オンラインユーザー18人
ログインユーザー0人
訪問者数3910177































































 
例会山行報告 >> 記事詳細

2021/04/22

宝達山例会報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

宝達山例会山行報告                  

宝達山(標高634m

こぶしの路の春を訪ねて


■実施日  2021420日(火)晴れ

■参加人数  18

■活動時間  5時間21

■活動距離  10.42

■累積標高(登り/下り) 669 m/ 587 m

 


コースタイム
集合・出発730こぶしの路登山口駐車場800・登山開始820ベンチ設置箇所930940(小休憩)-宝達山山頂1025-ブナ林遊歩道10261040(周回)-雄池11101210(昼食・カフェタイム)-こぶしの路登山口駐車場着1340-現地解散1350
※番外編:道の駅 のと千里浜14101432


 

地図と軌跡

 

 

 

能登半島最高峰、おなじみの宝達山。

晴天に恵まれた春の良き日、18名で楽しんできました。

 

~こぶしの路の春を訪ねて~ 

ただただ、若葉がまぶしく、時折そよぐ風に喜んでいるような、揺れ輝く様子が何とも愛しく感動の連続でした。

「山笑う」という表現がありますが、まさに笑っているような...

 

ウグイスの鳴き声、心地良い風、明るいグリーン色のグラデーション、木々の間から見えた青い海、今が見頃の花達を愛で、緩やかなこぶしの路を歩く幸せ。所々に樹木や花・植物名と詳しい解説が記された標識も嬉しい。

急遽追加になった新緑のブナ林遊歩道周回(行きたかった所!)も素晴らしく、明るい雄池のほとりでまったり昼食、CL・SLから思い出にと心遣いのカフェタイム!心もお腹もたいへん満たされました。

 

心尽くしの例会をお世話して頂いたCL・SL、参加の皆様、和気あいあいで本当に楽しい一日をありがとうございました。

 

 
集合場所から北の方角に見えた宝達山。電波塔や鉄塔も見える。

 

 

 

「こぶしの路」登山口。

 

 

 

鉄塔を過ぎ、ベンチ設置箇所で小休憩。

 

 

 

若葉萌ゆる、心地良い季節。

 

 
透過光できれいな若葉。




真っすぐ続く気持ちの良い杉林。


  

こぶしの花は終盤でしたが、何とかきれいに咲いている花をみることが出来ました。



登り詰めると車道に出た。再び山頂に続く登山路に踏み入ります。右手奥は「山の龍宮城」。

 
山頂の手速比咩神社 上社.。参道のブナの大木が素晴らしい。

 


 

霞んでいて残念ながら北アルプスの遠望はなかったです。空気の澄んだ冬場などは絶好の北アルプス展望台となります。


 

急遽、ブナ林遊歩道へ(嬉しい!) 10分程度で周回出来ます。

 

 

 

まさに新緑見頃のブナ林!

 

見上げると圧巻!グリーンシャワーを浴びているよう。

 

 

 

「山の龍宮城」は地盤の一部に滑落が見つかり閉鎖中。展望台にも登れません。顔出しパネルで遊ぶメンバー笑♪

 


 

爽やかな海の景色を撮影するメンバー。

 

 

雄池。快適な昼食場所を探して移動します。

 

 

 

広い池のほとりに(密にならないように)並んで昼食です。長居したくなるような心地良い場所で昼寝するSさん。池周辺は落葉樹が多く紅葉もきれいそうです。ん?右下の写真に何やら大きなやかんが...

 

 

 

なんと!CLのEさんが大きなやかんとガスコンロ、カフェ用の水4Lまで担ぎ上げてくれていました!参加者に負担を掛けずに思い出作りをしようとする男気に乾杯!そして参加者全員のドリップコーヒーも淹れてくれました(写真下段)SLFさんも美味しいお茶菓子を準備して下さり(写真上段)心遣いに感謝です。淹れたての美味しいコーヒーに合うお茶菓子♪最高のカフェタイムでした!

 

 

 

満足満足で下山開始。群生のスミレサイシンが見送ってくれました。一旦、車道へ出てからエスケープルートを通り、登って来たこぶしの路を降りました。

 

 

~こぶしの路・雄池を巡る遊歩道で出会った樹木・花~

「樹皮がウリの皮に似ている」覚えやすいウリハダカエデ







 

 

~番外編:道の駅 のと千里浜にて~

 

 

登山後、道の駅 のと千里浜で皆さんと食べた人気のマルガージェラートも思い出になりました。

ありがとうございました!


02:48 | 投票する | 投票数(11) | コメント(0)