オンラインユーザー9人
ログインユーザー1人
訪問者数3181590












 

2020/02/12

個人山行 千石城山

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

個人山行 千石城山
千 石 城 山
 (757m) 
富山県上市町

2020年2月11日(火)祝日  晴れ
参加人数   7名


【山行概要】
 お手軽に剱岳をまじかで見て、山頂でゆったり食事を取り、下山後は温泉に
入って帰るにはこの山だろうと。

 実施日が天候不順で何日も延期になっており、昨夜は荒れていましたが
本日は午後からは晴れということでせっかくの祝日でもあり実行いたしました。

 昨夜の雪でふるさと剱親自然公園近くになると雪が多いですが、除雪が
綺麗にしてあり大変助かりました。カーブや登り坂では一部凍結もありまし
たが、私たちは4駆車で何の問題もありませんでした。

 今回はハウスのある駐車場までは雪が深くて上がれなく、一番下の
駐車場からの歩き出しになりました。

山頂まで全ツボ足で行け、これも先の1~2名の方のトレースのおかげで
あります。ありがとうございます。

 山頂に到着時は他の方1名いらっしゃいました、雪が深いのでまずは食事
場所の設営からです。ベテランのRさんはわかっているのか、雪で覆われて
いるコンモリした個所の雪をどかし始めました。私らも手伝いしどかして行くと
木製のテーブルが現れました。ちょうど感じの良い6~7名用です。
 手分けして担いできた鍋や食材を出し合い、二つのガスバーナーで煮炊き
が始まりました。「船頭多くして船山に上る」のことわざを思い出しましたが、
これがまた和気藹々と楽しいものです。
 具たくさんのうどん鍋、蕎麦鍋、特に油揚げとネギとのバランスの良さ、
それからRさん自家製お餅を網にのせ焼いたお餅のぜんざい、すべて美味
しくいただき、準備していただきましたRさんに感謝です。
 食後にはRカフェのコーヒーと共に、Yさんからは抹茶のお菓子などが振舞
われ、コーヒーの香り、さっぱりした味に、食感・味が上品で、すべてが感動
もので、雪のある山頂にいることも忘れて、気が付けば1時間30分が経過
してました。お昼時間でもあり山頂には最多で30名程が食事なり楽しんで
おられました。
 登りの際ルートをはずすと「ごぼって」ましたので、下山は全員ワカンを装着
しました、しかし登ってきたルートは結構踏み固められツボ足でも問題ござい
ませんでした。

 

【コースタイム

集合P7:30→ふるさと剱親公園9:00→登山口9:20→千石城山々頂(昼食)11:2013:05登山口14:00→ふるさと剱親公園14:10→入浴→集合P16:30(解散)

 

 

平面距離  6.3km
沿面距離  6.5km
記録時間  04:47:24
最低高度  306m
最高高度  754m
累計高度(+) 654m
累計高度(-) 653m
平均速度  1.4km/h
最高速度  28km/h
消費カロリー 1225kcal
座標精度  ★★★★☆




ふるさと剱親自然公園から登山口に向けて


千石城山 登山口


千石城山々頂に着きました  早月川から剱岳


山頂にて、剱岳に雲が寄ってきました


剱岳 中央の白い尾根は早月尾根


雲が寄ってきた しかし剱岳に雲はかからなかった


蕎麦鍋にうどん鍋、さらにお餅を焼く





皆さんで料理を


下山にかかります


ふるさと剱親自然公園に着く 駐車場は雪でいっぱい


ふるさと剱親自然公園から駐車場まで5分ほど下る

22:32 | 投票する | 投票数(2) | コメント(1)
コメント
会員2020/02/13 22:08:37
参加者Yです。城山ブルー素晴らしかったです。あの様な藍色が存在する事が奇跡でした。この先一生忘れません。