オンラインユーザー31人
ログインユーザー0人
訪問者数2301090






 
例会山行報告 >> 記事詳細

2012/07/30

唐松岳(2696m)例会山行

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
7月29日(日)晴れ&霧 長野県白馬村
唐松岳(2696m)

<コースタイム>
往路:集合場所 5:05→八方池山荘 8:20→八方池 9:13~9:15 →丸山ケルン 10:40
→唐松岳山頂荘 11:20
→唐松岳山頂 11:45~11:55
復路:唐松岳山頂 11:55→唐松岳山頂荘 12:20~13:00 →丸山ケルン13:40
→八方池14:45→八方池山荘15:30→八方温泉「みみずくの湯」16:25~17:05→集合場所19:50

<参加者数>
9名

日本気象協会が提供している、白馬岳の天気予報は雨と雷雨。
集合場所で、参加者による行くべきか中止するかの会議が始まる。
せっかく集まったのだからということで、決行することになり白馬に向けて出発した。

猛暑のこの時期に、快適に登れる山は限られる。
リフト降り場の標高1825mから登れる唐松岳は有り難い存在である。
途中の雪渓付近の涼しい風が心地よい。
しかし・・・・この標高でこの気温であるということは、下界は猛烈な暑さであるに違いない。
涼を求めてか、すごい登山客の数であった。登りも下りも蟻の行列状態で交差することが難しかった。

唐松岳山頂小屋から、希望者だけで山頂に向かった。
途中、コマクサの群生を見ることが出来、さすがに高山植物の女王様の美しさで咲き誇っていた。

心配された天候も、雨や雷雨に遭遇することなく、霧の晴れ間から「天狗の大下り」「不帰キレット」の険しい山肌が現れた。

唐松岳までは、特に危険な箇所もなく、無事にほぼ計画書どおりのタイムスケジュールで下山することが出来た。

帰りに、リフト券を売っているお姉さんに、温泉の割引について尋ねてみると、リフト券売り場で入浴券を300円で販売していた。
500円が300円になると言う事は、4割引にもなり有り難かった。

その入浴券を使って「みみずくの湯」に入浴。
疲れた身体に、つるつるとしたお湯が心地よかった。










※会員向けのページに大きな写真を掲載してあります


07:33 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 長野県の山(春夏秋冬)