オンラインユーザー3人
ログインユーザー0人
COUNTER2219815





 
例会山行報告 >> 記事詳細

2013/06/19

取立山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

2013年6月2日 取立山1307m (勝山市)   ~~水芭蕉と白山展望~~ ランクA健

《行動記録》
 コースタイム
7:30 ひめ神社------8:40登山口駐車場------9:00大滝------10:00こつぶり山
11:10~12:00取立山頂上-----13:00駐車場着ー白峰総湯

 登山口駐車場直前で500円の駐車料を払う。変化を求めて、ガイドブック「福井県の山」に紹介された登山口ー大滝ーこつぶり山ー取立山ー登山口の周回コースをとった。大滝のコースは、2週間前の下見の時には通行不可だったが、この時点では通行可になっていた。大滝は予想以上に見事な滝だった。滝を巻くようにして急登したが、ここがコース中唯一の難所。慣れていれば何の事ないが、初心者は要注意。さらに急坂を登りきると尾根に出た。緩やかで歩きやすく、右手に取立山を見る明るいコースとなる。こつぶり山に到着、残念ながら白山の展望はいま一つだが、時たま雲の切れ間から雪をまとった姿を見せる。こつぶり山から少し下ると、水芭蕉の群生地だ。群生地は一周できる道がある。水芭蕉にはちょうど良い時期だったように思う。2週間前の雪はほぼ消えていた。 

 取立山の頂上で、穏やかな天気のなか昼食。やはり展望はいま一つだが、のんびりとできたと思う。頂上から駐車場までは1時間、そのまま下って行った。今回のコースは、大滝の巻き道が岩場の急登で緊張するが、その登りを注意すれば、行程が短く、累積標高差520m程度なのでAクラスでも快適に登山できると思う。ただ、東山いこいの森から登山口駐車場まで道幅が狭く、離合には注意が必要である。
 帰りは白峰総湯で快適な一風呂。日曜日というのにさほど混んでなかった。新築後初めて行ったが、セッケン、シャンプーが備えられていた。(以前はなかったと思う)


歩き始めの杉林

見事な大滝

大滝を巻いて岩場を登る.唯一の難所

こつぶり山へもう一息,明るい尾根道

こつぶり山頂上,わずかに白山が見える

水芭蕉,ちょうどよい時期だったか.

取立山へ最後の登り



08:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 福井県の山(夏)