オンラインユーザー40人
ログインユーザー2人
訪問者数2834767

































 

2019/03/06

小遠見山個人山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
小遠見山(2007m)個人山行報告

2019年3月5日(火) 快晴

参加人数 4名

コースタイム

集合5:00-アルプス平駅8:38-登山口9:00-小遠見山11:01(昼食)11:57-登山口12:57-アルプス平駅13:14-(入浴)-解散17:00

【山行概要】
五竜岳に至る小遠見山にアルプス平駅から往復しました


【山行データ】
20190305小遠見山GPS軌跡.gdb



1月に強風のため途中で引き返した小遠見山に再度チャレンジしました。
移動性高気圧に覆われて絶好の登山日和の予報です。
リフト降り場の奥に、これから登る遠見尾根を見ることが出来ます。


登山口にある雪崩情報です。
1月は危険でしたが今回は注意です。


最初は私たちが先頭でラッセルをしました。
その後、テント泊の荷物を背負った若者グループが追い越してトレースを作ってくれました。
若者たちに感謝です。


白馬三山の天狗の大下りです。
右側に3つのピークがありますが、右から白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳です


力強い若者グループがどんどんと私たちを離して進んでいきました。
テント泊をして五竜岳に登るということでした。


五竜岳です。


鹿島槍ヶ岳も見えてきました


この写真の一番奥に写っている場所が、本日の目的地である小遠見山です


約2時間で、小遠見山に到着しました。


小遠見山山頂からの五竜岳です。


鹿島槍ヶ岳です


今回参加した「剱岳に恋する乙女」を自称する某会員は、このイケメンの五竜岳と鹿島槍に揺れ動く複雑な乙女心を吐露していました。


1月には寒いというより痛いほどの冷気だった北アルプスも、3月になり春の空気に覆われていました。
風もなく1時間ほどこの絶景を見ながら昼食にしました。


それにしても、たった登り2時間、下り1時間でこの絶景を堪能できる小遠見山はお勧めの山です


白馬村の向こうに見えるのは、火打、妙高方面です


危険個所は特にありませんが、狭い稜線のところもあるので、風の強い時には注意が必要だと思います


小遠見山は、1月よりも3月の春めいた頃に計画するのがベストです。
1月に計画した首謀者として、反省しています。
08:01 | 投票する | 投票数(5) | コメント(0)