オンラインユーザー50人
ログインユーザー0人
COUNTER2199918


 
例会山行報告 >> 記事詳細

2015/04/12

奥医王山(小原尾根ルート)例会山行報告

Tweet ThisSend to Facebook | by 会員
奥医王山(939m)小原尾根ルート例会山行報告

平成27年4月12日(日)晴れ

参加人数 24名 ランク A健

コースタイム
見上峠8:00-菱池橋8:33-小原登山口8:55-鉄塔9:41-コル10:25-奥医王山山頂11:20(昼食)12:27-コル12:56-鉄塔13:11-菱池橋14:04-見上峠14:27

【山行概要】
石川県金沢市と富山県南砺市の奥医王山に、小原登山口から小原尾根ルートを往復しました。
標高600m以上は雪が残っていましたが、凍結はしていませんでした。
ワカンもアイゼンも不要でした。



【山行データ】
20150412奥医王山GPS軌跡.gdb
 累計標高差 約800m 
 歩行距離 12Km
 登り時間 3時間20分
 下り時間 2時間
 体力度 ★★☆☆☆
 危険度 ★★☆☆☆
※歩行時間は休息を含む実測値、体力度・危険度は個人の見解です



金沢市民の台所と言えば近江町市場ですが、金沢市民の山と言えば医王山だと思います。
金沢ハイキングクラブでは、清掃登山を始め多くの医王山例会が開催されます。
そして、医王山には本当に多くの登山ルートがあります。その中で、マイナーなルートである小原尾根ルートを往復しました。

見上峠から、小原登山口までは車道歩きです。車に気をつけて歩きました。



登山口の看板です、医王山はいろいろなハイキングコースがあることが分かります



ふきのとうの群生です。北陸にも春が来たことを実感しました。



イノシシ捕獲用の檻の様です。
熊さんも冬眠からお目覚めかも知れません。
今回の山行中に何度も猟銃の発砲音が聞こえました。



小原登山口から本格的な山登りが始まります
これだけの集団で歩いていれば、熊も近づく度胸はないでしょう



ここから鞍部まで下って、登り返します。
その現実を知って、呆然と立ち尽くしている皆さんです



急登を黙々と歩く皆さんです



前山、白兀山、ダオ山などが見えてきました。
4月に入って、真っ白だった峰々の雪がドンドンと融けているのが分かります。





山頂に到着です。



山頂展望台からの白山です



山頂で、いなりうどんを作って食べました。
24人用としてうどん玉21個使用しましたが、ペロリとなくなりました。



山頂からの北アルプスです。
春霞で、ボンヤリと見えました。



山頂は意外と寒く、うどんを食べてサッサと下山を開始しました



周りでは花の名前を言っていましたが、私には、ふきのとうやゼンマイなど食べられる植物の名前しか頭に入りませんでした。
後で調べたら、「タムシバ」の様です



ゼンマイも顔を出していました



美味しい山水です。
今晩の水割り用でしょうか



今回、ハイキングクラブの例会に初参加の方や、二回目の方がいました。
多くの例会に参加して、これからも安全で楽しいハイキングを楽しんで欲しいと思いました。

※ 集合写真を会員専用ページに入れてあります

16:24 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)