オンラインユーザー18人
ログインユーザー0人
訪問者数2326737








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2016/03/28

ショウガ山例会報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

2016年3月例会報告                        ランク B健

            ショウガ山 1623.5m       (石川県白山市)

2016年3月21日(月・振替休日) 曇りのち晴れ

参加人数 8名  


コースタイム
集合場所5:50-深瀬大橋ゲート前6:25~40-小嵐トンネル出口取付点7:05-小嵐山8:50-1570m稜線11:30-ショウガ山山頂11:55~12:50
-小嵐トンネル出口取付点15:30-深瀬大橋ゲート前16:05-集合場所16:50


[概要]
残雪期にしか登ることができないショウガ山に登ってきた。小嵐山までは杣道があるも手入れはされていない。また残雪も無くほぼ藪状態であった。
小嵐山より残雪が現れるも緩んだ雪でツボ足では歩きにくいのでカンジキをつけた。標高を上げるに連れて雪も締まってきた。また昨夜来の
降雪・霧雨が霧氷(俗称:エビのしっぽ)となって周囲の木々を華やかに飾っていた。
登山開始時は曇っていた天気も1570m稜線への最後の急登に取りつく頃には青空に変わり、霧氷に飾られた木々を輝やかせていた。
急登を登り詰めると目の前に雪をたっぷりと抱いた七倉山・大汝峰・御前峰をはじめとした白山の峰々が突如として出現した。
稜線上からショウガ山山頂までは360度の眺望を堪能しながらの歩行であった。


GPS軌跡(注.トンネル付近での軌跡は正確でありません)



標高軌跡(標高差1200m,平面距離13.5km)


深瀬大橋(春の融雪に備えてなのか手取湖の水位が下げられています)



小嵐山隧道出口のガレ場から登り始める



藪に近くなった尾根道を登る



残雪でほぼ覆われるようになってくる



熊の足跡



びっしりと霧氷が張り付いて垂れ下がる枝



桜より先に霧氷の花が咲きました



最後の急登斜面



白山眺望



ショウガ山山頂(右) 奥の山は笈ヶ岳と大笠山


以上


23:28 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 石川県の山(雪山わかん)