オンラインユーザー50人
ログインユーザー0人
訪問者数2565732












 
例会山行報告 >> 記事詳細

2018/02/19

奥獅子吼山例会山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
奥獅子吼山(928m)例会山行報告

2018年2月18日(日) 雪

参加人数 19名 ランクB

コースタイム
集合7:30-林業試験場8:00-第一鉄塔9:53-第二鉄塔(分岐点)10:25-奥獅子吼山11:24(昼食)12:05-第二鉄塔(分岐点)12:38-第一鉄塔12:51-林業試験場13:49-解散14:10

【山行概要】
石川県白山市の奥獅子吼山に、林業試験場から往復しました


【山行データ】
20180218奥獅子吼GPS軌跡.gdb
 累計標高差 約800m
 歩行距離 8.5km
 登り時間 3時間24分
 下り時間 1時間54分


記録的な大雪に襲われた今年の冬は、ストックやピッケルをスコップに持ち替えて、除雪で汗を流しました。
今回も決して恵まれた天候ではありませんでしたが、この際贅沢は言えません。
山に登れるだけでも幸せです。
意気揚々と、登山口の林業試験場に向かいました。


林業試験場から夏道の取付き箇所は、除雪の雪の山で使えないので、どこから登るか思案しました


天気は回復するとの予報だったのですが、雪の中山頂に向かって進みました


トレースはなく19名が交代しながらラッセルしました。


束の間の休憩です。
冬山は休憩時間が長いと、瞬間冷凍のように体が冷えていきます。


山頂が見えてきました
もう一息です


幻想的な雰囲気の中を進みました


今回、3名の方がランクテストを受けて全員合格しました
リョウリョウ クークー ハルハルの皆さんです。
おめでとうございます(会員向けページに原本を入れてあります)


いつものことですが、金沢ハイキングクラブ員はワカンハイクの下りになると野生動物に変身します
冬眠している熊を起こして、勝負したいくらいです


雪が降り続いていましたが、かすかに下界をみることが出来ました


下山中に雪を踏み抜き、なかなか出られない方もいました。
冬山はやはり単独山行は危険だと思います。
19名の大きなパーティだったからこそ、安心して冬山を楽しむことが出来ました。

※集合写真を会員向けページに入れてあります
08:18 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)