オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人
訪問者数2351780








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2008/07/09

7月例会 瀬戸蔵山 極楽坂山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
7月例会 瀬戸蔵山1320m 極楽坂山
2008年7月6日(日) 晴れ 参加者18名
目的:美しい滑と滝と稜線歩き

[行動時間]
 城北P  6:30 ⇒ ゴンドラ山麓駅 8:00 → 龍神の滝 9:20 → 瀬戸蔵山頂 11:20〜12:00昼食 → 山頂駅12:40 → ゴンドラ山麓駅 14:50 温泉に寄る ⇒ 城北P 17:00

 梅雨の蒸し暑い日の例会となった。天気はまずまずだが昨夜、暑くて寝れない人もいたようだ。そんな状況の例会日となった。今日のコースの瀬戸蔵山は、大品、鍬崎の通過ルートとして以前何度か通った道だ。そんなに気にも掛けずに通った所だが、ゴンドラを乗り継いで楽々通った地点だと今日改めて思った。その時はゴンドラに乗りひたすら鍬崎をめざし、帰りのゴンドラの時間を気にしていたので、通過地点の瀬戸蔵など眼中になかった。


1hyakuname.jpg 2ryuujintaki001.jpg
(左から)百間滑 − 龍神ノ滝

 今回はゴンドラ山麓駅から歩くことでいかにこの山の頂上を踏むことが大変か改めて思い知らされた。百間滑は素敵な所です。新緑や紅葉の頃は最高だと思います。それから龍神ノ滝、なかなかここまで来れない、その分、ひっそりとしたまわりの景色の中、落ちる滝には心が落ち着きます。しかし、ここまでもそうですが、ここから先もひたすら登りの道が続きます。蒸し暑く、風もなく、ひたすら登る。

3kyuutou.jpg 4sanchoeki.jpg
(左から)ひたすら急登 − 山頂駅

 どの人も汗びっしょり。そして急登、休憩のたび水を飲まないと熱中症の危険がある状況です。事実、この日、各地のマラソン大会で倒れた人が多くいたとか。まっすぐな道がこれでもかというくらい急な登りになっています。まだかまだかと思っているうち、やったあ、頂上に。小さい子を連れた夫婦が食事をしていました。ゴンドラ駅から来たとのこと。ここから尾根伝いを歩いて山頂駅に。あたりはひっそりとしていて、ユリも植えられていた。
 ここから林道を歩いて下に、いつもの事ながらスキー場の斜面は歩きにくい。難儀してやっと下に。ひたすら汗をかきました。車を置いた所は、スキー場の大駐車場、しかし、日曜日の今日も車は少なく、よけい広々とゆったりさが目立ちました。すぐ近くの大きな温泉にて、熱いお湯でさっぱりしました。

5machigae.jpg 6tyuusya.jpg
(左から)この先でコースを間違える − 駐車場

 今回のコースは滝と滑もあり登りもしっかりしている、ゴンドラを使えば大品山も含めていくつかのコース設定が出来る、新緑や紅葉のシーズンは見頃ということで、また来たい山です。しかし、途中ルートを間違えたてしまい、手軽なコースと思ってもあなどれません。自分も含めて各人が地図を持ち、しっかり見て歩くことはいつも原則だと思いました。

00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)