 右手の民家も裏山の土砂崩壊で家に被害がでていた、その道をこうして歩くなんて、と思った。
 保育園のグランドも水浸しだったがその園は移転したのかここにはなかった。
 温泉街は昨夜は土曜日、忘年会の客が多かったようである。そこを通り抜けて玉泉湖へ。 ひっそりとした向こうに氷室小屋があった。2月に雪を小屋の中に詰めて7月1日の氷室の時に出すとか。さすがここは雪が多い。今日は気温が高いのか湖面にはガスがかかっていた。
 薬師堂・湯涌稲荷神社へ、ここへ上がるのは始めて、ここは夢二も歩いた道とか、立派な足湯があった。
 江戸村というと白雲楼の横のあそこにあった、のイメージなのだが、みどりの里の近くに立派な江戸村があった。オープンして2年たつというが始めて入る、65歳以上は200円に割り引きとなる。この地域の観光名所と言える。冬場もやっているとのこと。茅葺きの向こうには医王山が。若い観光客の姿も。
 今日の目当てはこの散策とそして温泉だった、歩いて冷えた身体をのんびりあたためる。 金沢の奥座敷、湯涌の散策も乙なものです。半日の歩きとしてお薦めです。

 集合場所


  栃尾登山口


  道の横には雪が


  川はもやに


 鳥も満腹か、柿がいっぱい


  田子島町への上りの道、融雪の水が勢いよく


 玉泉湖はひっそりと


   氷室小屋


  ガスでかすむ玉泉湖


足湯


  夢二も歩いた


  ここにも足湯


 江戸村館長の説明


   松下家


  山川家


 
   茅葺き家と大根


歩いたコース
19:13 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)