オンラインユーザー33人
ログインユーザー0人
COUNTER2219886





 
例会山行報告 >> 記事詳細

2011/02/12

例会山行 富士写ヶ岳 941m 2月11日(金・祝)

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員


参加者     10名

コースタイム    集合場所7:30 ~ 我谷ダム登山口 8:30~    鉄塔  ~  頂上  11:30~12:10
我谷ダム登山口 14:30 ~ 山中総湯・集合場所15:30

感想と記録
 最低気温-3度の予報の中、集合場所へ。車2台に分乗し我谷ダム登山口をめざす。向かうにつれ積雪が極端に多くなる。そして車が走る正面に真っ白な姿の富士写ヶ岳が姿を見せ始めた。登山口へ渡る吊り橋にも雪が積もっている。ワカンをつけずにいきなりの急登を登る、めざすは鉄塔。気温は低いが天気はよい、下のダム湖がだんだん遙か下になる。ずぼり始め、ワカン装着、尾根にでると風も強い。そして新雪が深く今朝までにかなり降ったようだ。福井方面の町並みも見え始め、上を見ると富士写ヶ岳のピークも見え出す。寒くて木々の樹氷が美しい。最後の登りを先頭交代で登り切って頂上へ。雪面だけで標識も何もみんな雪の下。にぶい白で白山が、手前の鮮明な白は大日、晴れてよく見渡せる。少しの斜面を選び雪のベンチを作って昼食。下山は同じ道を引き返す。個人的だが今回初めてストックを使用した。今まで雪山でも忘れたりして山行では使ってなかったが、うまく使うと安定しリズムよく歩けることが分かった。一定年齢の人には必要かもしれない。快適に下りるが汗もかく、やはり最後の吊り橋に降りる所が苦労した。また個人的なことになるが、吊り橋の雪の上、ワカンで渡ったが、ここは脱いで歩くべき、反省です。帰り山中温泉の総湯に入る、お湯の熱いこと、疲れも吹き飛ぶ、風も冷たい日だったが天気も味方し、快適なワカン山行となった。






09:48 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)