オンラインユーザー14人
ログインユーザー0人
訪問者数3547946
































 

2020/11/18

釈迦ケ岳個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
釈迦ケ岳(1092m)個人山行報告

2020年11月17日(火)快晴


【山行概要】



【コースタイム】


釈迦ケ岳はその山容から名付けられたらしいです
そう言われれば見えないこともありません。
しかし、例えば高妻山のように仏教的な名前などは全くありません。
猫岳とかハト峰峠とか仏教とは直接関係なさそうな峠やピークの名前が付けられています。


駐車場のおじさんに500円払って、出発です
駐車場にはトイレがありました


庵座の滝です。この横を直登していきます。


二段の滝(三段の滝と言われる方もいます)です


鈴鹿山脈のジャンダルム(私が勝手に名付けました)が見えてきました。


写真では斜度が低そうですが、30度以上の壁を登ります。


医王山のトンビ岩と感じが似ていました


山頂です。ここで昼食にしました。この季節にしては異常に暑くて、Tシャツ一枚で過ごせました。


下山は、登りとは全く違ったなだらかな尾根歩きになりました。


鈴鹿山脈特有の風景です


それにしても、気持ちの良いハイキングコースでした


最後のピーク羽鳥峰です


ナスカの地上絵でしょうか


ハトの筈なのに、アヒルと書いてあります。
2020.11.17と本日の日付が描かれています。
毎日更新するのでしょうか。世界最大のミステリー!かな?


林道まで降りてきました


駐車場までの林道は紅葉の真っ盛りでした。


帰りに立ち寄った永源寺です


肉眼でみると溜息が出そうなくらい美しかったです。


本当に真っ赤な紅葉でした。平日の夕方なのに多くの観光客で賑わっていました。


釈迦ケ岳は鈴鹿セブンマウンテンのひとつです。
特にヒルのいない11月はベストシーズンです。
鈴鹿の山々は、それぞれが特色を持っている素敵な山域です。
釈迦ケ岳の特色は、岩登りから尾根歩き、森林の中、渡渉などあらゆる種類の登山道を一度に歩けることです。
いうなれば「釈迦ケ岳は登山道のデパート」みたいな山でした。
是非登ってください。お勧めの山です。
12:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)