オンラインユーザー24人
ログインユーザー0人
訪問者数2282831








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2009/09/13

例会山行 御嶽山 9月12日〜13日

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員




参加者  8名
コースタイム
    ロープウェイ乗車8:50、頂上12:10、ロープウェイ降口15:30、金沢着19:45

感想と記録
 12日は予報も当日も雨だった。こうした場合のリーダーの判断は難しい。中止にするか、コースを変更するか、日程を変更するか。加えてバスの予約もしてあったので土壇場でのキャンセルも難しい、変更して市内観光にするか、でもこの12日はバスの都合もありすぐ帰ることになっていたようです。とにかく6時半出発、そのバスの中でリーダーの提案をみんなが了承してこの日は登山はせず民宿に泊まるということにしました。山の上では停滞ということになります。それで濁河に向かわずロープウェイの方に向かいました。乗り場で状況を聞き、今夜の泊まりを探します。鹿ノ瀬温泉から少し戻った所の民宿に泊まることになりました。マイクロバスはすぐ帰ったので長野市営バスでこの民宿に、800円がかかったのですが貸し切りでなかなか素敵なひとときでした。民宿の風呂に入りほっとする時間がもてました。夕食、朝食も地物の山菜などて満足し13日の朝を迎えます。早朝、この近くを散歩して、何か素朴な御嶽の麓の暮らしを感じました。木曽のなあと唄われているあの雰囲気です。民宿のバスでロープウェイの登り口まで送ってもらい、その終点から登山開始です。天気は晴れました。昨日この登り口でバスが到着して、その団体にどこまでと聞くと予約もあり二の池まで行き泊まるとのことでした。その団体に登る途中で会い、聞くと、お宅の方が正解とのこと、昨日は民宿に泊まってよかったと思いました。信仰の山、いたるところに鳥居や仏像が鎮座しています。しかも大きくここに設置するのも苦労がいったことにちがいありません。登るにつれて風が強く、体が冷えます。手袋をしていないと我慢出来ないほどの寒さです。高度も高いので歩きにくい道を登ります。ガスがかかって見えなくなりますが、またそれが消えて素敵な世界が広がるということの連続ですが、基本的に天気はよいということでしょう。下界の町もすっきり見えます。頂上近くで食事にしましたが、しばらく座っていると冷えてきます。そばの小屋の入り口に温度計が下がっていました。六度です。でも風が強いのでもっと寒いことになります。天気はよいのですが早々に下山、二の池に寄りました。神秘的な色で風が強いためもあり、ザブンと波の音を立てていました。この後はひたすら下山。コース変更にはなりましたが、この判断はよかったと思うし、民宿の一晩もゆっくり出来てよかったです。

 9合目への登り
 頂上を目指す
二の池
 下山 


00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)