オンラインユーザー14人
ログインユーザー0人
訪問者数2328910








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2008/10/20

10月例会 米山 993m

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
10月例会 米山 993m
2008年10月19日(日) 曇 参加者9名 ランク:A健
静かなのんびり歩き


[コースタイム]
城北P 6:10  → 登山口 8:55  → 頂上11:45〜13:00  → 登山口13:15  → 城北P18:00
         
感想と記録
   米山さんから月が出た、と唄われている山、上越から妙高の方や柏崎の方へ向かうとき形よく見える山、一度は登ってみたい山が今日の例会で実現した。柿崎インターから大平集落へ。以前はしっかりした集落だったことを伺わせる家が並んでいるが数軒の住まいをのぞいて廃虚が目につく。でもその分、静かな落ち着いた雰囲気が漂っていた。ここに車を置き、登山口まであるく、登山口の狭いスペースには車がもう何台もしっかり止まっていた。
 登り始めから階段が多くひたすらの登りが続く。頂上までは標高差700メートルあまり。階段の道は足場がしっかりしているので人によるが登りやすいとも言える。高度を稼ぐににつれて日本海が見えだした。天気はよいのだが今日は春霞のようにかすんでいる。登るにつれて紅葉の景色も見え出す。新潟の山は概してどこも素朴で自然の美しさがある。米山も例にもれず楽しい歩きとなる。
 尾根筋に出て、頂上手前の登りまでハイキング歩きとなるが、左手の山肌が不似合いなブロック壁となっている、この横をおそらく林道が通っているのだろうが自然の中を歩いて来た者にとっては興ざめである。それがはるか前に見えていたのが歩く後ろにまでなった。そして最後の登りを終えると遙か下から見えていた立派な建物と社がある。頂上である。ここは独立峰、360度の展望が素晴らしい。かすんではいるがよく見ると佐渡が見えたようだ。心地よい風、リーダーが準備してくれたフカヒレスープがとてもおいしい。そして心配りよろしく、佐渡おけさのカセットまで準備してくれた。それを聞きながら海を望みながらの昼食。10月中旬としては暑い天気、食後の昼寝の時間もあり気持ちのよい時間を過す。
 横にいた男のグループが何でこんな山へ金沢からとびっくりの様子、ここへ来るならもっと登ったらよい山は弥彦山と薦められ、次回機会があれば登りたいと思った。大きな小屋は板張りの床にテーブルもあり、この手の山としてはしっかりした建物、そして社でお参りをして下山する。のんびりした歩きと楽しい1日の山歩きとなった。下見もして準備したリーダー、御世話ありがとうございました。

DSCF4121002.jpg

DSCF4127001.jpg

DSCF4129001.jpg

DSCF4135001.jpg

DSCF4148001.jpg
00:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)