オンラインユーザー23人
ログインユーザー0人
訪問者数2301058






 
例会山行報告 >> 記事詳細

2008/05/05

吉次山 800m A健 

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
吉次山 800m 例会報告
2008年5月5日(月)・晴れ/曇(下山後雨)・参加11名

[コースタイム] 集合城北P7:20→少年の森8:20〜30

img271.jpg

朝の集合場所へ14:50頃
 

駒帰り少年の森よりしばらくで車をとめて準備をする。
しばらくは林道を歩き登山口標識より登る。

 ssRIMG0168.JPG ssRIMG0173001.JPG 
 
30分に一度休憩を入れのんびり カタクリはもう時期が過ぎてしまい見当たらない。なんとなく寂しいがタムシバの白さが目にまぶしい。
 登山道は時々見間違いしそうになりながら、サブリーダーに確認しながらの登りとなる。 ブナの新緑とミツバツツジの組み合わせ そして 春の風がさわやかで気持ちは最高である。

 sRIMG0197.JPG ssRIMG0188.JPG  ssRIMG0192001.JPG

 分岐を過ぎると 右側の木々の陰から残雪の山々が見える。
左には町の向こうに海も見える。 そしてしばらくで頂上でした。 頂上で温かいソウメンをいただく。温かさがお腹に収まると元気が湧き上がるようである。11:00から11:50


 ssRIMG0191.JPG ssRIMG0198.JPG ssRIMG0202.JPG
 分岐で右に入りブナのトンネルのような道を下る。一箇所急な下りがあり慎重に注意しての下り 新緑はなんとも気持ちよいものである。展望がよくなると林道に出た。
 林道をしばらく下り左の標識に注意する。この林道でうどを見つけた。ラッキーであった。
img259.jpgimg260.jpg

標識の方へ入るとしばらくで2本に分かれていた。右へ下ったら鉄塔へ出てしまった。登り返して左の道へ下る。しばらくはルンルン下り 2本目の鉄塔へ出たら赤い印のある標柱の方の左へ入ると一番の難所 急下りが待っていた。注意してのんびりゆっくり急がずに下ると道は藪の中に消えかかっていてサブリーダーと確認しながら下った。と川に出た。川の水量は少なかった。川の近くで休憩をする。足元のツボスミレが可愛い13:30

 
 ssRIMG0203.JPG ssRIMG0207.JPG 
ここからは川沿いに登りしばらくで登山口に出た
00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)