オンラインユーザー29人
ログインユーザー0人
訪問者数2326703








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2009/12/13

例会 内灘散策   12月13日

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

参加者      14名
コースタイム      内灘駅9:00、道の駅10:30、展望台11:10、内灘駅手前12:40 

感想と記録
 予報は曇り、でも薄日も差し穏やかな日となる。海辺なので風が冷たく、展望台に上がると冷えてくる。歩きながら途中でコーヒータイムがあったが、冷えた体には本当においしかった。おいしいお菓子もあり、リーダーのお世話にうれしくなる。 スタートは内灘駅から海に進み、能登有料の取り付け道路のすぐ手前に鉄板道路という標識がある、この遊歩道から歩き始めた。その鉄板道路はもう少し粟崎よりとか。朝鮮戦争の勃発時、アメリカがこの地を接収し戦車や弾丸を積んだトラックを通すために穴の開いた鉄板を敷き詰めたのがこの名前の由来とか。内灘闘争の当時を覚えている人もいると思います。この遊歩道、長く続いていて、よく散歩の人が通ります。すぐ横は住宅が並んで建っています。しばらく行くと中国風の庭園が、池も壁も異国の感じです、内灘と姉妹都市の関係のようです。広々とした地面に施設や公園も多く、内灘は金沢と違う趣です。
 いつの間にか医科大学の後ろに来ていました。大学の敷地も建物も広くて大きいと思いました。大きな施設です。道の駅から大橋を渡り、内灘中央公園へ、グランドゴルフを熱心にしていました。
 横には風車があり発電量の電光表示を見ると、十分な電力量のように見えました。何軒かの家の電気をまかなえそうです。
 展望台へ、天気がよければ槍も見えるのに、サイクリング場では練習の人がいました。帰り道Aさんの畑へ寄りました。ここは風もおさまり静かな所、天気のよい日は気持ちよい所に違いありません。10?の散策は昼過ぎ終わりました。この季節こうした歩きは楽しくなります。内灘はまた来たい所です。

 能登有料がカーブする所    中国風    風車
 自転車コース


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)