オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
訪問者数4281944












































 

2022/06/19

根子岳・四阿山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

根子岳2207四阿山2354

― 満開のレンゲツツジを見に行く ―

 

実施日 2022618()

参加者 4

コースタイム

集合4:00→金沢森本IC→須坂長野東IC→菅平牧場Ⓟ7:207:45…根子岳9:209:30…鞍部10:00…分岐10:4511:35(昼食)…四阿山12:00…分岐12:15…菅平牧場Ⓟ14:0014:30→関谷温泉(入浴)→須坂長野東IC16:00→金沢森本IC→集合場所19:10

 

 信州上田・菅平牧場のレンゲツツジが満開との情報に引き寄せられて見に行ってきた。

「菅平牧場つつじ祭り」ののぼり旗が並ぶ駐車場から三三五五、登山者が山を目指して行く。私たちも牧場から根子岳に登り、一旦鞍部に降りて四阿山に登り返し、牧場へ戻る毎度おなじみの周回コースをたどった。山裾は濃いオレンジ色のレンゲツツジの花が今まさに最盛期だ。牧場のホルスタインは毒のあるレンゲツツジを口にしないとかで、花は保たれ、周辺は牛と花と緑が織りなす色彩のコントラストが楽しめた。

 白樺林を抜けてなだらかな登山道を行くと根子岳山頂に着く。石の祠が強い風にさらされていた。奇岩の「鬼遊びの庭」を通過して早々に草原状の鞍部まで下りた。ここから振り返る根子岳は絵になる風景である。今度は樹林の急登を300メートル登り返す。土がえぐれ、宙に浮く木の根が待ち受ける難儀な道だが、ここを登りに取って正解だった。逆回りだと倍疲れそうだ。分岐に出たところに多くの登山者が憩っていた。私たちも腰を下ろし、ゆっくり食事をしてから四阿山まで足を伸ばした。視界はいまひとつだったが、山頂にも若い人が大勢休んでいて、百名山でもあるこの山の人気の程がうかがえた。

 下山路は深い白樺林の中を通る。レンゲツツジが新緑に映えてことのほか美しい。菅平牧場の南側の柵に合流すると、朝とは別のグループの牛たちがのんびり草を食んでいた。飽きもせず4回目の登頂を果たした筆者はだんだんこの山の良さが分ってきた。牧場売店で食べるソフトクリームの濃厚なおいしさは今回もまた格別であった。









先ずは牛に挨拶して・・・


菅平牧場といえばレンゲツツジ


牛と花とのコントラストがきれいだ (中腹の東屋から)


鬼遊びの庭より見下ろす鞍部と目指す四阿山


鞍部より見上げる根子岳がいい感じだ


樹林の急登を登り返す


四阿山山頂は群馬県嬬恋村にある。フォークの聖地の「つま恋」は静岡県掛川市のリゾートで同音異義語だった

シラカバ林の中に今年も咲いたレンゲツツジ                                          FIN
10:59 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)