オンラインユーザー12人
ログインユーザー1人
訪問者数2284215








 
例会山行報告 >> 記事詳細

2015/08/24

白山南竜(会間交流、星空のステージ)&白山お池めぐり

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
白山南竜(会間交流、星空のステージ)&白山お池めぐり8/22(土)~8/23(日)
・参加者 6名
・天気 8/22(土)雨 夕方回復
     8/23(日)晴れ、PM曇

8/22(土)  

 出発725→市ノ瀬842→別当出会908936→(砂防新道)→
 中飯場
10101021
別当覗1118→甚之助避難小屋12111243
(昼食)→南竜分岐1308→南竜ケ馬場1410、   

8/23(日)  

南竜出発640→(展望歩道)→アルプス展望台747→室堂848926 
 (コーヒタイム)→御前ガ峰山頂
10101014
(お池めぐり)→
  室堂
11451233(昼食)-(砂防ルート)-甚之助避難小屋1356
  中飯場
15061515→別
当出会1554→市ノ瀬1620→解散816

9回目になる南竜ビジターセンターでのコンサート(県連所属会こだま山岳会主催)を聞きに、7名で行きました。
出演は、「A-Band with 紫乃」。ピアノ、ギター、バーカッションのアコースティックなサウンドでオリジナル曲を演奏と歌声。多くの聴衆で会場が埋まりました。
夜には「星空のステージ」のとおり、星空になっています。
南竜周辺の残雪は、例年より遅くまで残っていたとのこと。そのためか、雪融け後に咲くハクサンコザクラが、まだ咲いていました。
今日は、展望歩道経由室堂~御前峰~お池めぐりです。展望歩道は、静かで眺望良く、山歩きを満喫できるルートの一つです。お池巡りでは、自然の迫力を感じる大岩やガレキ、碧色の翠ケ池、大汝ヶ峰を背景とした五色池、万年雪に埋まった千蛇ケ池等見所多いルートです。

雨の中、ボランティアのオオバコ除去作業

雨の中スタート(別当出合い吊り橋)

南竜山荘生ビール(700-) 

「星空のステージ」 A-Band with 紫乃←中央が紫乃さん

主催こだま山岳会の皆さんと南竜賛歌を合唱

翌朝の眺望(南竜山荘前から)、浮かび上がる大長山、経ヶ岳、赤兎山(右から)

ハクサンコザクラ(南竜テント場途中)

ハクサンオオバコ(南竜周辺のみに見られるとのこと)

展望歩道を出発(晴天)暫くは湿原の木道を進む

ベニバナイチゴ(渋みがある果実)

周囲お花畑の中を進む

歩道から見た別山(南竜ガ馬場のテント場が小さく見える)

素晴らしい眺望(平瀬道と三方崩山)

アルプス展望台に到着(御嶽山、乗鞍岳は雲の中)

ハイマツの中進む(御前峰が目の前に望める)

平瀬道との分岐

白山火山活動監視用カメラが設置されていました。

振り向くと素晴らしい眺望(後方に別山)

室堂が見えてきた。他の登山者が見当たらず静か。

再建中の白山奥宮

御前峰途中の石に刻まれた地蔵(白山信仰)

最高峰から御宝庫に向かう(お池巡りスタート)

紺屋ケ池に向いガラバを下る(上部に御宝庫の岩が乗出している)

紺屋ケ池と剣ヶ峰

油ケ池

藍色の翠ゲ池(キリの晴れ間)1042年水蒸気爆発でできた(972年前)

千蛇ケ池(1000匹の蛇を綴じ込め、雪は溶け蛇が出ると上部の御宝庫が崩れる埋める伝説)

五色池と大汝峰

百姓池(リンドウとチングルマの対比が素晴らしい)

コバイケイソウがまだ咲いている

ハクサンコザクラ(この時期に珍しい)
*集合写真は会員向け掲示しています。
13:22 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)