オンラインユーザー19人
ログインユーザー0人
訪問者数2282811








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2016/03/29

一里野スキー場(残雪時の講習)例会報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員

一里野スキー場(残雪時の講習)例会山行報告

平成28年3月27日(日) 晴れ一時曇り

参加人数 10名 ランク A健


コースタイム

集合8:00-一里野センターハウスP9:00-アイゼン・ピッケル・滑落停止講習-センターハウス前(昼食12:30~13:20)-山頂駅14:30-センターハウス15:00~15:20-集合場所16:15

今回の講習はセイモアスキー場で予定されていましたが、雪不足のため一里野スキー場に変更になりました。しかし、ここも3月14日から営業休止になり今日で営業終了です。
スキー場には心苦しいのですが、スキー客はいなくてソリ遊びの家族連れがポツリといるだけで、講習には良い状況です。
ゲレンデは地面の出ているところもありますが、講習には十分です。
講師からピッケルやアイゼンについての説明や使い方を教わり、早速ゲレンデへ。
一番大切なのはアイゼンを引っ掛けるなどして転倒しない歩き方、背面から転んだ場合は直ぐに腹ばいの体制になりながら胸の横にピックを雪面に打ち込む事や、急傾斜でのアイゼンをつけた登下降などを教わり練習しました。急斜面の下降では腰が引けないようにとのアドバイスがありましたが、午前の練習よりも午後の練習のほうが安定した姿勢になったようで、講習の成果があったようです。
講習終了後、6月の白山や別山の例会に参加したいとの声もありました。

アイゼンを付け、ピッケルの使い方講習



中央の雪面から左のピークで午前の講習、午後はさらに画面中央よりやや左奥のゴンドラ山頂駅まで


先ずは緩やかな斜面で滑落停止の体勢


アイゼンでの歩行練習


 途中から振り返ったところ



 急斜面の登り

 午前の最高地点、中央奥は大笠山、その右僅かに見えるのは笈ヶ岳、右手前はブナオ山


雪の解けたところではフキノトウが


本日の最高地点、ゴンドラ駅手前


大笠・笈方面の展望


最大傾斜30度、登りはキツイ下りは怖い


滑落ではありません、シリセードです



 

※会員向けのページに、集合写真を入れてあります




01:36 | 投票する | 投票数(2) | コメント(0)