オンラインユーザー18人
ログインユーザー0人
訪問者数2301014






 
例会山行報告 >> 記事詳細

2010/11/01

三方岩岳 野谷荘司 もうせん平

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
 
 
 
 
例会山行 三方岩岳 野谷荘司 もうせん平 2010年10月31日

参加者 14名

コースタイム
   集合場所7:00、中宮料金所8:00、三方岩P8:30、三方岩岳9:10、野谷荘司山10:45、もうせん平11:30~12
:30、野谷荘司山13:30、三方岩岳15:00、三方岩P15:30      
 
感想と記録
 何人もの人が中止の連絡を待っていたことが車の中での話しから分かった。予報は台風の後のぐずついた天気、紅葉と白山展望の目的はちょっと厳しい空模様かも。料金所からの周りの紅葉が盛りである。車も少なく、何度も下りて見とれる。日が差せばもっときれいだが、そりでも満足なきれいさだ。今月家族で来た時はまだこれからだったのでここで帰っても十分との声も。大滝を過ぎた上の道に猿が複数座っていて車が来ても逃げない、親子の猿もいて端正な顔をしている。早く来た御利益ということになる。
 初めは遠くの山も少しは見えていたが、だんだんガスの中となり、下に見える白川の町も白山もなく、手元の道を歩くのみとなる。前回来たのは大分前だが、道は歩きにくくはないがこんなに荒れていると思わなかったし、アップダウンも今日はしんどく感じた。鶴平新道との合流点も過ぎ、野谷荘司へ、ここから3.5キロで妙法山である。この山は料金所を過ぎた辺りから、でんと正面に三角錐の形で見える。そしてほどなくしてもうせん平へ、このコース誰にも会わない独占の歩きになった。
 昼食で座るとほどなくして冷えてくる。風はないのだが汗からの寒さのようだ。早めに切り上げ下山を始める。時々白山も顔をのぞかせるがほとんどガスの中、三方岩Pに着く頃降り出した。ガスの中だったが静かな歩きが出来てみんなうれしそうだった。


04:04 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)